リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

リスティング広告の3つのメリットと注意点や紙広告と比較した利点

「リスティング広告は他のWeb広告と違ってどんなメリットがあるのか知りたい!」

Web広告には色々な種類があるので、どれを選ぶべきかわかりにくいですよね。SNS広告、動画広告、純広告などたくさんあるため悩む方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、リスティング広告は費用対効果の高さが最大のメリットです。商品購入・問い合わせがたくさんほしい方であれば、選んで基本間違いはない広告です。

データでもリスティング広告(検索連動型広告)は電通が発表している2019年のインターネット広告媒体費の中で「40.2%」の割合を占めており、多くの方に選ばれていることが明らかな「人気のある広告」といえます。

この記事では他のWeb広告と比較して、リスティング広告にはどんなメリットがあるのかを紹介していきます。配信するか決めるための検討材料となれば幸いです。

リスティング広告の概要やメリットやデメリットを専門用語を使わず、わかりやすく解説した資料を無料でダウンロードいただけます。リスティング広告がどんな広告か詳しく知りたい方は下記からどうぞ!

リスティング広告はじめてガイド~概要からメリットデメリットまで徹底解説~

1. リスティング広告の3つのメリット

冒頭でも説明しましたが、リスティング広告は費用対効果の高さが最大のメリットです。つまり商品購入・問い合わせが獲得しやすい広告です。このメリットを細分化して順に紹介していきます。

商品購入・問い合わせしたい人に広告が出せる

リスティング広告は配信するキーワードを自由に設定できるため、商品購入・問い合わせしたい人に広告が出せるといえます。他の広告では商品にあまり興味ない人も配信対象に含まれることが多いですが、リスティング広告は違います。

商品購入・問い合わせ

具体例を出すと、リスティング広告で「りんご 通販」というキーワードを設定して、りんごの通販サイトの広告を見せれば高い確率でりんごの購入に繋げられます。このように「特定の商品を探しているユーザーが検索するキーワード」を指定できるため、費用対効果が高い広告といわれています。

少額でも成果が出やすい

上述したように商品購入・問い合わせしたい人に広告が出せるため、少額でも成果が出やすい特徴があります。実際に弊社では月額予算5万、10万円で成果が出ているお客様はたくさんいらっしゃいます。詳しくはお客様の声をご覧ください。

またリスティング広告(Google広告)は1円単位で予算を決めて配信できる広告です。他の広告媒体だと最低出稿金額が決められていることもあるので、予算が少額でもはじめやすい特徴があります。

弊社であれば20万程度の月額予算でリスティング広告を始められるクライアント様が多いですが、配信自体は5万円など少額からでも始められます。予算が少なくても成果が獲得できることも多いですので、少額でもチャレンジを検討してみるべきです。

少額で成果を出すポイントの詳細は下記をご覧ください。

リスティング広告は少額でも成果は出せる!ポイントは絞ること

早く見込み客を集められる

リスティング広告は最速で即日配信できるため早く見込み客を集められます。よってすぐに成果につながる可能性が高いです。ただし広告を配信する前に審査が発生するので、即日配信できないこともあるので注意しましょう。

また、必ずではありませんが、リスティング広告は検索結果の上部に表示されるため検索したユーザーの目に入りやすいです。表示される位置が目立つかつ配信開始までのスピードが早いため、素早く見込み客を集められます。

ただ注視点として、弊社の場合アカウント設計準備に時間をかけるため、10日間ほどは配信準備期間を設けることが多いです。リスティング広告で成果が獲得できるかどうかはアカウント設計で決まる部分もあるので、設計準備には時間がをかけることをおすすめします。早く成果がほしい方はリスティング広告の配信を検討してみてください。

リスティング広告の効果について詳しく知りたい方はリスティング広告の効果を最大化する5つのポイントと配信すべき商材の特徴を確認してみてください。

2. リスティング広告の3つの注意点

次にリスティング広告の注意点を紹介していきます。良くない部分も理解した上で、集客にリスティング広告が最適か判断頂けると幸いです。

知識の習得に時間がかかる

リスティング広告で成果を出すためには知識やノウハウが必要で、習得には時間がかかります。

どのようなキーワードを設定するのか、いくらで入札をするのか、広告文はどうするのか。など設定しなければいけない項目は多岐にわたり、操作する画面も一見どこを触ればいいかわかりにくいです。誰でも運用はできますが、敷居は高めのWeb広告といえるでしょう。

配信がスタートしても、成果を獲得するための日々の改善が必要ですし、リスティング広告は頻繁にアップデートが行われるので、最新情報のキャッチも必要になってきます。

このような対応が自分でできる自信がない場合は、弊社のような広告代理店に運用を任せることをおすすめします。独学で配信したが設定が上手くできおらず、効果の低い配信をずっとしているアカウントの分析依頼をお客様からご依頼いただく事も珍しくありませんので、自信のない方は代理店に任せるべきです。

代理店の選び方はもう迷わない!失敗しないためのリスティング広告代理店の選び方で解説していますので、合わせてご覧ください。

適正予算が業種によってバラバラ

少額で始められるリスティング広告ですが、適正予算が業種によってバラバラです。なぜなら設定したキーワードによっては発生する金額が大きく異なるからです。

リスティング広告はクリックされる度に費用がかかりますが、金額が高いキーワードによっては1クリック5,000円以上かかる場合があります。逆に100円もかからない低いものもあります。

具体例として媒体から提供されているツールで試算した、クリック単価が高めのキーワードを紹介します。(ツールによる試算です。目安程度としてください)

  • 薬剤師 求人:5,476円
  • リスティング広告 代行:4,437円
  • トラック買取:2,513円
  • 葬儀:1,234円

クリック単価が高い業種での場合、リスティング広告以外の方法で集客したほうが費用対効果が高い場合もありますので、他の集客手段も調査頂くことをおすすめします。

リスティング広告の費用相場や適正予算が知りたい方は下記記事をご覧ください
リスティング広告の費用相場と目標達成に必要な適性予算の決め方

潜在顧客にアプローチをすると費用対効果が合わないことが多い

上述したようにリスティング広告のクリック単価は業種によって大きく異なります。そのためクリック単価が高い業種の潜在顧客のアプローチは、費用対効果が合わない可能性があります。

少々極端ですが、例えば薬剤師の求人応募獲得がゴールの案件で「薬剤師 服」「薬剤師 本」など、クリック単価が高めの見込み客が検索しないキーワードばかりでクリックを集めていると、費用対効果は合わないでしょう。

そもそもですが、リスティング広告で潜在顧客を狙うのはおすすめできません。Web広告で狙う場合はディスプレイ広告やSNS広告など、クリック単価が低めの媒体に取り組むべきです。

3. リスティング広告を含めたWeb広告のメリット

ここからはリスティング広告を含めたWeb広告のメリットを紹介していきます。紹介する内容はリスティング広告のメリットとも言えますが、厳密に言えばWeb広告のメリットです。

紙広告とリスティング広告のメリットの比較をしている方は、ここでどのような利点があるか確認してみてください。

設定変更がリアルタイムで可能

配信エリア、性別、キーワード、広告文、予算などすべての設定はリアルタイムで変更できます。紙広告だと送付してしまったら内容の変更はもちろん、宛名の変更はできないため、Web広告ならではの大きなメリットです。

Web広告なら設定を間違えてしまってもすぐに修正できますし、配信結果を見ながら効果の出ない配信はやめて、出ているところの配信は強化するといったポジティブな調整が可能です。

配信開始、終了がいつでもできる

上記の設定変更がリアルタイムで可能という内容と繋がりますが、広告の配信開始、終了のタイミングも好きなように決められます。Webの管理画面でクリックするだけでも配信開始、終了の設定ができます。広告審査が即日で完了するのであれば、その日から配信できます。配信しているのであれば今この瞬間に配信停止も可能です。

配信結果がデータで残るため効果検証しやすい

Web広告はどのキーワードで何回クリックされて、どれだけ購入に至ったのか。どの広告文のクリック率が高いなど。広告に対するユーザーの反応がデータですべてわかります。

そのため効果検証しやすい特徴があります。例えばAパターンの広告とBパターンの広告を同時に出してどちらから多く購入されるかなどの検証ができます。紙広告だとアンケートなどを駆使しないと検証が困難ですが、リスティング広告をはじめとしてWeb広告であれば安易に検証可能です。

まとめ

リスティング広告のメリットは下記3つです。

  • 少額でも成果が出やすい
  • 商品購入・問い合わせしたい人に広告が出せる
  • 早く見込み客を集められる

リスティング広告は費用対効果の高さが最大のメリットであるため、商品購入・問い合わせがたくさんほしい方におすすめです。集客に悩んでいるのであれば、選んで基本間違いはない広告です。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ