リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google広告ガイド】概要からメリット、各配信方法を解説します

2019年、日本の広告費でついにテレビメディアを追い抜いたインターネット広告。そのうち運用型広告と呼ばれる広告手法の割合が全体の70%以上を占めていることはご存知でしょうか?

運用型広告でも特に存在感が大きいGoogle広告。検索連動型広告やディスプレイ広告といった配信方法やターゲティング設定も幅広く、日々進化を続ける先進的で巨大な媒体です。

本記事では、以下のように考えている方の参考になる内容をご紹介しています。

  • Google広告とは何か知りたい
  • Google広告での出稿を検討している

Google広告(Google Ads)とは?

Google Ads icon

Google広告(Google Ads)とは、Googleが提供する広告配信システムです。

時間帯・曜日・地域・デバイスといったターゲティングが可能(一部の配信を除く)なため、カスタマイズした配信が実現できます。予算があまりなかったり、あるいは地域が限定されたローカルビジネスのような条件下であっても、地域や時間帯設定などを工夫することで配信できることも魅力の一つでしょう。

備考:以前は「Google AdWords(グーグルアドワーズ)」と呼ばれていましたが、2018年7月に「Google Ads(グーグル広告)」名称変更されました。

Google広告のメリット

自由度が高い設定ができる

Google広告では様々な配信面に広告掲載ができますが、特筆すべきは設定の幅広さです。時間帯・地域といった項目ごとに配信設定ができたり、ユーザーの持つ興味関心に応じて配信の強弱をつけることができます。例えば、B2B商材だから土日の配信はオフにする、B2C向けだからスマートフォンへの配信量を増やす、といったカスタマイズができます。

数値を確認できる

クリック数や表示回数が確認できる

広告がどれだけクリックされたか(クリック数)や、何回表示されたか(表示回数)など、広告配信結果の数値を確認できます。配信結果に基づいた改善ができる点がGoogle広告をはじめとするWeb広告の強みです。例えば、特定の時間帯でのお問い合わせ数が少ない場合、その時間帯の配信をカットし、お問い合わせが多い時間帯に広告を集中させることも可能です。

タグ設定により各種お問い合わせ(コンバージョン)の効果計測ができる

コンバージョンタグと呼ばれるコードを設定することで様々な指標を計測可能です。例えば、お問い合わせや資料請求件数の計測ができます。広告経由でどのようなコンバージョンが獲得できているか、獲得するまでに費用はどの程度かかったかが分かるようになります。

また、リマーケティングタグと呼ばれるコードを設定することで、サイトを訪れたことがあるユーザーに対してのみ広告配信することも可能になります。

効果計測ができることで結果に応じた改善ができるため、費用対効果が高い広告配信を実現できます。

参考記事:リスティング広告の3つのメリットと2つの注意点
https://quartet-communications.com/info/listing/technique/71177

Google広告の注意点

設定が難しい

Google広告では自由度が高い設定ができるがゆえに、設定が難しいとも言えます。ちょっとした設定漏れが意図しない広告配信になっていた、ということになりかねません。

商材によっては競合が多い

Google広告は参入しやすいがために、指定するキーワードによっては競合が何社も存在することがあります。競合の入札価格によっては、上位掲載するために多くの費用がかかることがあります。

広告遷移先のサイトが必要

掲載した広告をクリックした後に表示するサイトを用意する必要があります。

配信内容によっては広告素材が必要

例えば動画広告では配信するための動画の用意が必要です。

Google広告の掲載場所

Google広告では大きく分けて3つの広告掲載面があります。検索結果に広告を表示する検索連動型広告・ショッピング広告、情報サイトやアプリ内に広告を表示するディスプレイ広告、YouTubeをはじめする動画サイトへ配信する動画広告など。Googleが提携するサイトにも広告掲載できるため、掲載面は多岐に渡ります。

  • 検索連動型広告: 広告文を検索結果画面に表示
  • ショッピング広告: 商品情報を検索結果に表示
  • ディスプレイ広告: 画像広告等を情報サイトやアプリに表示
  • 動画広告: 動画をYouTube再生面など動画内に表示
  • モバイルアプリ インストール広告: 検索結果、情報サイト、YouTube内などに表示

検索連動型広告の掲載例

ショッピング広告の掲載例

ディスプレイ広告の掲載例

動画広告の掲載例

アプリインストール広告の掲載例

Google広告の料金システム

Google広告の課金形態は、広告がクリックされたら課金・広告が表示されたら課金といったように、意味がある配信に対して課金される仕組みです。また他社の入札価格などに応じて課金額が決まるオークション形式となっているため、納得感のある料金形態といえます。数千円程度からでも広告掲載をはじめられるため、トライしやすい広告と言えるでしょう。

以下に代表的な課金システムをご紹介します。

  • クリック単価(CPC): 1クリックが発生するごとに課金
  • インプレッション単価(CPM): 広告表示されるごとに課金(1,000回表示で課金)
  • 動画視聴単価(CPV): 動画が視聴されるごとに課金
  • CV課金(PFC): コンバージョンが計測されるごとに課金

また、意図的に何回も広告をクリックされた場合には費用がかからないようにシステムで制御されています。

参考記事:リスティング広告は故意に何回もクリックされた場合の費用は発生しません
https://quartet-communications.com/info/listing/technique/67329

Google広告の配信方法

ここからは広告配信方法について解説します。

  • 検索連動型広告
  • ショッピング広告
  • ディスプレイ広告
  • 動画広告
  • モバイルアプリ インストール広告

検索連動型広告とは?

検索連動型広告とは、検索結果画面に広告文を表示する配信手法を指します。
狭い意味での"リスティング広告"は検索連動型広告を指しているケースも多いです。

検索連動型広告の掲載例

検索連動型広告は2つの要素で構成されています。

  • キーワード: 広告を表示したいキーワードを設定
  • 広告文: 表示させたい広告文を設定

指定したキーワードの検索結果に広告文が表示できるため、能動的に情報を探しているユーザーに広告を届けることができます。緊急性が高い商材やB2Bで検討期間が長い商材など、幅広い商材に向いています。

クリック課金(CPC)形式の料金形態となっており、上位掲載するためには他社よりも入札価格を高くする、品質を高めるなどの工夫が必要です。1クリックあたりの金額は競合状況に応じて大きく変化します。安い場合は100円未満、高いと数千円を超えることもあります。

もっとくわしく知りたい方はコチラ

ショッピング広告とは?

ショッピング広告とは、検索結果画面やショッピングタブなどに画像つきで商品情報を掲載する広告手法です。Merchant Center(マーチャントセンター)と呼ばれる管理システムに商品情報(フィード)を紐付けて、広告掲載に活用します。

ショッピング広告の掲載例

通販サイト(ECサイト)を運営していて複数の商品を持っている場合に、特におすすめしたい広告手法です。画像付きで広告掲載ができ、また広告のリンク先も商品ページとなるため、商品に興味を持ったユーザーが購買行動しやすいです。ショッピング広告では、以下のような情報を掲載できます。

  • 商品画像
  • 商品タイトル
  • 説明文
  • 価格
  • 送料

もっとくわしく知りたい方はコチラ

ディスプレイ広告とは?

 

ディスプレイ広告とは、情報サイトやアプリなどに掲載される広告を指します。

ディスプレイ広告の掲載例

画像(イメージ広告)や、画像とテキストを組み合わせた広告(レスポンシブディスプレイ広告)を配信できます。検索連動型広告に比べてクリック単価が安い傾向があり、幅広くアプローチできる上に、広告文よりも見た目にリッチな訴求ができます。多くの人に商品やサービスを知って欲しい場合や、特定の属性を持つユーザーに広告を配信したい場合に有効です。

ディスプレイ広告では様々なターゲティング手法がありますが、端的にいえば"人"に焦点を当てるか、"面"に焦点を当てるかによってターゲティング手法を選択します。

  • どのような人を狙うか
  • どのような配信面を狙うか

「どのような人を狙うか」のターゲティング例

  • リマーケティング: サイトを訪れたユーザーに広告配信
  • 地域ターゲティング: 特定地域にいるユーザーに広告配信

※地域ターゲティングはディスプレイ広告だけではなく様々な広告手法で設定可能です

「どのような配信面を狙うか」のターゲティング例

  • トピック: トピック(例:釣り 自動車保険 等)に合ったサイトに広告配信
  • プレースメント: ドメインやURLを指定して広告配信

また近年は、Google広告の自動化を活用した配信手法も増えています。条件はありますが、配信する広告さえ設定すれば、Googleが自動的にお問い合わせ獲得に向けて配信をしてくれる機能もあります。

もっとくわしく知りたい方はコチラ

動画広告とは?

動画広告とは、動画内に差し込まれる広告を指します。YouTube動画再生前に表示される広告を見たことがある方も多いと思います。

動画広告の掲載例

動画広告はディスプレイ広告よりも更に多くの情報を伝えることができます。近年では企業がテレビCMと同じ広告を配信していることも少なくありません。動画視聴単価(CPV)で、1回視聴されるごとにお金がかかる仕組みとなっています。ターゲット設定にもよりますが、1回の視聴につき数円~10円程度で配信ができます。企業や商品のイメージ付けをしたい、リマーケティング配信でより深く情報をしってもらいたい場合など、様々な場面で活用できます。

もっとくわしく知りたい方はコチラ

モバイルアプリ インストール広告とは?

モバイルアプリ インストール広告とは、スマートフォンやタブレット向けにアプリダウンロードを促す広告です。

アプリインストール広告の掲載例

Google Play だけでなく、 Apple App Store への広告掲載も可能です。広告の掲載方法も様々で、検索結果に表示されるものから、ディスプレイ広告の配信面に掲載されるものまで様々存在します。アプリのダウンロード数を増やしたい、課金ユーザーを増やしたい場合にはチャレンジしたい配信方法です。

まとめ

本記事ではGoogle広告について概要から各配信方法まで解説してきました。
本記事を読んでGoogle広告を試してみたい・成果を出したいと思った方はぜひご相談ください。

もっとGoogle広告を知りたい、という方に向けて「リスティング広告はじめてガイド」をご用意しています。よろしければこちらもご覧ください。

リスティング広告はじめてガイド~概要からメリットデメリットまで徹底解説~
https://lp.quartet-communications.com/white-paper/listing-guide
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ