リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【Yahoo!SS】検索結果右側の広告廃止による状況確認

%ef%bc%96

最近、弊社で配信している動画広告のナレーターになりました竹内です。
※リスティング運用者です。

約1ヶ月前にYahoo!検索結果画面の右側も広告が出なくなる仕様変更がありましたね。
※大体10月20~21日ぐらい。

■【参考】Google変更時の記事
【Google AdWords】検索結果右側の広告廃止(まとめ)

Googleの時は、それほど影響がなかったのですがYahoo!はどうだろう?ということで幾つか案件を調べてみました。

結果Google同様、Yahoo!もそれほど影響がなかったのですがいくつか不思議な動作をした案件がございましたのでご紹介致します。

影響?

クリック単価の増減やキーワード追加などがほぼない状態という前提の内容になります。

不思議な動作その1

業種:接骨院

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88

クリック単価下がる、掲載順位上がる、表示回数増加、クリック率上昇、クリック数増加。

検索順位が上がる→表示回数が増える・クリック率が上昇する→クリック数も増加することまではわかりますが、クリック単価がなぜ下がり下がっているのに掲載順位がなぜ上昇しているのかが謎です。

考えられるのは、クエリの変化ですが特に変化は見られず・・・。

他で考えつくのは品質の変化及び競合の出稿状況ですが1ヶ月前だとそれもわからずと言った感じでした。

※謎解き中

不思議な動作その2

業種:通販

%e6%9d%be%e4%ba%95

クリック単価下がる、掲載順位下がる、表示回数が減少、クリック率上昇、クリック数変化なし?

クリック単価下がる→掲載順位が下がる→表示回数が減少は結び付きますが、なぜCPC減少が減少したのか?掲載順位が下がっているのにクリック率が上がったのはなぜなのか?が謎です。

こちらもクエリの変化と品質を疑いましたが、クエリに変化は見られず品質が良くなっているなら掲載順位が上がるでしょうし・・・。

※謎解き中

まとめ

結論としては、冒頭で上げたように9.5割くらいは影響がないように見えました。

ただ一部不思議な動作をしているので、一度ご自分のアカウントを確認してみるといいかもしれません。

ちなみに、5~6位くらいの掲載順位のアカウントは検索結果画面の下部に出る影響でクリック率が下がっている傾向が見られましたので対策は必要だと感じます!

ではでは(`・ω・́)ノシ



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック