リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

マイクロコンバージョン(MCV)とは?Google広告ので設定方法も併せて解説

Google広告MCV設定方法

広告運用には様々な用語がありますが、コンバージョンに至る前の段階で、設定する「マイクロコンバージョン」をご存知でしょうか。

マイクロコンバージョンを設定することで、広告運用の最適化にもつながります。

本記事では、マイクロコンバージョンの意味とメリット、Google広告でマイクロコンバージョンを設定する方法についてご紹介します。

マイクロ コンバージョン(MCV)とは?

マイクロ コンバージョン(以下、MCV)とは、最終的なコンバージョンに至るまでの中間地点に設定するコンバージョンのことです。

たとえば、広告で設定したランディングページに「申し込み」と「お問い合わせ」や「資料請求」があった場合 コンバージョンは「申し込み」を指し、MCVは「お問い合わせ」や「資料請求」を指します。

つまり、「申し込み」という最終的なコンバージョンとは別のコンバージョンのことを、MCV(マイクロコンバージョン)と呼ぶのです。

MCVのメリット

MCVのメリットは、以下の2つです。

  • 自動入札に活用することができる
  • 最終コンバージョンまでのユーザーの行動を数字で把握できる

それぞれ以下で解説します。

自動入札に活用することができる

Google広告を運用する場面では自動入札機能を利用することもあるでしょう。

MCVは、この自動入札のためのデータとして活用可能です。

通常、自動入札を行うには一定のコンバージョン数が必要となります。コンバージョン数が少なすぎると、自動入札を使いたくてもデータ不足により精度が下がってしまうからです。

そこで、コンバージョンに最も関連性の高い完了画面前の確認画面などをMCVに設定すると、必要なコンバージョン数を確保し、自動入札の精度を高められます。

注意点としは、MCVを含めると自動入札の内容も変動する可能性があります。MCV設定を行った直後は管理画面で運用状況を注意深く監視するようにしましょう。

最終コンバージョンまでのユーザーの行動を数字で把握できる

コンバージョンに至るまでにユーザーがどこでどのように行動したかをデータとして確認が可能になります。

仮にCV率が下がった場合、MCVやMCV率をチェックすることで、ユーザーがどこで離脱したかといった原因を把握できるようになります。

Google広告でのMCVの設定方法

Google広告でのMCVの設定には、広告管理画面とGoogleタグマネージャーの設定が必要です。

以下でそれぞれ手順を紹介します。

Google広告管理画面

まずは、Google広告管理画面から設定を行います。
手順は以下の通りです。

  1. Google広告の管理画面上部「ツールと設定」より「測定」を選択
  2. 「測定」画面から「コンバージョン」を選択
  3. 「コンバージョンアクション」画面に遷移
  4. 画面左側の+マークをクリック
  5. 「コンバージョンの種類の選択」画面よりコンバージョンに繋げたい任意の種類を選択
  6. 「コンバージョンアクションを作成」の設定へ進む
  7. 「タグを設定する」へ進む

手順6のコンバージョンアクションの設定画面で、 自動入札を利用する場合は画面下部にある「コンバージョン列に含める」の「はい」にチェックを入れましょう。

手順7の「タグを設定する」では、「Googleタグマネージャーを使用する」タブを選択します。
ここで表示されている「コンバージョンID」と「コンバージョンラベル」を控えておき、次のGoogleタグマネージャーの設定へ進みます。

Googleタグマネージャーでの設定方法

次にGoogleタグマネージャーにログインします。

Googleタグマネージャーでは、「トリガー」と「タグ」の設定が必要です。

トリガー

  1. 左側のメニューの「トリガー」をクリック
  2. 右上の「新規」ボタンをクリック
  3. 右側のメニューより「ページビュー」を選択
  4. トリガーの発生場所は「一部のページビュー」を選択
  5. URL貼り付け欄に、MCVで設定するページのURLを入力

タグ

  1. 左側のメニューの「タグ」をクリック
  2. 右上の「新規」ボタンをクリック
  3. 画面上部の「タグ設定」をクリック
  4. 右側のメニューより「Google広告のコンバージョントラッキング」を選択

ここまでの入力ができたら、MCVの設定は完了です。

まとめ

今回は、MCVについてメリットとGoogle広告での設定方法をご紹介しました。

ぜひ今後の広告運用にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事