リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【Google Adwords】7月より削除済みデータが完全削除されます!


はじめに

Google AdWordsでは、登録した広告・広告グループ・キャンペーンを削除してもアカウント内にデータが残ってしまいます。
ですが4ヶ月前のアナウンスで、「インプレッションが一度も発生しておらず、削除してから100日以上経過した広告」はアカウント内から削除されることがわかりました。
【過去記事】:《Google Adwords》今まで削除しても残留していた広告が削除できる!

そして本日7月より、広告だけでなく「広告グループ」・「キャンペーン」についても削除されることになりましたので、本記事で詳細を紹介したいと思います。

完全削除される条件

  • ステータスが「削除」であること
  • インプレッションが0回
  • 削除してから目安として100日以上経過していること

完全削除される条件については、前回のアナウンスと変更はありません。

Googleヘルプの内容

【Googleヘルプ】AdWords アカウント内の未使用項目に関するお知らせ

‐キャンペーンや広告グループの恒久的削除‐
使用されていない広告が消去されるとともに、アカウントから削除したキャンペーンや広告グループの再開もできなくなります(注: 削除した広告も、これまでと同様、再開はできません)。削除したキャンペーンや広告グループは、編集できなくなりますのでご注意ください。

Google AdWordsでは、削除済みの広告グループやキャンペーンを元に戻すことができるのはご存知かと思いますが、「恒久的削除」「編集できなくなります」など、不安を感じるような文言が並んでいますね。

勘違いされやすいポイント

ここまで記事を読んでいただくと、「完全削除されるの?何かリスクがあるの?」と不安に思ってしまうかもしれません。
不安に思われた方は、もう一度、完全削除される条件を確認してみましょう。完全削除の条件の一つに「インプレッションが0回」という項目があります。よって、1回でもインプレッションが発生したデータについては完全削除されないのです。冷静になって考えてみると、完全削除の条件にあたるデータを探すことの方が難しいのでは?と思います。

まとめ

今回のアナウンスですが、突発的に起こるリスクというのはほとんど無いかと思います。7/1からすぐに何かが起きるような内容ではないので、ひとまずは安心といった感じです。
完全削除と聞いて、「何か注意すべきことがあるのでは?」と思っていた方もスルーしていた方も、本記事で情報の整理をしていただけたら幸いです。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ