リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【GoogleAdWords】ブランドイメージを守る~バナー縦横比編~


こんにちは。
日を追うごとに強くなる日差しと暑さに、早くも夏バテ気味。
昨日の晩ごはんは冷やっこ3丁。やすとみです。

今回は思わぬバナー表示のされ方を防ぐ方法をASAPでお伝えします。
先日の記事「ブランドイメージを大切に」も合わせてお読みになられても良いかと思います。

AdWords では、拡大・縮小されてバナーが表示される

AdWordsでは、バナーのサイズが拡大・縮小されて表示されることがままあります。

例えば、以下のように比率が同じ場合は、サイズが大きくなったり小さくなるだけであり、問題はないかと思います。

レクタングル(大):336×280 → インライン レクタングル: 300×250 (6:5)
スクエア:250×250 → スクエア(小): 200×200 (1:1)

ただ極稀に、縦横比が違って表示される場合があります。
以下、その表示例です。

スクリーンショット_052416_110611_AM

左が正常なサイズです。どうでしょうか。
右側の表示は縦長に伸びてしまって、文字も読みづらくなっていると思います。
ブランドイメージを大切にしているのであれば、こういった表示は嫌ですよね。

申請によって、このような表示を排除する

縦横比が合わないバナーサイズの変化は、Googleへの申請によってアカウント単位で排除することができます。以下、手順となります。

①AdWordsのサポートへ連絡

電話等で連絡を行います

②AdWords側から申請用のメールを送ってもらう

このとき、アカウントの管理者権限を持つメールアドレス宛への連絡となるようです

③メールに記載された項目に返信を行い、申請

アカウント名や申請理由などを記載します

④受理されたのち、2週間程度で対応完了

海外部署を経由する理由から、完了まで日数がかかります

以上で申請が可能となります。
なお、縦横比が変化しないものはオプトアウトできません

まとめ(ところで、Yahoo! は?)

極稀ではありますが、ブランドイメージを大切にされているクライアントであれば、行っておいたほうが良い場合もありますね。

ところで、Yahoo!(YDN)では、縦横比が変更されて掲載されたり、比率の同じ枠に対して拡大・縮小して表示されることはありません。
従って、AdWordsへの申請だけでO.K.です。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック