リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google広告完全対応|東京・大阪・名古屋

【初心者向け】広告入稿・配信設定時に気を付けた方が良いところ(Yahoo!スポンサードサーチ)


みなさん、こんにちは!8月も終わり、暑さも徐々に落ち着いてきましたね。社内では少数ですが、筋トレブームが広がっており、こちらはまだまだ熱い感じです。私も筋トレに参加しているのですが、後輩たちが参加してきてくれて嬉しいです。目指せ、爽やか健康運用者!

今回は下記記事のYahoo!スポンサードサーチ(以下:Yahoo!SS)版になります。前回の記事では一部の後輩から好評いただいており、Yahoo!SSで意外と見落としがちな箇所を簡単にご紹介させていただきます。

【初心者向け】広告入稿・配信設定時に気を付けた方が良いところ(Google広告)
https://quartet-communications.com/info/listing/technique/56922

ケース1:広告表示オプションの紐付け

Yahoo!SSでよく見つけるのが広告表示オプションの紐付けになります。紐付け迄のステップは下図①の画面にてまずオプション設定を行います。その後、該当のキャンペーン・広告グループに紐付けるという作業があるのですが、ここを忘れて、作成のみで終わるケースがあります。

図①

そのため作成した広告表示オプションは図1の流れで対象の広告表示オプションを選び、「関連付けの設定」を行います。あとは選択画面にて紐付けるキャンペーンもしくは広告グループを選択すると、図②のようになります。出したい広告表示オプションが紐ついてたら、設定完了です。

図②

ケース2:対象外キーワードリストの紐付け

Googleでもありましたが、Yahoo!SSも除外キーワードのリスト紐付けが行われていないケースを目にします。Yahoo!SSでは対象外キーワードリストという名称ですが、下記③のような流れで設定を進めます。

図③

設定が完了すると、図④のように紐づいたキャンペーンを確認できます。確認出来たら、無事設定完了です。Google同様、指定の除外キーワードがあるのにクライアント様が検索→広告発見なんて状況避けたいですね!「ケース1」同様、作成までして終わらないように、紐づいたかまで確認していきましょう。

図④

ここまで来て、安心ですね!

ケース3:ターゲットリストの追加設定

ケースとしては、中々出会うシーンが無いと思いますので、覚えておくことをお勧めします。ケース3はターゲットリストの追加になります。リストを最初に設定することはあっても、新たに作成したリストを追加するケースは、皆さまなかなか無いのではないでしょうか。

具体的に下記のような事例となります。図⑤のように既にリストが該当のキャンペーンに設定されていたとします。

図⑤

その設定に対して、図⑥のように新たにリストを追加設定します。

図⑥

追加したいリストを選択すると、結果、図⑦のようになります。元々配信していたリストが新しいリストのみ上書きされており、これでは広告を出したい人に広告を出せませんね。大体、設定後にパフォーマンスが落ちた時、既存のリストが無いことに気づくパターンになるのではないでしょうか。そうなったら、ゾッとしますね・・・。

図⑦

じゃあどうするの?

簡単です。動きの意味合いとしては「上書き」と言えるため、都度、対象リストをすべて選択して保存するだけです。手順としては図⑧の通りになります。

図⑧

図⑧の流れでリスト設定を進めることで、図⑨のように既存のリストと追加リストが設定されます。これで安心して該当のターゲットユーザーに広告を配信することが出来ます。

図⑨

おまけ:リストの配信対象ユーザーについて

Yahoo!もGoogle同様、紐づけた「リストのみ」もしくは「リスト+リスト外のユーザー」いずれかが選択できます。Googleでいう「ターゲティング」・「モニタリング」と同じ意味合いになりますね。

図⑩

図⑩赤枠のように「ターゲットリストのユーザー」にするのか、「全ユーザー」にするのかによっては意味合いが変わってくるため、配信目的にそってしっかり設定を確認・進めましょう。

まとめ

如何でしたでしょうか。Yahoo!にはGoogleのように自動で広告作成・配信といったシステム仕様に依存したものはありませんが、ハッ!と見落としがちな箇所が多々あります。今回も私がチェックした中で気になった部分の紹介になりますが、他にも気をつけるべきところは多々あります。

今回のケースで共通して言えることは、設定した画面を目視レベルのチェックで簡単に防げるケースしかないため、クライアント様に安心していただけるよう、時間を惜しまずチェックしていきましょう!

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。



リスティング広告情報&新着 RSS


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ