リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

AdWordsクライアント センター(MCC)に紐づく全アカウントをまたいだレポート作成【MCC小技】


みなさんこんにちは。

ちょっと前になりますが、AdWordsにはMCCという便利な機能があるので活用しましょうという記事を書かせて頂きました。

今回はそのMCCを活用している前提で、MCCに紐付けている全アカウントをまたいだレポートを作成する小技を紹介したいと思います。

どんなときに使えるのか?

レポートを作る手順は後述しますが、そもそもどんな場面で、どんな目的で今回の方法を使うのかという話を最初にさせて頂きます。

例えば自身が担当することになったクライアントと似た業種のアカウントを社内の別担当者が運用していたとすると、是非ともキーワードやその掲載結果を参考にさせていただきたいですよね。

社内に顧客管理システムなどがあり、参考にしたいアカウントを直ぐに発見できる状況なら良いですが、そもそも似たようなアカウントが存在するかも分からない場合はどうしますか?

そんなときに今回の小技を是非ご活用いただきたい。

自社のMCCに紐付けている全てのアカウントをまたいで「キーワードの掲載結果レポート」を出力することができます。

レポート内で検索をかければ参考にできるデータをササッと確認できます。

営業さんには是非活用してほしいですね。

その他にも作成できるレポートの種類は豊富ですので、後述する手順に従って作成画面を見て自分なりの活用方法を考えてみてください。

レポート作成方法

1.MCCにログイン後「レポート」→「+レポートを作成」をクリック

01

2.レポート作成画面が現れるのでお好みの設定の後作成をクリック

02

ざっくりですが、以上で完了です。

アカウントラベルによるフィルタリングもできるので、例えばアカウントに「担当者」を表すラベルをふっておけば担当者ごとのMCCをまたいだレポートも作れます。

基本的にはAdWordsアカウントでのレポート作成とほぼ同じ手順ですが、MCC内の全アカウントをまたいだレポート作成をする場合は微妙にレポート形式が異なります。

どんな形式のレポートが作成できるかはご自身でお確かめいただければと思います。

それと、MCCに大量のアカウントが紐付いている場合、生成するレポートのよってはとんでもないサイズのレポートが作成されるので注意です。

まとめ

AdWordsのMCCは本当によくできていて、運用者にとってはもちろんですが、管理者にとってもメリットのある機能がたくさんあります。

使いこなして効率的な運用生活をおくりたいですね!



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック