リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google広告完全対応|東京・大阪・名古屋

2018/12/05

【ネタ】プラレールがハッピーセットのオマケに!プロモーションとして芸術的すぎる件。


今年もいよいよ残り1カ月を切りました。2018年も振り返ってみればいろいろありましたね。平成最後の師走をいかがお過ごしでしょうか?営業部の山方です。

そんな慌ただしくもある今日この頃、私の心を奪って止まないのがプラレールがハッピーセットのオマケとしてついてくるプロモーションについて「個人的にやられた、鮮やかすぎる!」と思ったことについて書き進めたいと思います。(完全に個人の趣味が色濃く出ておりますがどうかお気になさらず最後までお付き合い下さい)

ハッピーセットとプラレールについて

ハッピーセットとはもちろん、あのマクドナルドの子供向けセットの事です。うちの2歳になったばっかりの子供たちはマクドナルドのポテトとプチパンケーキが大好きです。どれくらい好きかというとマクドナルドの包装紙を見たら自分で食事の際に使う椅子とテーブルを出しながら「ダイジ、ダイジ」といいます(ダイジとは一般的な言葉で「ちょうだい」という意味で使っているようです)

そんな大好きなハッピーセット(460円)についてくるオマケが今回プラレールになっていました。プラレールとはタカラトミーが販売する青いプラスチックの線路を繋げ、お気に入りの鉄道車両を走らせるおもちゃのことで1959年から販売されているロングセラー商品です。私も小さい頃よく遊んでいました。

ハッピーセットとプラレールのコラボレーション企画なんてそりゃ最強に決まってますよ。私が検索で調べる限り2010年ぐらいから行われているようです。(もっと前からやってるかもしれません)

このキャンペーンがこれまた鮮やかなのです。

キャンペーン概要

まず何が凄いかお話しする前にキャンペーン概要をまとめます。

第一弾

キャンペーン期間

2018年11月16日(金)~2018年11月29日(木)までの2週間

種類

  • 923型ドクターイエロー
  • 500系新幹線
  • C56 160号機 SL北びわこ号
  • 富士急行8500系 富士山ビュー特急

の4種類でそれぞれ光ったり、音が出たりと+αの仕掛けが用意されています。電車に興味がないお子様でも楽しめる仕様になっております。

バズるための仕掛け

  • 2018年11月17日(土)、18日(日)の2日限定でスペシャルDVDが貰える。
  • DVDに引換券がついており、プラレール購入時(2,500円以上)に提示すると「テリヤキハンバーガートンネル」が貰える。

第二弾

キャンペーン期間

2018年11月30日(金)~2018年12月13日(木)までの2週間

種類

  • パンダくろしお「Smileアドベンチャートレイン」
  • E6系新幹線こまち
  • E3系2000番代新幹線つばさ
  • JR四国8600系

と同じく4種類でそれぞれ第一弾と同様に何らかの仕掛けがついています。

バズるための仕掛け

  • 上記とは別に1種類シークレット車輌がある

詳しくは下記リンクをご確認下さい。
ハッピーセットの詳細

私が思うここが凄い点

私はこの一連のプロモーションに「あっぱれ!」を送りたいです。下記5点が素晴らしい。

情報が拡散するための仕掛け

TwitterなどSNSで情報が拡散しやすいよう各所に工夫がされておりました。(プラレールが好きすぎるため一部に私の思い込みもあるかもしれません’笑)

キャンペーンスタートした最初の土日にDVD配布

DVDプレゼントについてマクドナルドの公式Twitterアカウント(@McDonaldsJapan)でツイートされたのは配布当日の土日2回のみ、マクドナルド側からの積極的な情報発信はなかったためか「たまたまハッピーセット買ったらプラレールのDVDがついてきた」という内容も多く見受けられました。DVD配布について知ってたユーザーからの「欲しかったDVD無事ゲット!」というツイートもありました。またDVDに引換券がついている「テリヤキハンバーガートンネル」についての情報などが多くツイートされていました。

第二弾でシークレット車輌が登場

第二弾もしっかり工夫されております。あえて1つ車輌をシークレットにすることで

「シークレット車種は〇〇でした!!」という内容や
「パッケージの識別番号は〇〇です」などといった情報が多くツイートされていました。

というふうに第一弾、第二弾それぞれに盛り上がる仕掛けが設けてあったようです。

もちろん小さな盛り上がりもちらほら

大きい山場としては上記の2つですが、「ドクターイエローと交換して下さい(第一弾)」とか「パンダくろしお可愛いから交換して(第二弾)」といった車両ネタから「品切れで子供が泣いていると店員のお姉さんがディスプレイされていた見本をくれた」などの感動エピソードまで本キャンペーンに関連するネタがチラホラ見受けられました。

面白いのはマクドナルドの公式Twitterアカウント(@McDonaldsJapan)での事前告知は12日(月)、13日(火)、15日(木)にそれぞれ1回ずつツイートしたのみです。あえて大々的に発信しなかったから知らなかったユーザーからの驚きのツイートなども散見されたのかもしれませんね。

プラレールの新規ユーザー獲得のための工夫

本施策は今までプラレールに触れることがなかった新規ユーザーに対してもとっつきやすいキャンペーンだったと思います。なぜなら車輌の種類が電車に詳しくない子供でもわかるような新幹線(ドクターイエロー)や蒸気機関車などを選定しています。とくに第一弾はその傾向が色濃く出ています。逆に第二弾はどちらかというと少しマニアックな車輌が多い印象です。

プラレールの休眠ユーザー掘り起こしも兼ねている

本施策は既存ユーザーで最近あまり遊んでなかった休眠ユーザーの掘り起こしを兼ねているのではと思いました。理由はテリヤキハンバーガートンネルの引き換え条件が2,500円以上に設定されているからです。新規ユーザーの場合、エントリーモデルとしてはレールと車体がセットになった「N700A新幹線ベーシックセット」になりますが、メーカー希望小売価格は3,500円となっています。2,500円以上の条件を満たすためには車両(2,200円)+αでレール部品を購入すれば条件クリアとなる金額です。この価格設定は既存ユーザーには嬉しいです。あまりも設定金額が低すぎるとテリヤキハンバーガトンネルがすぐなくなっちゃいますし...設定金額が絶妙です。

施策時期が絶妙

年末の子供たちのイベントといえばそうクリスマスです。サンタにプラレール頼もう!という気持ちも喚起されますし、正月は親戚が集まり、じーじにおねだりといったシチュエーションも想定されます。また関西に限ったことですがプラレール博inOSAKAが2019年1月1日より開催されます。

つまりプラレールの興味喚起から商品購入までの導線がしっかり組み立てられているわけです。ハッピーセットでおもちゃゲットし商品認知し、付属のDVDを見て興味喚起され、テリヤキハンバーガートンネルを貰うためにクリスマス前に購入、クリスマスを逃しても正月のプラレール博に来場し欲しくなり購入。

頭の中で一連の流れが浮かんだときに私の頭の中で「線路は続くよどこまでも♪」が流れたのは言うまでもありません。ホントお見事です。

マクドナルドとプラレール双方にメリットがある、まさにWin-Win

もちろんマクドナルドにもメリットありますよね。普段あまりマクドナルドを利用しないプラレール愛好家からの商品購入が見込めます。2児の父である私は12/5現在、本キャンペーン期間中にハッピーセットを6セット買いました。もちろん私と奥さんが食べるものもプラスで購入しますし。まさにWin-Win!素晴らしいプロモーションだと思います。

まとめ

プラレールは私が物心ついたときから既にあり100系新幹線でよく遊んでいました。昔からヒットしているおもちゃだからこそCMなどを普段から流し続けても真新しさがなく飽きられるかもしれません。しかし今回のようにここ一番の勝負どころでキャンペーン施策を行えばかなりプロモーションとして効果的なのかなと思いました。しかも毎年の恒例キャンペーンということで定期的にファンとの接点を設けることにもなりますし、ロングセラーには商品そのものの良さもありますが、風化しないためにプロモーションにも工夫が大事なのかもしれません。

今回のキッカケで親子二代で遊ぶことができて良かったなと感謝している営業部の山方でした。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。



リスティング広告情報&新着 RSS


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ