リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

コンバージョン率とは?平均値や計算方法、改善する方法を解説

コンバージョン率とはWebサイトに訪れたユーザーが目標としている行動(コンバージョン)に至る確率のことです。英語だとConversion Rateに略されるため、CVR(シーブイアール)とも呼ばれています。

コンバージョンを増やすためには流入数かコンバージョン率の改善が必要なため、成果を増やす上で絶対に確認すべき指標です。

この記事ではコンバージョン率について解説していきます。

コンバージョンの定義は様々ですが、一般的に問い合わせや商品購入を設定することが多いです。

弊社案件のコンバージョン率の平均値は1.55%

少し前のデータになりますが、弊社で運用しているリスティング広告(検索広告)案件の9年間のコンバージョン率は1.55%でした。Google広告だけのデータかつ業種もコンバージョン地点も様々ですが、参考にしていただけると幸いです。

リスティング広告の配信を検討中で、自社サイトのコンバージョン率がわからない場合は1.55%と仮定してみてください。

データの詳細を確認したい場合は下記記事をご覧ください。

【Google AdWords】リスティングの平均CTR、平均CVRはどれくらい?

コンバージョン率の計算方法

コンバージョン率はコンバージョン数÷サイト訪問数×100で計算できます。
例えば100人のユーザーがWebサイトに流入して、1人が問い合わせするのであればコンバージョン率は1%になります。

【計算式】
1÷100×100=1%

コンバージョン率の改善方法

コンバージョン率を改善する方法は大きく2つです。

  1. コンバージョン見込みの高いユーザーの流入を増やす
  2. コンバージョンしやすいサイト構成にする

リスティング広告運用に限った話であれば、コントロールしやすい且つすぐに実施できる1から実施していきましょう!

コンバージョン見込みの高いユーザーの流入を増やす

サイトに流入するユーザーの質を上げる対策です。配信するキーワードや広告文を調整して自社の商材を求めているユーザーが流入するように調整します。

広告運用であれば下記のような対策をすることになります。

  • キーワードを追加・削除
  • 広告文の変更
  • 除外キーワードの登録

コンバージョンしやすいサイト構成にする

上記を実施した後に、サイト構成をコンバージョンしやすい作りに修正していきます。これをすればいい!という正解はありませんが、一般的に下記のような対策を行います。

  • ファーストビューでニーズが解決できることを明示する
  • ファーストビューにCTAを設置する
  • 事例を追加する
  • フォームの入力項目を削る

まとめ

コンバージョン率とはWebサイトに訪れたユーザーが目標としている行動(コンバージョン)に至る確率のことです。コンバージョンの定義は様々ですが、一般的に問い合わせや商品購入を設定することが多いです。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ