リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

マッチタイプの選び方について

53ce4ff188d1cb72b3ebe2632651

日々の運用の中でわかっているつもりでも迷ってしまう事もあると思います。
マッチタイプに関してはその中でもよく話題に上がる事のひとつではないでしょうか?

マッチタイプを選ぶ

運用を続けてPDCAを回していけばある程度見えてくるものではありますが、実績の無いアカウントでは始めに何を入れようか迷う事も多いようです。

どのマッチタイプを使う?

個人的には部分一致を利用する事が多いです。
理由としては最初から完全一致、フレーズ一致などで固めすぎると広くリーチを取ることが出来ないためです。

ユーザーは必ずしもこちらが予想した単語で流入してくるとは限りません。
そのため、部分一致で流入するクエリを広げる事で多くのユーザーの目に広告を触れさせる事が出来ます。
部分一致で獲得したCVの付いているクエリを見たら意外な単語で流入していた、なんて経験はあるかと思います。
もちろん検索するユーザーの層によって特定のクエリにCVが固まる事もあります。
しかし、検索慣れしていないユーザーなどは話し言葉で検索する事も多いのです。

自社のユーザーを把握しよう

検索するユーザーによっても流入する際のクエリがまちまちという事は上述のとおりです。
しかし、予算が少ない、クリック単価が高いなど部分一致で登録してしまうと注力すべきキーワードではない部分でコストを発生させてしまい、大きなリスクになる事もあります。
そういった事態を避けるために最初から部分一致を使わないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そのためには、まず自社がターゲットにしているユーザーがどういったユーザーなのかを把握する事が重要となってきます。

  • 化粧品や健康食品の通販・・・検索慣れしていないユーザーが比較的多い
  • Webサービス・・・検索慣れしているユーザーの方が多い

この程度で良いので自社のユーザーを考えてみるだけでも良いのではないでしょうか?
意外と簡単に考えてますね。

そもそも広告費が少ない、クリック単価が高い

予算が潤沢であれば部分一致のキーワードを多く登録しても問題ないのですが、予算に制限がある場合はそうもいきません。
部分一致は様々なクエリを集められる一方で多くの表示、クリックを誘発します。
絶対入れてはいけないというわけではありませんが、個人的には登録するキーワード数を減らす事などで対応しています。
もちろん潜在層に向けたキーワードなどはこの場合入れない事の方が多いです。

まとめ

この話は答えのない話題ではありますが、慣れてくると予算やクリック単価などからどのマッチタイプを選べば最適か、というものは感覚的についてきます。
もちろん私の考え方が全てではなく、色々な考え方があります。

リスティング運用を始めたばかりで困っているという運用者の方の考え方の一助になることが出来れば幸いです。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック