リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google広告完全対応|東京・大阪・名古屋

【初心者向け】GDN・YDNの掲載面の違いや特徴とは?


こんにちは。
運用者の岡本です。

GDN・YDNなど、媒体によって掲載面の特徴に違いがあるのはご存知でしょうか。
自社が出稿している広告が媒体によってどのような掲載のされ方をしているかがわかると実際の掲載イメージがしやすいですよね。
本記事では、ディスプレイ広告の媒体ごとの掲載面の違いや特徴を初心者向けに纏めてみました。

そもそもディスプレイ広告における配信媒体とは?

ディスプレイ広告を配信していると、媒体ごとに成果が良い・悪いの傾向が出てくることがありますよね。
Googleの成果が良いから予算を寄せよう…など、何かしら施策を行うかと思いますが、そもそもどんな配信面に出て成果が良くなった・悪くなったか、媒体ごとの配信面の特徴を知っていると原因調査にも役立つかと思います。
ディスプレイ広告における配信媒体は、Googleで検索して見ているサイトだからGDN、というわけではなく、下記のように分類されます。

  • Googleのアドセンスで発行された広告枠に掲載されるものはGDN
  • Yahoo!が広告枠と定めた場所に掲載されるものはYDN

それぞれの媒体の広告枠のあるサイトには傾向があります。
では、どのようなサイトにどの媒体の広告枠があるのでしょうか。
媒体ごとの特徴・掲載面の傾向について下記にてご説明いたします。

GDN

GDNの配信面の特徴

GDNの配信面の特徴は、サイトの数が多く個人運用ブログなどにも掲載されます。
主な配信先は、ライブドアブログ・教えてgoo・食べログ・ピクシブ ・YouTube・スマホアプリなど様々で、YDNよりも幅広いジャンルで広告配信を行うことが可能です。

以下は実際の掲載の様子です。

GDNの主な掲載面

■ライブドア

■教えてgoo

■食べログ

■pixiv

■YouTube

■スマホアプリ

YDN

YDNの配信面の特徴

YDNの配信面の特徴は、Yahoo!の自社サービスサイトを中心に掲載されます。
主な配信先は、Yahoo!ニュース・Yahoo!知恵袋・NAVERまとめなどです。
Yahoo!自社サービスサイトが中心になるため、情報サイトへの掲載が多く、個人的に運営しているサイトではほとんど見受けられません。

以下は実際の掲載の様子です。

YDNの主な掲載面

■Yahoo!ニュース

■Yahoo!知恵袋

【補足】
YDN独自の掲載フォーマットとして、「インフィード広告」があります。
「インフィード広告」とは、下記のNAVERまとめのような、記事風広告のことを指します。
記事と記事の間に広告を表示するため、サイトに馴染み、違和感なく広告を表示できる掲載フォーマットとなります。
以下、インフィード広告についてまとめた弊社過去記事となりますので、詳しく知りたい方はコチラをご参照ください。

考察

上記の特徴を踏まえた上で、個人的な媒体ごとの活用方法をご紹介いたします。

GDN

趣味に関する商材

  • 釣り具の通販
  • 旅行チケット
  • スポーツ用品など

幅広いジャンルや個人ブログに掲載先のあるGDNは趣味に関する商材に向いていると考えられます。個人の釣りブログや、旅行ブログなどの趣味ブログや趣味関連の記事などの掲載は確度が高いと言えそうです。

よくスマホを使う層や若年層向けの配信

  • 恋愛、デートサービス
  • 流行りの商品など

YouTubeやスマホアプリなどの配信ができることから、よくスマホを使う層や若年層向けの配信に向いていると考えられます。
音楽アプリなど若い世代が使うアプリに出会い系サービスの広告や、コスメ紹介のYouTubeに流行りのコスメの広告などは興味を持ってもらえる可能性が高いのではないでしょうか。

YDN

サラリーマンや比較的年齢の高い層への配信

  • 新幹線チケット
  • BtoB商材(クラウドサービスやシステム関連商品など)

情報関連サイトに掲載されるため、ニュースを見ているサラリーマンや、比較的年齢の高い層への配信に向いていると考えられます。
※Yahoo!は女性比率が高いと言われているので一概には言えませんが…
通勤中Yahoo!ニュースサイトをチェックする習慣のあるサラリーマンにBtoB商材のディスプレイ広告を配信することで、認知拡大・購買に繋がるのではないでしょうか。

その他YDN活用方法

  • 表示回数最大化が目標の案件
  • ターゲット層が幅広い商材など
  • 企業や商材の認知拡大

表示回数が多い傾向があることから、表示回数を最大化して認知拡大を図りたい商材や、ターゲットを絞り込まず、様々な人が配信対象となる商材なども向いていると考えられます。
Yahoo!ニュースや知恵袋など複数サービスをまたいで複数回広告を目にすることにより、商品・企業自体の認知拡大などに繋がるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか。
GDN・YDNの掲載面の違いを知っておくことで実際に広告が配信された時のイメージが付きやすくなりますよね。
今回は掲載のされ方のみに絞ってのご紹介ですが、ターゲティング方法でもGDN・YDNでそれぞれ違いがありますのでまたご紹介できたらと思います。

「ディスプレイ広告を配信したいが、どの媒体で配信を行えばいいかわからない…」「媒体追加を検討しているが追加することで広告の見え方がどう変わるか不安…」など、お悩みの方や、ディスプレイ広告を今後配信する運用者様のお役に立てますと幸いです。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。



リスティング広告情報&新着 RSS


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ