リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

もう迷わない!失敗しないためのリスティング広告代理店の選び方

リスティング広告の代理店をどんな基準で選べばいいか迷っていませんか?
「せっかくお金をかけて依頼するし代理店選びは絶対に失敗したくない!けどどんなポイントに気をつけて選べばいいかわからない。」

このように悩まれている方は少なくないのではないかと思います。リスティング広告を受けてくれる代理店はたくさんあり、サービス品質や価格も様々ですので、どこにすべきか迷いますよね。

弊社はリスティング広告の専門代理店ですが、ポジショントーク抜きにして代理店選定のポイントお伝えすると「自社の要望に合った種類の代理店を理解した上で、信頼できる会社を選ぶことが重要」だと考えています。

このページではリスティング広告の代理店選定の方法をステップ形式で紹介します。なぞっていただければ代理店選定で大失敗することは避けられるはずですので、迷われている方はぜひご覧ください!

依頼するとかかる手数料や代理店に任せるメリットなど、選定方法以外の部分も解説していますので、そもそも代理店に任せるべきか考えている方も含め参考にしていただけると幸いです。

リスティング広告の代理店の種類は大きく4つ。要望に合うタイプを選ぼう

リスティング広告の代理店といっても実は種類がいくつかあります。
ここで紹介している以外にも受けてくれる会社はありますが、ざっと大きく下記4つの種類があります。それぞれ特徴がありますので、自社の要望に合うタイプがどれかまず確認してみてください。

Web広告専門代理店

リスティング広告やSNS広告、アフィリエイト広告などインターネットを活用した広告を専門に扱っている代理店です。リスティング広告だけを依頼したい方。リスティング広告以外のWeb広告でも今後集客していきたい方におすすめです。リスティング広告を専業としている弊社はここに属します。

Webが専門のためリスティング広告の実績が豊富で、広告運用を熟知した担当者が在籍していることが多いため、リスティング広告をはじめWeb広告の成果を最大化したいのであれば選んで間違いはないでしょう。

ただしWeb広告以外の広告出稿はサービス外のためお断りされる可能性があります。

総合広告代理店

リスティング広告に限らず、テレビや新聞、ラジオなどマスメディア など広告全般を取り扱っている代理店です。テレビやラジオにCMを流したい、雑誌にも広告を掲載したいなど、リスティング広告以外の媒体への広告出稿が視野に入っている方におすすめです。

様々な媒体を絡めたプランニングからお願いできるため、リスティング広告単体ではなく広告出稿する媒体全体で成果を最大化する施策を考えてくれます。

注意点としては、運用担当者が複数の広告業務を兼業していることが考えられるため、リスティング広告を運用する時間が取れず、細かい調整をしてもらえない恐れがあります。

Webサイト制作会社

Webサイトの制作とリスティング広告の運用をしてくれる代理店です。リスティング広告運用とWebサイトの修正は切り離せないものですので、Webサイト周りの作業に手間をかけずリスティング広告運用をお願いしたい方におすすめです。リスティング広告で使う広告画像も作ってくれるでしょう。

ただ、サイト制作を本業としているため、担当者がリスティング広告の運用を熟知していない可能性があります。

個人事業主

リスティング広告運用を個人で代行しているパターンです。
会社のように規定を決めていない方が多いので、土日祝関係なく依頼に対応してくれたり、即日着手してくれたりとスピード感を持って進められるメリットがあります。運用能力の高い方を見つけられれば、成果面でも期待できるので依頼を検討すべきですが、スキルのない人もいるので注意が必要です。

信頼できるリスティング広告の代理店を選ぶために確認すべき5つのポイント

依頼したい代理店の種類が決まったら、次は信頼できるかどうかを確認します。信頼できるかどうか。これが代理店選びで失敗しないためのポイントだと筆者は考えています。なおここで言う信頼は成果面と会社として信用の2面です。

確認すべきポイントはいくつかありますが、これから紹介する5つは見ておきましょう!5つ全て満たしている場合は信頼できるとみなして問題はないでしょう。

自社の業種・類似サービスの運用経験がある

リスティング広告は業種によって成果を獲得するためのポイントが異なってくるため、自社の業種・類似サービスの運用経験があるか確認しておくべきです。同業種の経験があるのであれば、早く成果が見込めます。

経験がないと、どのキーワードが成果に繋がるかなどの検証をする期間が必要になるため、成果が出るまでに時間がかかる可能性があります。

運用開始後、運用担当者からの改善報告がもらえるか

運用を開始した後、広告運用者の保持する情報を反映した改善報告がもらえるかどうかを確認しましょう。連絡を取る窓口が営業担当者でも問題はありませんが、実際に運用している担当者からの情報がもらえるかが重要です。

なぜならリスティング広告で成果を出すには「改善」が大切だからです。改善点を最も理解してるのは広告運用者のはずですので、前向きに改善作業をしているかどうか確認するためには、実際に広告を運用している運用者の情報を元にした報告がもらえるか確認しておくべきです。例として、キーワードや広告文、配信時間など細かい点の改善報告があるかどうか見ておくとよいでしょう。

レポーティングがサービス内容に含まれているか

レポーティングとは簡単にいえば、運用結果の数値報告をする資料のことです。
どのキーワードで何回広告が表示されたか、いくつ問い合わせがあったかなどの報告資料の提出がサービス内容に含まれていない代理店は推奨できません。

また、サービス内容に含まれていたとしても、クリック数、コンバージョン数、利用コストなど、改善するために重要な数値がレポートに表示されていない場合も非推奨です。

自社メディアで最新情報を発信しているか

リスティング広告は日々アップデートされており、新しい新機能が登場することがよくあります。これらの機能を理解しているかどうかの判断基準として、自社メディアにてリスティング広告の最新情報を発信しているかどうかは参考になります。

しかも無告知で急に実装されることが大半のため、媒体の公式ページを確認して最新のアップデート情報をキャッチ出来ていないと、適切な運用ができません。

広告媒体から表彰や認定を受けているか

媒体(おもにYahoo!・Google)からの表彰や認定を受けている代理店は、運用経験が豊富で実績の裏付けがあります。なぜなら運用スキル・案件数など、媒体側が設けている基準に則り証明をしない限り、表彰や認定が受けられないためです。

また認定代理店になると、一般には非公開の重要な情報を確認できたり、正式リリース前のβ版機能を先行利用できるなどの特典があるため、認定を受けている代理店のほうが、多くの知識や手法を保持していると判断できます。

リスティング広告を代理店に依頼するとかかる手数料の形態

次にリスティング広告運用を代理店に依頼する場合、発生する手数料に関して詳しく解説していきます。手数料には下記2つの形態があります。

  • 手数料率型
  • 定額型

会社のサービスレベルやお客様の状況が異なるため、どちらを選ぶべきかは一概に言えませんが、どのような仕組みで手数料がかかるがご理解いただけると幸いです。それではそれぞれ深ぼって説明していきます。

注意点として、上記の手数料とは別で運用初月のみ初期費用が発生する代理店もあります。ちなみに弊社は初期費用はありません!

手数料率型

広告費のいくらかの割合が手数料としてかかる型です。
一般的なリスティング広告代理店はこの形式を採用していることが多く、相場は月々の運用した広告費用×20%です。例えば月の広告費が100万円であれば、20万円が手数料でかかります。

注意点として、手数料の下限金額は5万円!というように下限金額を決めている会社が多いため、月額広告費が5万円ような少額の場合は割高になる恐れがあります。

定額型

広告費の額によって手数料が定額で決められている型です。
月額20万円以内は3万円、20万から40万円は5万円。というように金額ごとにかかる手数料が定額で決められています。弊社はこの型を採用していますので、詳しい料金が知りたい方は下記からご覧ください。
料金表

リスティング広告を代理店に任せる場合と自社運用する場合のメリット・デメリット

さいごに、リスティング広告を代理店に任せる予定だけど、自社で運用するのもいいかも。
と迷われている方のために、リスティング広告運用を代理店に任せる場合と自社運用する場合のメリット・デメリットを紹介します。どちらにすべきか判断する材料になれば幸いです。

代理店に任せるメリット・デメリット

メリット

  • リスティング広告の知識が不要
  • 運用の手間がかからない
  • 代理店限定の機能が広告で利用可能
  • 自社運用の人件費が高い場合、コストカット可能
  • 人材を確保しなくてよい

デメリット

  • 代理店のルールに則って依頼する必要がある(希望通りの対応をしてもらえない可能性がある)
  • 運用代行手数料がかかる

自社で運用するメリット・デメリット

メリット

  • 運用調整が社内依頼なので対応が早め
  • 運用代行手数料がかからない(人件費は発生)
  • 商品やターゲットユーザーの細部まで理解した運用が可能

デメリット

  • 人材の確保が必要
  • 教育のカリキュラムや仕組みづくりが必要
  • 知識習得や教育実施時には工数がかかる

さいごに. リスティング広告代理店をお探しならぜひ弊社までご相談ください!

自社の要望に合った種類の代理店を理解した上で、信頼できる会社を選ぶこと。

これがリスティング広告の代理店選びで失敗しないための鉄則です!

弊社は月額手数料3万円から、初期費用完全無料・最低利用期間なしと格安でリスティング広告運用代行を承っていますので、リスティング広告を試しにはじめてみたい方はぜひご相談くださいませ!

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ