リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【AdWords】DFSAを使って検索広告ユーザーの分析をしてみた

02

運用者の皆様、日々の運用お疲れ様です。
今回は、今月から正式ローンチされたDFSAを使った分析を行ってみます。

DFSA(Demographic for Search Ads)とは

AdWordsの検索広告にGoogleのデモグラフィックデータを活用できる機能です。

関連記事はこちら

案件概要

  • 商材:介護用品
  • 商圏:全国
  • 配信デバイス:全デバイス

上記の案件について、実際に確認してみようと思います。

実際に活用してみた

・性別

03

クリック数では男性よりも女性の割合が多くなっています。
個人的には、不明と同数であることが意外に思いました。

・年齢別

01

18-24歳のCPAが悪いのは想定通りですが、最も需要のあると思われる35-64歳までのユーザーで
真ん中の45-54歳のCPAが割高になっています。

55-64歳はクリック率、CVRともに最も高いことから、介護用品に対する関心度の高さが窺えます。
35-44歳は55-64歳の子供世代でしょうか。両親に代わって介護用品を探しているのかもしれません。

問題の45-54歳ですが、介護用品を直接利用する世代ではなく、親世代も高齢過ぎて介護用品を必要としないのでしょうか。
不思議です。

いずれにしても、18-24歳を除外し、25-34歳、45-54歳を抑制すればCPAは改善できそうですね。

Googleアナリティクスで分析してみた

スマホユーザーの分布を見てみました。

05

概ね、先程の分布に近しい結果となっています。
特に気になるのは、45-54歳のCVRの低さですね。
スマホユーザーのCVRの低さが全体のCVRを押し下げていると見て良さそうです。

まとめ

如何でしたでしょうか。

実際の施策は実行しておりませんが、検索広告のデモグラフィックデータが閲覧できる、というのは、分析の幅が広がりそうです。
うまく付き合って、アカウントの改善に活かしていきたいですね。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック