リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【AdWords】指名キーワードのコンバージョンは指名キーワードだけで獲得しているわけではない


社名や商品名といった指名キーワードからのクリックは、確度の高いユーザーからのクリックを集めるのでコンバージョンを獲得しやすいですよね。
ただ、そのコンバージョンは指名キーワードのみで獲得したものでしょうか?気になったので調べてみました!

指名キーワードのCV経路を調査

このアカウントの場合、指名キーワードでは3件のコンバージョンを獲得しています。
『アトリビューション』内の「コンバージョン経路」でコンバージョンの経路を調べてみると、

指名キーワードのみでコンバージョンを獲得しているのは1件のみで、他の2件は一般キーワードがアシストをしてコンバージョン獲得をしています。

コンバージョンのアトリビューションモデルはデフォルト設定が「ラストクリック」なので、最後にクリックされたキーワードにコンバージョンが計測されます。
コンバージョンがついた指名キーワードは刈り取りをしただけなので、そこに辿りつくためにアシストした他のキーワードを見つけ、表示回数・クリック数を増やせればコンバージョンが増加するかもしれないですね。

アシストしたキーワードを見つけるには?

①アトリビューションで調べる

『アトリビューション』の「コンバージョン経路」内の項目を「キーワードパス(クリック数)」に変更することで、キーワード単位でコンバージョン経路を確認することができます。

②アトリビューション モデリングで調べる

『アトリビューション』の「アトリビューション モデリング」ではラストクリック以外で計測した場合の確認ができます。

アトリビューション モデリングの種類につきましては弊社過去記事を御参照下さい。
【Google AdWords】アトリビューションモデリングのモデルとは

③アトリビューションモデルを変更する

コンバージョンのアトリビューションモデルをファーストクリック・ラストクリック以外に設定することで、経路に関わる全てのキーワードにコンバージョンが計測されます。

ただし、1件のコンバージョンを複数のキーワードで計測する為、下図のようにコンバージョンが小数点を含む数値となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
デフォルト設定がラストクリックなので、そのままの設定で運用し指名キーワードのように刈り取りが得意なキーワードに注目をしてしまいがちですが、アシストしているキーワードにも注目することで新たな改善や発見があるかもしれませんね。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。



無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ