リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

リスティング広告のやり方ガイド!『7ステップ』で初心者でもすぐスタートできます

公開日:
更新日:
リスティング広告 やり方

リスティング広告を配信するまでには様々な工程があります。
私はこれまで100アカウント以上配信をしてきたこともあって、どんな工程があって何をしないといけないかわかりますが、はじめての方であれば見当もつかないのではないかと思います。

おそらくあなたもリスティング広告を配信したいけど、やり方がわからず悩んでいるのではないでしょうか?

結論、リスティング広告は下記7つ工程を踏むことで始められます。
配信するだけであれば省ける工程もありますが、問い合わせや商品購入などの成果のことを考えるとこれら工程が必要だと考えています。

リスティング広告の手順

リスティング広告の完全ガイドはコチラ⇩
【2023年最新版】リスティング広告とは?特徴や利用すべき状況などを解説

1.リスティング広告のやり方手順の全体像と配信に必要なもの

リスティング広告の手順

繰り返しになりますが、リスティング広告は上記の手順で配信できます。
はじめに重要なことをお伝えすると、リスティング広告で成果に繋げるためには思考に手を抜かないことです。配信までの工程は作業と思考に分かれますが、成果獲得に大きく起因するのは思考です。早く配信したい方もいるかと思いますが、思考する工程を飛ばさず進めてください。

なお配信するにはパソコン、広告をクリックした後に移動するWebページ、広告費が必要です。予め用意しておきましょう。それでは次から1つずつ工程を説明していきます。

  1. アカウントを開設する
  2. アカウント構成を考える
  3. 入稿する
  4. 広告審査が通ったか確認する
  5. 成果計測タグを設置して計測設定をする
  6. アカウントに広告費を入金する
  7. 配信設定をオンにする
  8. 配信開始!

1-1. アカウントを開設する

Yahoo!広告・Google広告

はじめにリスティング広告のアカウントを開設します。Yahoo!広告とGoogle広告の2種類がありますので、希望のアカウントを開設しましょう。かなりざっくりですが、女性を狙う場合はYahoo!広告、男性を狙う場合はGoogle広告がおすすめです。

両方開設してもOKですが、やる作業が多くなりますので初心者の方は、まずはどちらか1つだけにしたほうがよいでしょう!下記ページをクリックして画面説明に沿って進めてください。

Google広告アカウント開設ページ

Yahoo!広告アカウント開設ページ

Yahoo!広告は女性、Google広告は男性の利用率が高いです。年齢によって利用率は異なりますので、ターゲットユーザーの性別と年齢を照らし合わせて、どちらの媒体を選択すべきか確認してみてください。検索サイトの男女比引用:Yahoo!派?Google派?検索サイト利用実態レポート

1-2. アカウント構成を考える

アカウント構成

次にリスティング広告のアカウント構成を考えます。簡単に説明すると、リスティング広告の設計図を作る作業です。

この工程はとても重要です!なぜならここで的を外れの設計をしてしまうと、配信した後どれだけ細かく調整しても成果に繋がらない恐れがあるからです。時間を確保してしっかり考えて行いましょう!

飛ばしてすぐに入稿作業に移ることもできますが、設定すべきキーワードや構造に不備が発生する可能性が高くなるため、初心者にはおすすめできません。下記2つの順番で進めてください。

①リスティング広告のターゲットユーザーと自社の強みを把握する

ターゲティングの考え方

リスティング広告で狙うユーザーと自社の強みを文章に起こしましょう。次の工程で設定すべきキーワードや広告文で訴求すべき内容を明確にするため、文章化することをおすすめします。

合わせてリスティング広告での問い合わせや商品購入などの目標を数値で決められるようであれば決めておきましょう。配信開始した後の調整時に役立ちます。

②キャンペーン構成~広告文・キーワードをエクセルに書き起こす

キャンペーン構成や広告文の作成方法リスティング広告のアカウントはキャンペーン~広告・キーワードを管理する構造になっています。これらをどう設計すればターゲットユーザーに効率よく配信でき、問い合わせや商品購入に繋げられるか考えてエクセルで設計図を作成していきます。

重要なポイントは、①の工程で定義したターゲットが検索するキーワード設定と、自社の強みを盛り込んだ広告文を作成をすることです。ちなみに弊社ではお客様に配信内容を確認していただく目的もあり、設計図を共有して説明しています。

お持ちのパソコンにエクセルが入っていない場合は、無料で利用できるGoogleスプレッドシートを使ってみてください。

1-3. 入稿する

エクセルに書き起こしたアカウント構成をアカウントに入稿します。まずは管理画面から入稿してみましょう。作業に慣れてきたら手間を省くためにエディターというツールを使うことをおすすめします。下記からエディターをダウンロードしてご利用ください。

Yahoo!検索広告キャンペーンエディター

Yahoo!ディスプレイ広告キャンペーンエディター

Google広告エディター

1-4. 広告審査が通ったか確認する

入稿したら広告審査が通ったか確認しましょう。設定した広告のリンク先ページや広告文の表現が媒体が定めているルールに反していると、審査落ちして広告配信不可となります。審査が通ったか確認する方法は次の通りです。

Yahoo!広告の審査状況が確認できる箇所

広告タブの審査状況が承認済みになっていれば審査通過しています。落ちている場合は、吹き出しをクリックして審査落ち理由を確認の上、修正しましょう。

Yahoo!広告の審査状況

Google広告の審査状況が確認できる箇所

Google広告も同じく広告タブのステータス列を確認しましょう。承認済みになっていれば審査通過しています。

Google広告の審査状況

審査状況やステータスの項目が表示されていない場合は表示項目を切り替えボタンから追加しましょう。

1-5. 成果計測タグを設置して計測設定をする

次に問い合わせや商品購入など、リスティング広告経由で発生した成果を確認するために、成果計測タグをWebサイトに設置して計測設定をします。設置方法や計測設定の説明は割愛しますが以下のタグ設置が必要です。

Yahoo!広告の成果計測タグ

  • サイトジェネラルタグ
  • コンバージョン測定タグ

Google広告の成果計測タグ

  • グローバルサイトタグ
  • イベントスニペットタグ

1-6. アカウントに広告費を入金をする

成果計測用のタグを設置と計測設定が完了したらアカウントに広告費を入金します。Yahoo!広告は銀行振り込みかクレジットカード。Google広告はクレジットカードまたは請求書支払いが可能です。支払い方法の詳細は下記をご覧ください。

Yahoo!広告 お支払い方法と入金手順

Google広告 ご利用可能なお支払い方法

なお必要な予算の求め方はリスティング広告の費用相場と目標達成に必要な適性予算の決め方の記事で解説しています。合わせて見てみてください。

1-7. 配信設定をオンにする

最後にキャンペーン、広告グループ、広告、キーワードの配信設定オンにすれば配信が開始されます!

2.リスティング広告が掲載される場所

まずはじめに、リスティング広告が掲載される場所を紹介します。リスティング広告は下記赤枠のように検索エンジン(Yahoo!、Google)の検索結果に表示されます。「広告」のマークが目印です。

リスティング広告の検索結果画面

3. リスティング広告で必要な予算について

ここからはリスティング広告の費用について深堀りして解説していきます。

リスティング広告が成果獲得に有効的なことがわかったけど、かかる費用が心配..という方は多いかと思いますので、参考にして頂ければ幸いです。

費用の相場は月額約20万円

リスティング広告の予算帯

運用中の弊社の案件データからお伝えすると、リスティング広告の費用相場は月額20万円です。
いくら予算を用意しようか迷われているのであれば、まず月額20万円からはじめて頂くことをおすすめします!

弊社が「少額案件に強い代理店」と謳っていることも関係はしていますが、月額予算が20万円以下の案件が60%近くを占めている状況です。クライアント総数は数千件に及びますので、絶対値として相当数の運用実績がございます。

ちなみに月額広告費1万円で運用をおまかせ頂いている案件もあるため、必ずしも20万円が必要というわけではありません。あくまでもリスティング広告にかかる費用のアタリをつけるための参考にしてくださいませ。

リスティング広告にかかる費用の詳細は下記記事で解説しています。合わせて確認してみてください。リスティング広告の費用相場と目標達成に必要な適性予算の決め方

4. リスティング広告の費用の仕組み

まず、リスティング広告の費用が決まる仕組みについてですが、リスティング広告の費用を決める仕組みには「クリック課金制」と「入札制オークション」の2つの仕組みで決まります。
それぞれの仕組みについて解説します。

4-1.クリック課金制

リスティング広告はクリックされる時に費用が発生するクリック課金制です。
広告が検索結果に表示されるだけでは費用はかかりません。

上述したように設定するキーワードは、下記の入札制オークションよってクリック単価が異なってきます。

4-2.入札制オークション

クリック単価はオークションによって決まります。オークションとは入札するユーザーが価格を釣り上げながら、最終的に最も高い価格を提示した人に落札される方式です。身近な例だとヤフーオークションをイメージするとわかりやすいと思います。

リスティング広告では広告主が「このキーワードのクリック単価はこれくらい支払う」という形で「入札価格」を設定することで、同様に入札したユーザーたちとオークションが実施されます。オークションの結果、広告の掲載順位とクリック単価が決まります。

オークション制のため、多くのユーザーが入札するキーワードや、売り上げに繋がりやすいクリック単価を高くしても採算が取れるキーワードは、クリック単価が高くなる傾向があります。

クリック単価が決まる仕組みの詳細については【2023年度最新版】リスティング広告のクリック単価計算を解説をご覧ください。

5.リスティング広告を配信した後は運用を行いましょう!

これでリスティング広告の配信はスタートしますが、問い合わせや商品購入を獲得するためには配信した後の「運用」が大切です。配信開始しても運用を怠ると成果の獲得には繋がりにくいです。

リスティング広告の運用を細分化すると管理と改善の下記2つのカテゴリに分けられます。運用ですべきことを知りたい方は下記の記事をご覧ください。

リスティング広告の運用とは?やるべき2つの作業を解説

6.リスティング広告の運用のコツ5つ

ここからはリスティング広告を運用する際のコツをお伝えします。

簡潔に言うと、リスティング広告で効果を最大化するために重要なことは「成果に繋がらない箇所へ配信を極力しないこと」です。

広告予算には限りがあることが殆どであるため、予算を極力成果の繋がる箇所のみに配信することで、リスティング広告の効果は最大化されるといえます。

具体的に押さえるべきポイントは下記5つです。

コンバージョン計測測定は必ずしよう
リスティング広告はコンバージョン計測設定をしないと、問い合わせ数、商品が売れた数などの成果を計れません。配信する場合は必ずコンバージョン計測設定をしましょう。
*コンバージョンとは簡単に説明すると「リスティング広告配信で求める成果」のことです。
問い合わせ、商品購入がコンバージョンとしてみなされることが多いです。

6-1. コンバージョンの見込みが高いキーワードを優先して配信する

コンバージョン見込みが高いキーワードの図

リスティング広告の効果を最大化するために最も重要なことは、自社商品の購買に繋がるユーザーが検索する、コンバージョンの見込みが高いキーワードを優先して配信することです。予算に限りがある状態でコンバージョンに繋がりにくいキーワードを配信すると、効果は半減してしまいます。

リスティング広告の運用代行を自社サービスとした場合「リスティング広告 代行」「リスティング広告 配信」などがコンバージョン見込みが高いキーワードに該当します。

また少し専門的な話になりますが、キーワード、広告を管理するキャンペーンを分けすぎないようにするなどのテクニックも駆使できるとよいでしょう。

6-2. 配信エリアをむやみに増やさない

問い合わせ、商品購入されるエリアに偏りがある場合はむやみに配信エリアを増やすべきではありません。

限られた予算をコンバージョンの見込みの高いエリアに配信することが効果の最大化に繋がります。

例えば愛知県、三重県、岐阜県が商圏としたとして、問い合わせの8割が愛知県から来る場合は、愛知県だけに配信したほうがリスティング広告の効果は最大化されるでしょう。

配信エリア毎に入札調整などの微調整ができれば成果に繋がりにくいエリアに配信しても問題はありませんが、リスティング広告の運用に慣れていない場合、むやみに配信エリアを増やすことはおすすめできません。

6-3. コンバージョンに繋がらない語句を除外キーワード登録する

商品購入、問い合わせなどコンバージョンに繋がらないユーザーが検索する語句は除外キーワード登録をしましょう。除外登録することで、指定の成果に繋がらないキーワードで検索された時に広告が表示されなくなり、費用対効果が上がります。

リスティング広告の運用代行だけをサービスとしていた場合、SNS広告、Twitter広告、Facebook広告などが除外キーワード候補に挙がります。

成果に繋がるユーザーからのクリックを注力して集め、効果を最大化するためにも除外キーワード登録は重要です。

※検索クエリを確認することでどのような語句で広告がクリックされているか確認できます。

6-4. 広告文をキーワードと関連性を持たせる

詳細説明は割愛しますが、広告文とキーワードに関連性を持たせることでクリック単価が安くなり、費用対効果が高くなる可能性が増します。より具体的言うと、広告がクリックされる確率が高くなるように設定をするということです。

クリック率を上げるテクニックは多岐にわたりますが、まずは配信するキーワードを広告文の見出しに入れることをオススメします。

見出しにキーワードを入れることで、検索した情報と関連のある広告であることがパッとわかるようになるためクリック率が上がることが多いです。

「リスティング 運用代行」というキーワードを配信するのであれば、広告の見出しに「リスティング広告の運用代行なら〜」のような文字を入れるようなイメージです。

6-5. ランディングページの改善を行う

広告をクリックしたあとに表示するランディングページに問題がある場合、改善することでリスティング広告の効果は大きくなります。

商品がほしいユーザーを送客できても受け皿であるランディングページに問題があっては、リスティング広告の効果は半減してしまいます。

極端な例ですが問い合わせページの入力必須項目が何百個もあったらほとんどの人は問い合わせしないですよね。

ユーザーの気持ちになって、商品購入の障壁になっている部分がないか確認して改善していきましょう。下記のようなポイントは要チェックです。

  • 商品の価格が明記されているか
  • 他社商品との違いが明確か
  • 商品、サービスの内容が理解できるか
  • 問い合わせの入力項目は多すぎないか

7.オーガニック検索(自然検索)とリスティング広告の違い

リスティング広告の検索結果画面

リスティング広告と似ている上図青枠部分の「オーガニック検索(自然検索)」というものがあります。(「広告」の文字がない場合、オーガニック検索で表示されています)

オーガニック検索はリスティング広告と同じく検索結果に表示されますが、大きな違いはクリックされても課金されないことです。リスティング広告はクリックされる度に課金されますが、オーガニック検索はどれだけクリックされても課金はされません。

ただし、オーガニック検索はリスティング広告と異なり意図的に表示させることは難しく、上位掲載するのに時間もかかります。(SEOという対策が必要です)すぐにWebサイトへアクセスを集めたいのであればリスティング広告の配信をおすすめします。

さいごに. リスティング広告の配信と運用は代理店に任せるのも手

リスティング広告をどうやってはじめたらいいかわからない。運用のやり方がわからないなどのお悩みをお持ちでしたらぜひ弊社までご連絡ください。初期費用完全無料、月額3万円からリスティング広告の運用代行を承ります!

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

WEB広告(リスティング広告・ディスプレイ広告・SNS広告)・SEO・データ分析・SNS運用など、WEBマーケティングに精通したメンバーが執筆。

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!

同じカテゴリの最近の記事