リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

広告のリンク先URLのパラメータについて《Yahoo!プロモーション広告》


前回の記事で、GoogleAdWordsの自動タグ設定を使って、広告のリンク先URLに自動でパラメータを付与する方法をご紹介しました。 今回は、Yahoo!プロモーション広告でリンク先URLにパラメータを付与する方法をご紹介します。

そもそも、リンク先URLのパラメータって何?

リスティング広告のリンク先URLでよくあるのは、↓こちらの様なURLですね。

http://quartet-communications.com/?utm_source=SS&utm_medium=cpc

このURLの赤字になっている、「?」以降がパラメータを付与している部分になります。
通常のURLの最後に「?」を付け、その後ろに各パラメータを並べていきます。

なぜパラメータを設定するの?

リンク先URLにパラメータを設定することで、GoogleAnalyticsでデータ分析をする際に、ユーザーがどういった経緯でサイトを訪れたかを把握する事ができます。

パラメータの種類

パラメータにはいくつか種類があり、それぞれ役割が違います。

  • utm_source →参照元は何か(メールマガジン、スポンサードサーチ等)
  • utm_medium →メディアは何か(メール、リスティング広告等)
  • utm_campaign →キャンペーンは何か(新商品キャンペーン、春のセール等)

※utm_sourceやutm_medium、utm_campaignはGoogleAnalyticsの仕様で決まっています。

例えば・・・

具体的に例を挙げてみましょう。

CPC広告(リスティング広告)のSS(Yahoo!スポンサードサーチ)からのアクセスの場合

http://quartet-communications.com/?utm_source=SS&utm_medium=cpc

メールで送ったメールマガジンの中にあるURLからのアクセスの場合

http://quartet-communications.com/?utm_source=Mailmgzn&utm_medium=Mail&utm_campaign=Mailmgzn

本題に戻って・・・

Yahoo!プロモーション広告でリンク先URLにパラメータを付与する方法ですが・・・

GoogleAdWordsの様に自動で設定される機能はありません。ですので、URLには手動でパラメータを設定しましょう。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック