リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【リスティング広告】2020年度版!バナーサイズまとめ


こんにちは。本日は、リスティング広告のバナーサイズなど、日々アップデートされていく内容の2020年9月時点の最新バージョンをまとめました。昨今、クリエイティブの鮮度も重要!というのは媒体側もいっていますし、バナー作ってみようかな、というキッカケになれば幸いです!

2020年9月時点最新版 バナーサイズのご紹介

バナーサイズといっても、とてもたくさんあります。ですので、まずは私が社内で聞かれたときやお客様に聞かれたときに必ずお答えする、実用性の高いものからご紹介します!

【オススメ】レスポンシブ広告関係のバナーサイズ一覧

現状のオススメは、なんといっても「レスポンシブ広告」関連になります。この広告スタイルを選択しておけば、PC・スマホなどデバイス関係なく、たくさんの配信面をカバー出来るうえに、使用可能なバナーサイズも大きめで、テキスト広告と組み合わせての出稿となりますので、色々と訴求しやすいのが特徴です。更にさらに、Google・Yahoo!共通のサイズで使えるため、制作の手間とコストのカットにも一役買えるのもポイントです。

【Google・Yahoo! 共通して広告入稿に必要な素材】
横長画像・スクエア画像・ロゴ画像の3つ(ロゴは任意、あったほうが○)
形式:汎用性が高いので「JPG」推奨
ファイルサイズ:「3MB以内」であれば、どちらの媒体もOK、ロゴのみ「150KB以内」

レスポンシブ広告 Googleディスプレイ広告 Yahoo!ディスプレイ広告
横長画像 1200×628
スクエア画像 300×300
ロゴ画像 180×180
注意点 画像内の文字割合は、20%程度に留めるか、なしが推奨
※文字で訴求するバナーの場合は仕方ないので、審査トライしましょう

※厳密には、Google等はアスペクト比が同じであれば上記サイズ以外でも画像を使えたりしますが、このサイズであれば媒体間を跨いで使用出来るのは間違いありませんので、オススメです

見え方の例

このように、画像とテキスト・ボタンが組み合わさり、配信面に応じてレスポンシブ!します。

ほか、バナーサイズ一覧表

ほか、バナーサイズ一覧は、以下のとおりです。とてもたくさんありますね。ありすぎて迷ってしまうと思いますので、こちらもオススメサイズを記載しておきます。

【Google・Yahoo! 共通して使える、オススメバナーサイズ3選】
・600×500(300×250)PC/スマホ問わない汎用サイズ
・640×200(320×100)スマホ向けサイズ
・640×100(320×50)スマホ向けサイズ

バナー一覧 Googleディスプレイ広告 Yahoo!ディスプレイ広告
サイズ(横×縦)px PC・タブレット スマホ PC・タブレット スマホ
120×600
160×600
200×200
240×400
250×250
250×360
300×1050
300×250
(600×500)
300×50
300×600
320×100
(640×200)
320×50
(640×100)
336×280
468×60
580×400
728×90
930×180
970×250
970×90
980×120
ファイルサイズ 150 KB 3 MB
ファイル形式 GIF、JPG、PNG

※●はGIFアニメーションが使えることを表しています
※厳密には、GDNにおいてHDサイズの(640×200)と(640×100)はGIFアニメのサービスが終了しております。320×100と320×50については、今までどおり使用可能です。
※Yahoo!でも過去使えましたが、2019年10月末頃から使用出来なくなりました
※厳密には、既に入稿済みだったものは2020年9月現在配信出来ており、運用型に移行するタイミングで全面廃止になるとのことです

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ディスプレイ広告もここ数年でとても進化しており、スマホの普及~たくさんのアプリが生活必需品となってきている中で、バナー広告はとても目にする回数が増えていますよね。
出稿してみたい!という方は、今回の表をご活用頂ければと思います!運用側の方は、アレ、サイズなんだっけ?というときに是非参考にして下さい。

次回はSNSだったり、動画に関してをまとめていこうと思います。

バナーはこれで作れるけど、運用は無理!という方は、お力になれますので、是非弊社まで一度お問い合わせ下さい。鈴木でした。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ