リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

見える!運用者が知っておきたい3つのFUNNEL


こんにちは。
最近、意識の高い記事を書いていたところ、ニュータイプに覚醒した鈴木です。
ニュータイプといえば、何を思い浮かべますか・・・?

アラサー・アラフォー男性運用者「そらファンネルですよ」
※某有名アニメ ガ○ダムでア○ロ等が使っている武器

そう、今回は運用者として押さえておきたい3つの「FUNNEL」についてご紹介します。

#意識高い

※意識高い系の過去記事はこちら
※業界用語の初級編過去記事はこちら

FUNNEL?

まずはファンネルの意味から。

Funnel(ファンネル、ファネル)
「漏斗(ろうと、じょうご)」(容器に液体を注ぐための壺状もしくは円錐形の道具)の意。
出典:Wikipedia

小・中学時代の理科の授業に出てきた気がします。
運用者が携わるマーケティングにも、この言葉があるのはご存知でしょうか。
なんというか、カタチが重要です。それでは順にご紹介していきます。

FUNNEL 1:サーチファンネル

まずは馴染み深いところでこちら。
過去、サーチファンネル機能と言われていたものをご存知でしょうか。
AdWordsにおいては「サーチファンネル=検索ユーザーの行動経路」を表します。
現在のβ版画面ですと「検索アトリビューション」という項目にアップデートされています。


※2015年にアップデート、以下当時の公式ブログリンク(英語です)
Search Funnels are now “Attribution” in AdWords
アトリビューションについては、弊社過去記事もたくさんございますため割愛します。
とても便利な機能ですよね。
こちらを把握すると、ラストクリックコンバージョンを重視するだけでない新たな視点が生まれ・・・
運用者としてステップアップできる気がします。

FUNNEL 2:マーケティングにおけるファネル

マーケティングにおけるファンネルとは・・・ひとことで言いますと
「見込み顧客が認知~購入に至るまでの過程を、漏斗のカタチに例えたもの」になります。

図にすると、こういうイメージです。
漏斗のように、下にいくほど細くなる=母数が小さくなります。
多くの場合、この3つのファネルに分けてアプローチを考えれば、ユーザー心理にマッチした訴求が出来ると言われております。
とても興味深い公式の事例記事もありますので、こちらもご覧下さい。
この事例のように、それぞれのシーンにマッチした手法で成果を出していきたいですね!!

FUNNEL 3:フルファネル(パーチェス&インフルエンス)

ファネルの概念は、2で紹介したものが基本形ですが・・・
広告マンなら聞いたことのある概念を更に細分化し、発展させたものも存在します。

  • パーチェスファネル
    AIDMAの法則の発展形で、購入までの法則を表したもの
  • インフルエンスファネル
    パーチェスファネルに対して、こちらはAISASを表したもの
    購入後のShare(共有・拡散)の部分にフォーカスしている

この2つを包括的に考えるマーケティング概念が「フルファネル」になります。
細分化することで、どの段階でつまづいているかが分かりやすくなり、取るべき方向性が明確になりやすいメリットがあります。
ちゃんとした要因分析のできる運用者になりたいですね。

まとめ

いかがでしょうか。
某アニメでも驚くべき戦果を挙げていたファンネルですが・・・
この概念を知ることで、運用者にとっても強い武器になると思います。
新たな武器を携え、さながらニュータイプのように、人の思念を感じとりながら・・・
シーン毎に要因を正しく捉え、改善に繋げられる運用者を目指して邁進しましょう!

私「業界用語 知って得する 運用担当(字余り)」
※少し前にホットだったムーブメント 運用担当者死亡かるたの記事はこちら

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。



無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ