リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【営業ネタ】Googleアラート使ってますか?


こんにちは営業部の山方です。

みなさまは日々の情報収集どのようにされていますか?
営業マン、リスティング広告運用担当者限らず情報収集のアンテナを高く張るのは大切ですよね。

私は某新聞社系サイト、意識高い系キュレーションアプリ、Twitterとさまざま活用していますが
特におすすめしたいのはGoogleアラート(https://www.google.co.jp/alerts#)です。

いわずもがな...Goolgeアラートとは

001

Googleアラートとは予め登録しておいたキーワードが含まれる新作Webコンテンツをメールで受け取る事ができるサービスです。例えば上のイメージのように「リスティング」というキーワードを登録しておくと下のようなメールが届きます。

002

 

リンクをクリックするとコンテンツが見れます。
メール下部の「もっと見る」をクリックするとRSSフィードで一覧が見れます。(下図)

003

 

今回の通知で一番上に通知されているのは弊社の記事で、2月13日の午前9時にアップした内容になります。本メールは当日夜間に受け取りました。このように出来立てホヤホヤのWebコンテンツを拝む事ができます。

アラートの詳細設定

 

004

登録した各キーワードごとに下記項目が設定可能です。

005

 

ちなみに私は下記のように設定しています。
頻度=1日1回以下
ソース=自動
件数=全ての結果

上記のように新作Webコンテンツを発見した都度メールで教えてくれる事も可能です。
(キーワード次第ではとんでもない数のメールが届きそうですね)

私の活用方法

営業マンの私は下記のように活用しています。

リスティングの仕様変更などに関する情報収集

その日にアップされた記事内容が確認できるのでリスティングの配信設定など、仕様変更の情報をキャッチしたり、リスティング広告の成功事例、活用例などのコラム記事を確認するのに活用しています。

得意先のプレスリリースやニュースの収集

ニュース内容次第では予算増額提案のネタにもなりますし、逆に広告を自粛しなければならない場合などにも情報をキャッチすることができます。

また運用者目線でのメリットとして突然指名検索が増えた理由を探る時も活用できますね。
(新着順で記事が確認できるのが通常検索と違ったポイントです)

得意先の業界についての情報収集

アポイントを控えているクライアントで訪問まで時間的猶予がある場合などは情報収集(おもに雑談のネタ収集)に活用しています。

まとめ

何でも調べればわかる世の中なので便利だなと思う反面、大量の情報をいかに効率良く取捨選択していくかが大切だなと毎日痛感しています。今回ご紹介したGoogleアラートについてサービスを知っている方は多くいらっしゃるかもしれませんが実際に活用されている方となればそこまで多くはないかと思います。本記事をキッカケに使ってみてはいかがでしょうか?

以上、営業マン山方でした。

 




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ