リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

ユーザーを意識した広告文へ変えたらクリック率が倍になった件について


みなさん、暑かった夏も今は昔、(個人的には)肌寒くなってきました。
今年は嵐山の紅葉を見に行きたい安富です。

さて今回は、広告文をユーザーを意識した内容に変えたことで、クリック率が倍になった事例をご紹介します。

ユーザーのニーズに寄り添う

商材が特殊なためボカしますが、例としてタクシードライバーの求人を思い浮かべてください。検索連動型広告で人を集めようとした場合、例えばこんなキーワード群を含めたとします。

  • タクシー 求人 ・・・(1)
  • タクシー ドライバー 未経験・・・(2)
  • タクシー ドライバー 女性 ・・・(3)

いずれもニーズとしては「タクシードライバーの求人」を探していることから、一旦広告グループはひとまとめにしました。

広告文は、例えばこう↓です。

このような広告文を配信したところ、特定のキーワード群のクリック率が、平均よりも低いことが判明しました。例で上げたキーワード群 (3)です。(下記表)

また、クリック率だけでなく、広告との関連性が「平均より下」と品質スコアへの影響もでていました。結果として、クリック単価も全体と比較して、1.6倍ほど高くなっていました。

これはよろしくないですね。そのため、(3)を別広告グループへと移し、新たな広告文での訴求を行ないました。例として、こんな感じ↓です。

先程は、(3)のワードにある「女性」という部分を軽視し、広告文に含めなかったことから、広告との関連性や、広告をみた女性ユーザーからの反応も良くなかった、と考えました。そこで、"女性"を含めた広告を当てるように設定しました。すると。

キーワードのクリック率が大幅に改善しました。広告との関連性も「平均より上」へと変化し、クリック単価も大幅に下がりました。

変更前・変更後を並べると、以下のようになります。

まとめ:誰にどんな広告文をあてるか

同じ"求人に応募するユーザー"に見えても、背景は人それぞれです。上記例の場合、タクシードライバーになろうとする女性はまだまだニッチということから、不安に思いながら検索していることも考えられます。そんな中で、「未経験の女性でも歓迎です」と謳うことによって、安心感を与えることができると思います。キーワードに寄り添う広告文に変えることで、品質スコアが好転する事例もあります。

また、ターゲットが企業でも、狙いたいキーワードでB2Cサービスを検索している一般ユーザーが混ざるような場合は、ターゲットを明確化する広告訴求も有効です。

配信の分析を行う際、キーワードや属性といった点に重きを起きがちですが、広告文による影響も軽視できません。広告文をみたユーザーにとって、違和感なく受け取ってもらえるか、と考えることが大事と思います。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ