リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

2018/06/12

ビジネスパーソン向けオススメランチ


こんにちは。
最近インスタでジェニみが深いストーリー投稿を練習している営業マン北野です。
今回は、一部マニアから熱烈な好評と支持をいただいている営業マンランチネタ第三弾をお送りいたします。
【参考】
第一弾:午後イチ商談に響かない営業マンランチ考察(外食縛り編)
第二弾:【営業マン向け】健康的なおすすめランチ【女性目線】

本記事のランチ選考基準

今回は第一弾記事と第二弾記事の選考基準をすべて合体し、

  • 午後イチ商談に響かない(眠くならない、苦しくならない)
  • 健康度
  • 入りやすさ
  • コスト
  • スピード

に加え、

  • 年に1度の健康診断で要再検査勧告を受けるリスクも軽減できそう

という点も考慮してジャッジしました!
営業マンは身体が資本ですので。。。

さて、そんな数々の条件をクリアできる夢の食べ物なんてこの世に存在するのでしょうか?

はい、ありました!
晴れて初代王者に輝いた食品・・・それは

初代王者ランチ:お蕎麦

第1弾記事と同じく、お蕎麦が最強の営業マンランチに選ばれました。
おめでとうございます!

1位に輝いた理由として、第1弾記事でも触れられていた血糖値上昇速度(GI値)が低いというのもあるのですが、このお蕎麦っていう食べ物は調べてみると栄養素が非常に優れているんですね。

以下、簡単に栄養素を紹介していきます。

ルチン

お蕎麦といえばルチン、ルチンといえばお蕎麦と言われるほどお蕎麦の代表格的な栄養素です。
ルチンはビタミンに似た働きがあり、ポリフェノールの柑橘フラボノイド配糖体の一種です。

効能については薬機の関係から詳しく書けませんが、血管などに良い作用がありそうな噂を聞いたことがあります。

コリン

コリンはビタミンB群の仲間で、飲酒好きな方に向いてると言われている栄養素です。

効能については薬機の関係から詳しく書けませんが、肝臓に良い作用がありそうな噂を聞いたことがあります。

ルチン&コリン

効能については薬機の関係から詳しく書けませんが、記憶力など頭脳系に良い作用がありそうな噂を聞いたことがあります。

ビタミンB1、B2、B6

白米と比べてB1は4倍、B2は5倍、B6は3倍も含まれているそうです。

効能については薬機の関係から詳しく書けませんが、ビタミンは身体に良い作用がありそうな噂を聞いたことがあります。

ビタミンE

日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、α-トコフェロール量(mg)をビタミンE
と呼んでいます。

効能については薬機の関係から詳しく書けませんが、健康診断でLDL(悪玉コレステロール)が指摘された方から人気の栄養素だという噂を聞いたことがあります。

リジン

人間の生命維持や成長に不可欠な必須アミノ酸です。

成長や修復に必要な栄養素と言われており、効能については薬機の関係から詳しく書けませんが、髪の毛が抜ける系コンプレックスの方から人気の栄養素だという噂を聞いたことがあります。

身体に良さそうだという事は分かった

いかがでしょうか?

効能については科学的根拠に触れられるほどの知見は持ち合わせておりませんが、
お蕎麦ってスーパーフードだったんですね!

さて、では次に気になることとして、どこでお蕎麦を食うべきなのか!?
晴れて初代王者に輝いたお蕎麦のお店は・・・

初代王者のお蕎麦屋さん:ゆで太郎

お蕎麦屋さんの初代チャンピオン(自分調べ・自分選出)はゆで太郎が選ばれました。
おめでとうございます!

ここまでの記事内容だと広告会社のスタッフブログという立場上問題がありましたので、
マーケティングに携わる者目線にて個人的1位に輝いた強みをご紹介します。

【参考】マーケティング目線の参考となる弊社過去記事

USPその1:「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」

ゆで太郎社が「三タテ」と呼んでいるこだわりです。

特に「打ちたて」については競合他社に対して大きな競争優位性となっており、
毎日店舗で粉から製麺し、注文されてから茹でているため、いわゆる麺の

「茹で置き」を行っていません。

これは立ち食い蕎麦業界では圧倒的強みになりますね。

USPその2:そば粉比率

立ち食い蕎麦チェーンでお蕎麦を食べた時、やたらと白い麺&香りの無さから

「これは細いうどんか!?」

と感じたことはありませんか?

というのも、市販のお蕎麦では生麺、乾麺などの公正競争規約やJAS規格によって、そば粉が30%以上使われていない場合にはそば粉の使用割合を表示することが義務づけられていたり、そもそも「そば」と表示できない場合があったりなどの制約があるのですが、外食店にはそれらがありません。

その緩さ故か、そば粉1~2割、小麦粉8~9割のチェーン店が結構な数で存在しているようです。
(公式情報としては各社社外秘であるため各お店の比率は不明)

そういった中で神立ち食い蕎麦屋さんであるゆで太郎社では、テレビ番組にて社長が「そば粉55%」を公言しており、立ち食い蕎麦チェーンファンとしては諦めかけていた、本当に蕎麦の味、香りが楽しめるというわけです。

これも強烈な強みですね。

【情報元】:TBSがっちりマンデー過去の放送内容

USPその3:売上

意識高い営業マンであれば各種書籍やセミナーにて、商談を成功させる説得力要素として
○○性や、○○の法則などの商談成約を左右する要素を学習する機会があるかと思いますが、
その中に「権威性」や「希少性」などに並ぶ重大要素、「社会的証明」という要素があります。

売上という情報は社会的証明として重要な説得材料になるのです

そして見てくださいこのグラフ!


ここ数年のゆで太郎社の売上の伸びが凄まじいものがあります。
こんなに売れているのであればなんかもう、食べなくても美味しい予感やコスパ良かったりする秘密があるんだろうねって信じてしまいます。

少なくとも私は信じました!
そして食べました!
結果、美味しかったです!

【売上情報元】http://yudetaro.jp/company/company/index02.html

まとめ

いかがでしょうか。お蕎麦食べたくなってきましたか?

企業の健康診断は春~夏に集中していますので、良い検査結果を狙っているビジネスパーソンはそろそろお蕎麦などで健康診断数値改善の対策を立てましょう。

身体は資本です!

注意書き

弊社も私もゆで太郎さんからおカネなどいただいておりません。本記事は個人の感想です。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ