リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

顧客の目標を達成するための考え方


o057102192cfd4_223_7c79e5a1f407bc33d704789e8812f176

運用者の皆様は、お客様の要望や目標を達成するために毎日頑張っていると思います。

CPA?CV?ブランディング?売上?、、、、お客様によって色々とありますよね。

今回は目標の中でもっとも多いCPAの目標について普段どのようにリスティング運用をしているかお話し致します。

CPA目標

CPAを目標とした場合、使用したコスト/CV=CPAなのでどの位コストを使用してどの位CVが取得できなければならないか考えなければいけません。

単純な話CPA目標が¥3000だった場合、¥3000使用してCV1件取得できればよいのです。

私がCPA目標の案件を運用する時は、配信前に以下のような指標を立てて考えています。

  • キーワードを多く選定しすぎない。
  • キーワードと広告とリンク先LPのマッチング度を高くする。
  • 疑わしきキーワードは事前に調べて除外設定しておく。
  • 入札価格は市場の平均価格より高めに設定する。

要は、無駄なくその業種で見込み度の高いキーワードで、掲載順位を高めで配信していくという考えです。

一番注意しなければいけないのは、キーワードを多く選定しすぎない事だと思っています。

お客様からの要望でキーワードを多く見積もる方々もいますが、キーワードは多く入れれば入れるほど色んなキーワードに反応し短時間で数多く広告をクリックされてしまいます。

こうなると、運よくCVが取得できない限りコストをどんどん使用してしまい目標とするCPAを超過していまうことが多いです。

配信を開始し、CPAが目標内に収まっていれば良いのですが上回ってしまう事も多々あります。

◆目標CPAを上回った場合◆

CPAを下げるために何ができるでしょうか?
CPAの下げ方としては、「コストを抑える」「CVを多く取得する」の2つがあると思います。
※CVRを上げるとかもありますが・・・。

できる事は大体限られてきますが、CVを多く取得する方法はCV目標の時にお話しをしたいので今回は「コストを抑える」という方法を私なりの考え方でお伝えしたいと思います。

  • 時間帯設定でCVが取れていない時間を削る。
  • CVが取れていないキーワードの入札価格を下げる。
  • 細かくキーワードの除外設定を行う。

他にも、広告のABテストをしていた場合、クリック率もしくはCV率が良い広告のみの配信に切り替えたり、クエリから有力なキーワードを追加したり地域設定をしてたら絞ったりと色々とやりようはあると思います。

その中で、上位に挙げた3つのように無駄を最大限なくすために「削る」といったことを行います。

ここで大事な事は、コストを抑えつつCVRを維持することです。

例として、コスト¥7000でCV2件よりコスト¥6000に抑えてCV2件なら最初に目標としてたCPA¥3000が達成できますからね。

まとめ

ここでお話しさせて頂いた内容は、ほんの一部の考え方です。
やり方や考え方は本当にたくさんあります。
ただ、自分なりのやり方や考え方(他人のやり方でもいいですが)をしっかり持ち合わせていないと運用しているアカウントが徐々に悪化して取り返しがつかなくなってしまう可能性があります。
リスティング広告運用者は、考えることをやめてしまってはいけません!

色々模索して頑張っていきましょう!
※次はCV目標などの考え方とか書きたいです。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック