リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

リスティングのデータをより詳しく検証するために「分割表示」を使ってみよう


Yahoo!リスティング広告やGoogleAdWordsの管理画面で使える「分割表示」の機能をご存知ですか?

GoogleAdWordsの場合、下の画像の様に画面中央の「分割」をクリックすると、期間やコンバージョン数、ネットワーク、デバイスなど、いくつか項目が表示されます。

どれか項目を選択することで、その項目で分割した詳しいデータを確認する事が出来ます。

 

デバイスで分割してみる

先ほどの分割表示の選択肢の中から「デバイス」をクリックします。

すると、下の画像の様に「パソコン」「フルインターネットブラウザ搭載の携帯端末」「フルインターネットブラウザ搭載のタブレット」の3種類のデバイスごとに分割されたデータが表示されます。

 

データを見てみる

赤枠内のデータの「パソコン」と「フルインターネットブラウザ搭載の携帯端末」の2つを比較してみましょう。

表示回数は「パソコン」の方が多いですが、クリック率は「フルインターネットブラウザ搭載の携帯端末」の方が圧倒的に良いことがわかります。また、クリック単価も「フルインターネットブラウザ搭載の携帯端末」の方が100円以上低くなっており、「パソコン」よりも「フルインターネットブラウザ搭載の携帯端末」の方が、効果的な運用が出来ている様に思えます。

ところが、一番右のコンバージョン数を見ると「パソコン」の方が多くのコンバージョンを獲得している事がわかりますね。

 

まとめ

このように、デバイスで分割することで、アカウントの特性などをより詳しく検証することが出来ます。デバイス以外の条件の分割表示も運用データとして役立つ物がありますので、担当しているアカウントでも是非チェックしてみて下さい。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック