リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google広告完全対応|東京・大阪・名古屋

【Google広告】自動化ルールで広告の配信オン・オフをしよう(リニューアル版)


今年の夏は、台風が変な経路で来たり、気温が40℃超える日が続いたり、今日台風が来たり(逸れていってるみたいですが)と自然が本気で人間を潰しに掛かってきていますね。おこな竹内です。

もうすぐお盆!BtoBのお客様は基本的に停止設定を依頼する方々が多いです。

停止設定は、曜日設定だったり終了日設定だったり自動化ルールを使ったりしますよね。
しかしリニューアル版に完全移行してから、自動化ルール(一時停止・配信)の設定場所や設定の仕方が分かりづらくなっており、戸惑う方もまだ多いと思います。

そのため、おさらいという形でリニューアル版での設定方法を説明していきます。

リニューアル版の自動化ルールの設定

自動化ルールは、キャンペーン・広告グループ・広告・キーワード・オーディエンス等で設定が可能です。今回は、現在配信中のキャンペーンの停止・再開を目的に設定を行っていきます。

下記の順にクリックすれば自動化ルールの設定に辿りつきます。

  1. キャンペーン
  2. 「︙」の詳細
  3. 自動化ルールを作成

それでは下図で設定をみていきましょう。

①ルールの種類

  • キャンペーンを一時停止する
  • キャンペーンを有効にする
  • メールを送信する
  • 予算を変更する

上記4種類から設定を行いたい種類を選び選択します。(今回は一時停止)

②キャンペーンに適用

  • アクティブなすべてのキャンペーン
  • アクティブまたは一時停止中のすべてのキャンペーン
  • キャンペーンを選択

上記3種類から今回の目的にあった種類を選び選択します。(停止したいキャンペーンが任意で存在する場合の想定で「キャンペーンを選択→テストA」を選びました。)

③要件

要件とは、自動化ルールに条件を付ける設定となります。

条件は、下図のようにたくさんあります。
※設定する要件は 1 つでも複数でも問題ないみたいです。

(例)コンバージョン数が 3 件未満であることを要件として、キャンペーンを一時停止する自動化ルールを作成します。このルールが適用されると、コンバージョン数が 3 未満のキャンペーンのみが一時停止され、その他のキャンペーンは何も変更されません

今回は、無条件で止めたいので設定はしていません。

④アクションの実施頻度を設定

いつどのタイミングで「一時停止」というアクションを起こしたいかを設定する部分です。

選択する「頻度」によって設定できる要件が変わります。
頻度により変化する設定要件は下図のようになります。

今回は、日付指定で一時停止を行うため「頻度:1回」で「◯年◯月○日◯時」を指定します。

⑤結果をメールで通知

実行されたアクションに応じてメール通知をどのタイミングで受けるかを設定できます。
設定できる種類は下記4種類になります。

  • このルールが実行されるたび
  • 変更やエラーがある場合のみ
  • エラーがある場合のみ
  • メールを送信しない

⑥ルール名

どういう自動化ルールにしたかわかりやすいように名前をつけましょう!

上記が全部設定できたら「ルールを保存」をします。

注意

もし、長期休み(今回でいうとお盆)の場合、運用者が休みの日に再開させたい場合は、今回とは逆でルールの種類にて「キャンペーンを有効にする」を選択し各設定を行う必要があります。

おまけ

Google広告では①を活用する場合が多いですが、自動化ルールがないYahoo!では①②両方を使うパターンがあります。

①曜日で設定

よく活用されている方も多いと思いますが、1週間以内の停止・再開であれば「曜日」設定でオンオフする方法もあります。

(例)8月13日(月)から停止、8月15日(水)に再開の場合は「月、火」のみ設定解除

②同じキャンペーンを増やす

こちらの方法は、成果を落とす可能性が高いのでオススメしませんが同じキャンペーンを用意して「配信開始日」と「配信停止日」をうまく活用して配信のオンオフする方法もあります。

まとめ

自動化ルールは、使い方さえ覚えればとても便利な機能なのでキャンペーンのみならず他のコンポーネントでも活用できると様々なことに対処できるようになります!

リニューアル版にまだなれてない方も多いと思いますが、探究心を忘れずどんどん使用してなれていきましょう!(`・ω・́)

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ