リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google広告完全対応|東京・大阪・名古屋

【Google広告】とにかくショッピング広告を配信したい(中編)


あっという間に8月ですね!長かった梅雨に苦しんだ分、洗濯物が乾きやすい日が多くて嬉しいです。と思ったのもつかの間、通勤が暑すぎて既に夏バテ気味・・・。水分・塩分を適度に補給し、酷暑を乗り切りましょう。

それでは前回記事の続きです。
【Google広告】とにかくショッピング広告を配信したい(前編)

前回までのおさらい

ショッピング広告を配信するためには、以下の項目がクリアできればOKというお話をしました。

  1. マーチャントセンターの設定
  2. URLの確認と申立て
  3. フィードの作成
  4. Google広告とマーチャントセンターの連携
  5. Google広告にてショッピング広告キャンペーンを作成

前編では「URLの確認と申立て」まで進みましたね。中編ではいよいよ「フィードの作成」を行います!はじめはとっつきにくいと思いますが、慣れると簡単ですよ。

3-1. フィードの作成

フィードって名前は聞くけど、結局よくわからないから手がつけられない・・・という方もいるのではと思います。フィードを利用するにもいくつか手法がありますが、今回はスプレッドシート(エクセルみたいなもの)を利用します。仕組みがわかれば結構単純ですので、安心してくださいね。

フィードを新規作成

まずは「商品」>「フィード」の画面を開き、「+」ボタンをクリックしてください。

表示される画面を確認し、販売先の国を「日本」、言語を「日本語」としてください。

メインフィード名に設定したい名称(何でも良いです)を記入し、フィードの設定方法として「Google スプレッドシート」を選択しましょう。

最後に、「新しいGoogleスプレッドシートをテンプレートから作成」を選択し続行を押してください。

Google Merchant Centerからのアクセスリクエストを「許可」し、しばらく待つと作成完了です。

フィードを開く

それでは、早速フィードを開いてみましょう!以下画像の赤枠にあるように「開く」を押してください。このときフィード名をクリックしてもフィードの中身にはたどり着けません。

フィード(スプレッドシート)を開くとこういった画面が表示されます。

3-2. フィードの項目

このスプレッドシートでは、1行目と2行目以降で明確に役割が異なります。1行目では「どんな項目を設定したいか」を規程します。2行目以降は、1行目の項目に沿って商品単位での情報を記入します。

配信に必要な基本項目

さて、1行目に記入する項目の必要性ですが、3タイプに分類されます。

  1. 必要
  2. 特定カテゴリでは必要
  3. 推奨

例えば、"商品名"や"価格"は広告配信に絶対必要です。一方で、"梱包サイズ"や"送料"などの情報は記載していなくても配信が可能です。特定カテゴリでは必要な項目例をあげると、サイズ違いがある商品では"サイズ"が必要です。

以下、絶対に必要な項目を記載しました。それぞれヘルプページをリンク先としていますので、詳細が気になる場合はチェックしてみてください。

絶対に必要な項目

なお、広告表示の際には、上記項目は以下のように反映されます。

商品番号

基本的な必須項目は上記の通りですが、実は商品番号に関する記載も必須です。商品番号がないと審査が通過せず、配信できません。意外な落とし穴であり、「なんで審査が通らないんだろう?」となるポイントの一つです。

商品番号に関する項目

gtinがある商品は「gtin」「ブランド」を記入し、gtinがなく製造番号がある商品は「製造番号」「ブランド」を記入してください。gtin・製造番号のいずれも存在しない場合は、「IDの有無」を記入しましょう。より詳細は知りたい場合は、それぞれのリンク先を確認してください。

Google商品カテゴリ

あらかじめGoogleが商品のカテゴリを用意しています。この項目の設定は任意ですが、配信したい広告のカテゴリを明示しておくことで、広告の精度があがるため、設定することをおすすめします。

Google の商品分類に基づいて商品アイテムのカテゴリを指定するには、google_product_category [Google 商品カテゴリ] 属性を使用します。商品をカテゴリに割り当てることにより、適切な検索結果に対して広告が表示されるようになります。

上記リンク先にある、エクセルまたはテキストを参照し、配信したい商品が該当する商品カテゴリを記入してください。

3-3. フィードの記入例

以上を踏まえた上で、記入例を作成してみました。クリックで拡大可能です。

とりあえず最低限の項目を埋めた状態となりますが、これならできそうと思いませんか?
まずは配信したいということであれば、5商品くらい入力を行ってみてはいかがでしょう。慣れてきて、さらにカスタマイズしたい場合は、ヘルプページを参考に入力してみてください。

その他、項目の一覧はコチラ:商品データの属性

次回、最終回

ショッピング広告ではフィードの作成が山場となります。あとは連携して配信するだけ・・・!終わりまでもうひとふんばりです。次回は、Google広告との連携方法やショッピングキャンペーンの作成方法について解説します。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。



リスティング広告情報&新着 RSS


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ