リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google AdWords】ここではない、どこかはやはり大事だった件

こんにちは!「ここではない、どこかへ」G○AYの名曲のタイトルです(´ー`)b以前、地域に関して調整し、成果が増えた。という内容の記事を書きました。あれから無邪気な季節も過ぎたので、シリーズで書きたいと思います。

過去記事はコチラ

前回のおさらい

前回の記事をまとめますと「地域設定において、所在地なのかどうかは大事だなぁ」という事。
事例で出したクライアント様の概要は以下。

地域・業態:埼玉県で、店舗ビジネスを展開中
業種:とあるスタジオ
CVポイント:TEL、メール等あらゆるお問合せの総数

具体的な課題と、対処についてはこちら。

  • 課題「地域柄、さいたま市の競合にお客様をとられがち、なんとかこの地域で集客したい」
  • 解決法「働く親世代に合わせて、オンタイム狙いでスマホ中心にバナー広告を配信」

というところでした。

※所在地など、地域関連のヘルプ

今回の結果は・・・

今回は、前回のその後の記事ですので、全く違う施策を行いました。更に「所在地」でのユーザー流入を増やせるよう設定を変更。


画像のとおり、「ターゲティング方法」を「ターゲット地域にいるユーザー」へ絞りました。行ったことは、この1点のみです。

※施策は段階的に実施しており、一部現在時点でも対象地域ユーザーからの検索はある状況です

結果は以下のポイントで比較してみます。

  1. 「所在地」での成果が出ているか
  2. クライアント様の本店所在地域「川越市」の成果はどうなったか
  3. ほか、本施策の影響で何らかの傾向がみえたか

1:「所在地」での成果が出ているか


図をご覧のとおりです。予算は大体同程度ですが、所在地でのCVが圧倒的に増加している事が分かります。CVRが向上したので、CVの全体数も伸びましたね!

2:本店所在地域の成果はどうなったか

本店の所在地域「川越市」のCVが激増していますね。併せて「さいたま市」の所在地CVが減少している事もみてとれます。

設定変更前のさいたま市でのCVR:16.67%よりも、現設定の川越市のCVR:25.64%のほうが高いのもポイント。消化コストはほぼ同じなので、予算投下効率があがりました。

これで、前回のネックとなっていた、さいたま市の競合にお客様を取られがちという点も解消。所在地のユーザーのCV増加=川越市在住ユーザーの流出を防止できたと考えられますね。

3:ほか、本施策の影響で何らかの傾向がみえたか

他にも影響があるデータを探り、ビュースルーの数値が大きく変動していました。ポイントは以下のとおり。

  • ビュースルーコンバージョンが大きく減少
  • ビュースルーがカウントされている地域は「対象地域ユーザー」が大半
  • 1の表でCV総数が伸びた件を考えると、直接コンバージョンするユーザーが増加

これらから「広告を見てCVするユーザーが増加=ダイレクトレスポンスが向上した」と想定。所在地をメインとしたことで、ユーザー目線で「現実的に通える・通いやすい場所にある店舗の広告が出るほうが、良い結果を得られる」といえそうです。

※前提として設定を変えたのみで予算を増加したわけでなく、配信量はほぼ変わっていません

まとめ

今回は、前回で得たデータを基に、よりその方向性を強めていく、というシンプルな施策で成功を収めることが出来ました。そりゃあ確かに、通える範囲のところに行きたいと思いますよね。

私は名古屋市在住ですが、埼玉県でもユーザーが思う事は同じだったようです。その心理が結果に表れたといえます。

ビジネスモデルとユーザー心理の架け橋となれれば、成果に繋がる。引き続き、シンプルな心で成果に繋げていければと思います。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ