リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google広告完全対応|東京・大阪・名古屋

【Google AdWords】ディスプレイ広告でも、ユーザーの心理・行動をイメージしよう!②


みなさん、こんにちは!

もう3月も下旬に入り、4月に変わろうとしていますね!おかげさまで、今年も弊社には新卒という新しい風が入ってくるのですが、若い風に飛ばされないように頑張りたい今日この頃・・!

今回の記事はディスプレイ広告で成果に繋がった事例紹介となります。過去にディスプレイ広告でターゲットとなるユーザーの心理・行動をイメージして配信することは大事ですよね!といった内容の弊社過去記事もありますが、改めてその内容が大事だなと感じた事例のご紹介となります。

※弊社過去記事
【AdWords】ディスプレイ広告でも、ユーザーの心理・行動をイメージしよう!

https://quartet-communications.com/info/listing/column/41781

案件概要

下記、案件の概要です。

  • 業種:美容サプリの販売
  • 配信手法:Google検索、Googleディスプレイ広告(リマーケティング、インタレスト)
  • CVポイント:お試しコース7日分(本来の商品単価は1か月3,980円のところ、600円でご提供)
  • 目標:CV数の獲得(あわよくばCPA:2,500円以下)

今回の目的はCV獲得なので、一般的には検索連動型広告で刈り取る!がセオリーですが、今回は前回の記事同様、検索だけではなく、ディスプレイ広告の結果も好調な案件ご紹介になります。

その要因として、今回もターゲットと商材がかみ合ったことが挙げられます。
商品やCVであるお試しコースの特性を踏まえ、「ユーザー像」・「アクション」を想定しました。

ターゲット設定

ユーザー像

美容サプリなので、美意識の高い女性(10代~50代)に限定できます。ただし、これ以上の絞り込みを行うほど、ターゲットが明確な商品ではないため、年齢や性別のターゲティングはここまでにしておき、「どんな時にどんなアクションをしたのか」をより細かくターゲティングしたいと思います。

どんな時にどんなアクションをしたのか

それでは、ユーザーがどのようなシチュエーションであればCVしやすいかを考えてみました。今回のCVポイントがお試しコース7日分(600円)であることを踏まえると、隙間時間になんとなくニュースやコンテンツを閲覧している状態であっても、CV獲得できるので場と想定しました。アクションの一例としては下記のようなイメージです。

  • 休憩時間にニュースを見る
  • 趣味などのコンテンツを閲覧する

イメージで言うとこんな感じでしょうか?

蛇足ですが、私も過去にとあるメンズ化粧品のトライアルセット(2,980円)を買ったことがあります。その時が上記のような状況でした(あれ・・?このターゲット設定いけるのでは・・!?)

実際のターゲット設定値

上記イメージから以下のようなターゲット設定を行いました。

  • インタレスト:美容通、スキンケア商品
  • デバイス:スマホをメイン
  • 時間帯:主に19時以降を中心に配信(リラックスされると想定した時間)
  • 性別:女性
  • 年齢:18歳~54歳

配信結果

さてさて、実際の結果が下記の通りです。

CV、CPA、CVRどれをとってもディスプレイ広告が圧倒的でしたね・・!

さらに別の切り口として「ブレースメント」「デバイス」別で実績を比較することで、想定した流れになっているかを見てみました。

プレースメント

美容コスメサイトのプレースメントで獲得できたコンバージョンは4件にとどまっており、その他の面でのコンバージョン獲得が目立ちます。分かりやすくまとめたのが下記の表です。

想定通り、美容関連コンテンツ以外のサイトでもコンバージョンを獲得できているのが分かります。今後の伸びしろが期待できるアカウントですね!

デバイス

こちらもやはり想定通り、スマホのCV数が圧倒的ですね。(プレースメント除外の精査でCVR向上やCPA抑制がまだまだ見込めそうです)

結果として、想定した「ユーザー像」・「アクション」をイメージしたことで、ディスプレイ広告で大きなCV獲得に繋がったと言えます。CPAも2,500円以下を推移しており、クライアント様には満足頂いていることからも良い結果でした。

まとめ

如何でしたでしょうか。お客様からはお試しコース購入者から定期購入者に変わる人もいらっしゃるとお聞きできたので、リスティング広告での将来性が見出せそうと前向きなお言葉を頂けることが出来ました。ディスプレイ広告において、ユーザーの心理・行動をイメージして配信することがとても重要であることが本記事からお伝え出来たのであれば幸いです。

ちなみに僕もトライアルセットから、何度か商品を買ってしまっているので、「お試しコースから実際の商品購入」のターゲット設定も、今回みたいな考え方で結果に繋がるかもしれませんね( ̄ー ̄)ニヤリ

その機会があれば、別の記事で紹介しようかなと思います。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ