リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

曜日・時間帯入札単価調整率との上手な付き合い方


【前置き】

日々の運用、お疲れ様です。

前回、スマートフォン入札単価調整率に関して、記事を書きました。

前回の記事:スマートフォン入札価格調整率はうまく使うと、そのアカウントはもっと良くなる?!

スマートフォン入札価格調整率を利用することによって、
効率よく、デバイス別の入札調整ができ、運用効果もよくなるというお話でした。

さて、今回は、「曜日・時間帯」でも、入札価格調整率を利用することができ、
かつ、運用効果にとっても、良い機能であるということを、実例を出して、
お話したいと思います。

【実例】

それでは、実例として、↓の画像をご覧ください。

CP別データ_修正

こちらは、Adwords管理画面の、とあるキャンペーンの、
過去30日間(週別で分割)のデータとなります。

赤枠で囲った部分をご確認いただければ、CVRが、12月2日の週から、
上昇していることがわかると思います(それに伴って、CPAも低下傾向です)。

このキャンペーンに対して、ちょうど12月2日より曜日・時間帯調整率を利用して、
調整・運用を行っています。

では、どのように調整を行っているのか、↓の画像をご覧ください。

時間帯別データ_修正

このキャンペーンに対して、過去の時間帯別のパフォーマンスを分析して、
以下のような曜日・時間帯に区切って、調整率を利用しています。

0:00~4:00 (調整率:-%利用)
4:00~9:00 (調整率:+%利用)
9:00~14:00 (調整率:0%利用)
14:00~21:00 (調整率:+%利用)
21:00~24:00 (調整率:0%利用)

この調整率の利用の仕方からお分かりいただけるかと思いますが、
過去の時間帯別のパフォーマンスを分析し、CPAが良好な時間帯と
CPAが高い時間帯があることがわかり、各時間帯に対して、
適切な調整率を利用しています。

つまり、+%を利用する時間帯に対しては、入札強化の時間帯として、
入札強化⇒掲載順位上昇⇒クリック増⇒コンバージョン増という現象が、
逆に、-%を利用している時間帯に対しては、入札抑制の時間帯として、
入札抑制⇒掲載順位低下⇒クリック減⇒無駄コストの減少・CPA最適化という現象が、
起こっているということです。

ちなみに、検証の為ということで、この曜日・時間帯調整率を利用してから、
それ以外の入札調整は行っておりません。

その為、今回のCVR上昇は、曜日・時間帯調整率を利用したことによる、
影響が大きいと考えています。

※注意※
なお、曜日・時間帯は、1つの曜日に対して、最大で6個しか、
スケジュールの区切りをつけることができないので、ご注意ください。

【まとめ】

多くのアカウントのリスティング広告運用を行う中で、業界・商材・
ターゲットユーザーなどなど、それぞれのアカウントが取り巻く環境によって、
パフォーマンスが良い時間帯・悪い時間帯があることを経験しています。

当然、同じ業界だからという理由で、パフォーマンスが良い時間帯・悪い時間帯が
重なることもあるかもしれませんが、100%同じということはほぼないと思っています。

その為、一度、データの棚卸ということで、時間帯別のデータを
確認・分析してみることをお勧め致します。

その分析結果から、この機能を活用すると、今よりもさらに、
効果的な運用ができると思いますので、是非とも試していただきたいと思います。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック