リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

自動タグ設定で押さえておくべきポイント《GoogleAdWords》


GoogleAdWordsの自動タグ設定とは?

GoogleAdWordsの自動タグ設定とは、GoogleAdWordsの広告経由でサイトに来たユーザーの動きを、GoogleAnalyticsを使ってチェックする時に必要になる設定です。

実際にGoogleAnalyticsでは、どのように見えるの?

GoogleAnalyticsの[トラフィック]の [参照元] を見たときに、下の画像の赤枠内に表示されたデータが、自動タグ設定によって見ることが出来るデータです。

これにより、サイトに訪問したユーザーの中で、GoogleAdWordsの広告経由でサイトに訪問したユーザーが552人いることがわかりますね。

自動タグの設定方法は?

AdWordsの管理画面にログインし、[アカウント] タブの [設定] をクリックします。

 

次に、[トラッキング] セクションで [編集] をクリックし、[リンク先 URL の自動タグ設定] チェックボックスをオンにします。

これで、自動タグの設定は完了です。

まとめ

このようにGoogleAdWordsでは、広告のリンク先に特に手を加えなくても、自動タグ設定を行うことでAnalyticsでデータを確認する事ができます。
次回はYahoo!についてご紹介します。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック