リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【初心者でもわかる】SNS広告とは?特徴やメリット、配信すべき状況を解説

最近様々な企業が取り組んでいる「SNS広告」。

  • SNS広告が流行っているが、その効果とは?
  • SNS広告はどんな種類があって、何ができるか?
  • SNS広告の課金形式はどのようになっているか?

上記の疑問を解決できる内容をまとめました。

SNS広告の種類、メリット、課金形式などを詳しく解説しますので、これからSNS広告を使って集客しようと思っている方はぜひご覧ください。

SNS広告とは

SNS広告とは、

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE

などのSNSを媒体に配信される広告のことを指します。

「SNSを見ていたら気になる広告が流れてきて、思わずクリックしてしまった」といったことがあるのではないでしょうか。

フォローしているアカウントに関連する広告が、タイムライン上に違和感なく表示されるため、ユーザーに対し自然に商品やサービスを知ってもらうことができます。

さらにリアルタイムで広告効果を確認できるため、フィードバックと改善を迅速に行うことでより高い広告効果が期待できるのも特徴です。

SNS広告のメリット

SNS広告のメリットとして、以下の2点が挙げられます。

  • 集客したいターゲット(顧客)に広告表示ができる
  • 拡散力があるため潜在顧客に認知してもらうことができる

それでは、各メリットについて詳しく説明します。

集客したいターゲット(顧客)に広告表示ができる

SNS広告はターゲティングが正確のため、ターゲットユーザーに広告表示しやすいです。

アカウントを作成する際にユーザー自ら入力した年齢、住所、性別などプロフィール情報を元にターゲティングを行うため、リスティング広告やディスプレイ広告と比較して精度が高い特徴があります。

ターゲットが明確に決まっている商材であれば非常に効果的といえます。

拡散力があるため潜在顧客に認知してもらうことができる

SNS広告の魅力の一つとして、拡散力が高いことが挙げられます。

SNSには、「いいね」などの機能があり、フォローしている人同士で投稿シェアすることで、多くのユーザーに拡散される可能性があるのです。

その結果、まだ自社の商品やサービスを知らない潜在顧客を含めた、多くのユーザーにリーチできる可能性を持っていると言えます。

SNS広告を活用すべき状況

企業はどのようにSNS広告を活用していくべきなのでしょうか。

SNS広告の効果的な活用すべき状況として、「潜在を獲得したいとき」と「自社のファンを増やしたいとき」の2点が挙げられます。

潜在顧客を獲得したいとき

前述したとおり、SNS広告は自社の商品やサービスのことをまだ知らない「潜在顧客」に広告を訴求できるので、新たなリーチを獲得できます。

詳細なターゲティングをすることで、自社の商品やサービスを認知をしてもらいたいユーザーに的確に広告を届けることができるのです。

自社のファンを増やしたいとき

SNS広告は、自社の商品やサービスを長期にわたり、繰り返し購入・利用するような「ファン」を獲得するためにも有効です。

SNSを通じて、自社の価値観やイメージをうまく伝えることで、「いいね」やシェアを集めることができます。その結果、自社のファンになってくれる可能性があります。

商品のコモディティ化が進み、機能面の差別化が難しくなった現代では、SNSをうまく活用したブランディングによって、ファンを育成していくことが重要視されています。

SNS広告の種類

ここでは代表的な4種類のSNS広告の特徴を解説します。

  • Facebook広告
  • Instagram広告
  • Twitter広告
  • LINE広告

Facebook広告

ユーザー数 2600万人
ユーザー年代 ・30代~40代が多い
・他のSNSと比較して、60代のユーザーが多い
ユーザーの傾向 ビジネスで利用する人が多い
注目すべき特徴 ターゲット設定を詳細に行える

ビジネス利用のユーザーが多いです。
そのためBtoB商材であれば、少ない費用でも高い費用対効果が望めます。BtoB商材の配信にマッチするSNS広告をお探しであればFacebook広告は非常におすすめです。

Instagram広告

ユーザー数 3300万人
ユーザー年代 10代~30代が多い
ユーザーの傾向 ・女性ユーザーが多い
・ビジュアルの良い「インスタ映え」する商品に反応しやすい
注目すべき特徴 Facebookと同じプラットフォームからターゲットの設定が可能

写真や動画などでビジュアル的に「映える」クリエイティブを配信することで、顕在顧客から潜在顧客までリーチすることができます。

Twitter広告

 

ユーザー数 4500万人
ユーザー年代 10代~40代が多い
ユーザーの傾向 ゲーム、漫画やアニメ好きのユーザーが多い
・消費行動が活発な若いユーザーが多い
・話題性を求めるユーザーが多い
注目すべき特徴 ・2次拡散による広告費は一切かからない
・ターゲティングの種類が豊富

Twitter広告は広告がリツイートされる、つまり2次拡散以上されたアクションに関しては課金が発生しません。そのため2次拡散以上を狙うことで、広告効率が非常に高まり、遥かに上回る費用対効果が見込めるでしょう。

また、ターゲティングの種類が豊富なため、Twitter広告配信のみでもターゲットの反応を見ながらターゲティングを改善していくことができます。

LINE広告

ユーザー数 8600万人
ユーザー年代 年代に偏りがない
ユーザーの傾向 ・ユーザーに男女の偏りがない
・ユーザーの多くが毎日LINEを使用している
注目すべき特徴 ・配信している企業が少なく、競合となる広告が少ない
・日本国内で最大のユーザー数

LINEは毎日使用しているユーザーが多いため、配信した広告を認識される可能性が高いです。国内のSNSに置いては最も利用ユーザーが多いです。

幅広い年代のユーザーが利用しているため、商品やサービスが幅広い年代に反応のよいものであれば、高い広告効果が得られるでしょう。

SNS広告の費用課金形式

SNS広告に費用をかけたがさほど効果がなかったという結果にならないためにも、各SNS広告の課金形式を理解して目的にあったものを選択することが必要です。

SNS広告ごとの課金形式は以下のようになっています。

SNS広告 課金形式
Facebook広告 ・クリック課金型
・インプレッション課金型
Instagram広告 ・クリック課金型
・インプレッション課金型
・インストール課金型
・動画再生課金型
Twitter広告 ・クリック課金型
・インプレッション課金型
・インストール課金型
・動画再生課金型
・エンゲージメント課金型
・フォロワー課金型
LINE広告 ・クリック課金型
・インプレッション課金型

それでは、それぞれの課金形式について解説します。

クリック課金型

ユーザーが広告をクリックして表示することで、費用が発生します。

どんなに広告が掲載されても、クリックされなければ費用は発生しないため、アクションにつながるユーザーに絞り広告配信できます。

インプレッション課金型

インプレッション課金では、表示回数が最大になるように配信されるため、多くのユーザーに広告を見てもらえる可能性が高くなります。

クリック課金とは異なり、ユーザーのアクションに影響されないため、料金設定がしやすいのが特徴です。

インプレッション課金は表示回数により課金額が変わるため、一定の表示回数の中でクリック率が高くなるほど、単価は割安になります。

インストール課金型

アプリがインストールされるたびに課金が発生します。

インストール件数を増やすことを目的の場合に有効です。

例えば、10代向けアプリの広告配信であれば、通勤通学に合わせた時間帯限定配信によって、広告費用を抑え、高い費用対効果が得られるでしょう。

動画再生課金型

動画広告が再生された時のみ費用が発生します。

動画は画像に比べて伝達できる情報量が多いので、短い時間で商材の魅力が伝わるような内容に工夫することで、費用対効果の高い効果が期待できます。

エンゲージメント課金型

SNSで「フォロー」「シェア」「クリック」などの行動や、ディスプレイ広告上に「オンマウス」などの行動を行なった場合が課金対象となります。

課金されるタイミングが細分化されているので、狙った成果が得られた場合のみ料金を支払うことで無駄が少ないのがメリットです。

フォロワー課金型

広告経由でアカウントがフォローされた時に課金されます。

フォロワーの獲得以外では課金されませんが、フォロワーの獲得が少ない=想定エンゲージメント率が低い広告になると、その分、高い入札額の設定が必要になることもあるので注意が必要です。

フォロワー課金型を選択する場合は、自社のビジネスにフォロワーの増加がどう寄与するかなど、メリットを考えた上で運用することが重要です。

SNS広告で可能なターゲティング 

 


SNS広告の配信において、ターゲティングはとても重要です。

広告を出稿する前に、ターゲットが明確であればあるほど、高い費用対効果が得られる可能性が上がります。

ここでは、SNS広告の主要なターゲティング方法を2点紹介します。

基本情報(性別、年齢、地域)からのターゲティング

SNSに登録されている個人情報を元に広告を出す方法です。

この情報を使うことで、「関東在住の30代独身男性」や「40代既婚女性」のように、ユーザーの属性分けに基づいたターゲティングができます。

性別、年齢、地域からのターゲティングは基本的にどのSNSでも可能ですが、SNSごとにユーザーの年齢層が異なるので、どのSNSに広告を出稿するかを適切に判断しましょう。

興味関心に合わせたターゲティング

ユーザーが押した「いいね」や、投稿した内容・シェアした内容などに基づき、そのユーザーの興味・関心に刺さる広告を出すことができます。

ユーザーがすでに興味を持っていることに絞った広告をピンポイントで出せるため、高い成果が期待できるターゲティングといえるでしょう。

まとめ

本記事で解説した各社SNS広告の種類・メリット・課金形式について解説しました。

  • SNS広告は媒体ごとで課金形式、使用ユーザーの年齢層が異なる
  • 獲得したい顧客の年齢層や傾向により、SNS広告の種類を選ぶ
  • SNS広告を活用することで潜在顧客の獲得ができる
  • ターゲティングを適切に行うことで広告の費用対効果がUPする

SNS広告は適切に運用することで、高い費用対効果が期待できます。

Web集客を改善されたい方はぜひ検討してみてください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ