リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

STP分析とは?3つの要素ごとに特徴を解説

今回は、STP分析の特徴についてご紹介します。新規で商品・サービスを展開する際には、あらゆる角度から分析を行いますが、自社の新商品やサービスがどの市場で戦えて、どのような価値を提供できるかの指標を分析する手法がSTP分析です。

マーケティングの基礎として押えておくとよいものになりますので、ぜひご参考になさってください。

STP分析とは

STP分析とは、セグメンテーション(Segmentation)、ターゲティング(Targeting)、ポジショニング(Positioning)の頭文字から名付けられた分析法のことです。

STP分析を活用することで、自社製品やサービスを細かく分析し、改めて強みを確認することで、自社がどの市場で、どのような価値提供をしていくかを決める指標となります。

STP分析の3つの要素

・セグメンテーション(Segmentation):市場を細分化して、市場の差全体像を把握する

・ターゲティング(Targeting):ターゲットを明確にする

・ポジショニング(Positioning):自社の立ち位置を明確にする

STP分析のステップ

STP分析の手順について、セグメンテーション(Segmentation)、ターゲティング(Targeting)、ポジショニング(Positioning)の要素ごとにご紹介します。

セグメンテーション(Segmentation)

セグメンテーションでは、数値的なデータを元にして市場を細分化していきます。

細分化は、以下の4項目で分類されます。

・ 地理的変数 : 国・都道府県・気候など

・ 人口動態変数 : 性別・年齢・家族構成・職業など

・ 心理的変数 : ライフスタイル・性格、興味・関心など

・ 行動変数 : 購買状況・製品に対する知識・購買パターンなど

ターゲティング(Targeting)

ターゲティングでは、セグメテーションで細分化した市場の中で、どこを狙うべきかを決めていきます。

自社の商品やサービスのコンセプトや価格などから、どこが標的市場となるかを見極めていき、自社の商品やサービスが戦える市場や対象をより絞り込んでいきます。

ポジショニング(Positioning)

ポジショニングでは、競合他社と自社を比較して分析します。市場での自社の立ち位置を明確にし、優位なポジションを見つけていきます。

その際に、顧客目線に立ち、自社の商品やサービスについて考えていきましょう。

まとめ

今回は、STP分析の特徴についてご紹介しました。STP分析では、自社の新規商品やサービスに関して、データに基づいた分析を行うことで、戦える市場を明確にしていきます。

市場の中での自社の立ち位置を把握し、自社の強みを活かした戦略を立てるのに最適な分析方法といえるでしょう。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ