リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

リスティング広告は少額でも成果は出せる!ポイントは絞ること


「リスティング広告をはじめてみたいけど、少額でも成果は出るのかな。Web広告のことはよくわからないから不安だな..」

このように多くの予算はかけられないけど、試しで少しリスティング広告を配信してみたい。という方はいらっしゃるのではないでしょうか。もし少額でも成果が出ることがわかれば、すぐにでも配信したいですよね。

結論から言うと、リスティング広告は少額でも成果は出せます!弊社では月間予算2万、3万円など少額で運用して成果を出した事例は数え切れないほどあります。

むしろリスティング広告は予算がかけられない方に向いているといえます。なぜなら成果の出るポイントに絞って配信できる”コストパフォーマンスが高い広告”だからです。

この記事では少額でもリスティング広告は成果が出せることと、少額予算の運用で成果を出すためのポイントを紹介します。

1. リスティング広告は少額予算でも成果は出せます

大事なことなので、もう一度、「リスティング広告は少額予算でも成果は出せます!」

実際の弊社の事例をご紹介します。詳細は下記お客様の声ページリンクよりご覧ください。

お客様の声

掲載させて頂いているお客様は月何千万といった大きな予算でリスティング広告を配信していません。中には月10万円以下で広告運用して掲載した成果に繋がっているお客様もいらっしゃいます。

ただしリスティング広告は出せば必ず成果に繋がるものではありません、絶対に外してはいけないポイントがあります。

2. 少額のリスティング広告運用で成果を出すポイントはとにかく絞ること

少額のリスティング広告運用で絶対には外してはいけないポイントは「とにかく絞ること」です。

具体的に言うと、問い合わせ・購入をする見込みの高い人に対してだけ配信をするということです。

少額予算の場合、獲得できるクリックは少ないため「できる限り問い合わせに繋がる人からだけの」クリックを集めることを強く意識する必要があります。

当たり前のような話ですが、問い合わせしたい人に配信すれば問い合わせは取れます。これを運用で実現するだけです。ただリスティング広告にはたくさんの配信方法があるため、運用に関して全く知識がないとどうすればよいかわからなくなりがちです。

絞るべきポイントはいくつもありますが、これだけは必ず絞るべきだ!と強く主張できるポイントは下記の通りです。①と②を設定した後に、③を設定することをおすすめします。

①検索連動型広告だけ配信する

リスティング広告には検索窓の下に広告を出す「検索連動型広告」とサイト内に画像で広告を出す「ディスプレイ広告」の2種類がありますが、少額予算の場合は検索連動型広告だけ配信することをおすすめします。

なぜなら検索連動型広告は問い合わせや購入見込みが高いユーザーを狙って集客できるコスパに優れた配信だからです。

検索連動型広告はわざわざ検索をしてまで情報を探しているユーザーに広告を見せられます。つまり能動的に自社サービスに関連する情報を探している、顧客になりえるユーザーを指定して配信ができる強みがあります。

ディスプレイ広告は狙って配信することが検索連動型広告より難しいため、検索連動型広告よりコストパフォーマンスが落ちることが多いです。そのため少額予算の場合はおすすめできません。

リマーケティングは少額予算で成果が出せる配信なのでオススメ!

ディスプレイ広告の中にサイトに来訪したユーザーを追いかけて広告配信をするリマーケティングという配信手法があります。この配信に関しては一度サイトに訪れている「自社に興味がある可能性の高いユーザー」を狙って配信出来るため少額予算の方に対してもおすすめです。

②顕在キーワードだけ配信する

検索連動型広告で配信するキーワードは顕在キーワードだけに絞りましょう。

顕在キーワードとは簡単にいうと、自社サービスに対して強く興味を持っていると想定できるユーザーが検索するキーワードです。

例えば名古屋の栄で個室居酒屋を営んでいるとすると、顕在キーワードは「名古屋 個室居酒屋」「栄 個室居酒屋」あたりが顕在キーワードに該当します。これらのキーワードで検索したユーザーは名古屋で個室居酒屋を探していることが明らかです。

そのため「名古屋 個室居酒屋」「栄 個室居酒屋」と検索したユーザーに名古屋の個室居酒屋の広告を見せることで、高い確率で来店に繋がるでしょう。

③購買に繋がりやすいエリアだけに配信する

配信エリアは購買に繋がりやすいエリアだけにしましょう。少額予算の場合、購買に繋がりにくいエリアに配信する必要はありません。まずは購買に繋がりやすいエリアだけに配信することをおすすめします。

例えば商圏が名古屋市、一宮市、稲沢市だとして、名古屋市からの問い合わせが8割を占めるようであれば、名古屋市だけに配信するようなイメージです。

限られた予算の中でどうやって問い合わせに繋がる人からのクリックを多く集められるかを考えると、自然と配信エリアは絞られてくるはずです。

3. 配信する媒体毎の最低限必要になる金額

リスティング広告を配信をするにあたって、最低限必要な金額(最低入金金額)をご紹介します。代理店を使わず自分でリスティング広告を配信する場合、配信する広告費用があればOKです。

あくまで配信するにあたって最低限必要になる金額ですのでご注意ください。実際は業種によってクリック単価の相場がある程度決まっているため、適正予算がございます。

  • 検索連動型広告

・Yahoo検索広告:3,000円~
・Google検索広告:1円~

  • ディスプレイ広告

・Yahooディスプレイ広告:3,000円~
・Googleディスプレイ広告:1円~

少額のリスティング広告運用ならカルテットにお任せください!

リスティング広告は少額予算でも成果は出せます!ただし、成果の出るポイントに絞って配信をする必要があるため注意が必要です。

弊社はリスティング広告の配信媒体Yahooプロモーション広告を取り扱う、「Yahoo! JAPAN」から”少額予算の広告運用に必要な独自のノウハウと体制の両方を有している”推薦メッセージをいただいております。

もし少額案件の広告運用を任せられる会社をお探しであればぜひ弊社までご連絡ください。無料でクリック単価の相場や適正予算をお知らせすることも可能です。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ