リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【Google Adwords】ローカル検索広告の概要

photo-1416149517343-b030f2729cbd

こんにちは。
我が故郷、岐阜県多治見市の山々も色付き始め、フォトジェニックな季節の訪れを感じています営業部の水野です。

さて、検索連動型広告とは知っての通りYahoo!、Googleが提供する検索結果画面に広告を表示することができる配信メニューですよね。
しかし、Googleマップの検索結果画面上部にも検索連動型広告の広告枠が設けられているのをご存知でしょうか。

今回は、そんなGoogleマップの検索結果画面に出る広告、「ローカル検索広告」についてご紹介していきます。

ローカル検索とは

ローカル検索とは、主に「地名+サービス名」のキーワード検索や、Googleマップの地図検索で活用される検索機能です。

【PCでのローカル検索結果】
%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%ab1

【スマホでのローカル検索結果】
%e8%a8%82%e6%ad%a3

Googleマップのローカル検索結果画面にサイトや店舗を表示することで、近くにいるユーザーや特定の地域周辺でサービスを探しているユーザーに対してアプローチすることができる為、主に店舗来店型のサービスを提供している企業様が多く見受けられます。

しかし、このローカル検索結果画面にもSEOの概念が存在しており、上位に表示される為にはローカル検索に特化したSEO対策が必要となります。

そこで、ローカル検索広告!

ローカル検索広告とは、読んで字の如くGoogleマップの検索結果画面の上部に広告を表示させることができる配信メニューです。

【PCでのローカル検索広告】
%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%ab3
【スマホでのローカル検索広告】
%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%ab4

広告として表示されているものは、紫のアイコンで表示されているのが分かるかと思います。

特定のエリア内でサービスを探しているユーザーに対して、競合店舗よりも上位のポジションでアプローチできる為、より効果的に来店・訪問を促すことができます。

また、モバイルアプリ版のGoogle Mapでも同様に広告を表示させることができるので、近隣でサービスを探しているユーザーに対してリアルタイムにアプローチすることもできます。

飲食店、美容院、クリニック、ホテル、エステなど、基本的に店舗来店型のサービスに対して相乗効果のありそうな配信メニューですね。

ローカル検索広告を配信する際の留意点

Googleマップの検索結果画面の上位に広告を出稿できるローカル検索広告ですが、これはローカル検索結果画面のみを狙って配信することはできません。

Googleマイビジネスアカウントを持っていて、且つ検索連動型広告で住所表示オプションを設定している広告主様だけがこのローカル検索結果画面に広告を表示させることができます。

したがって、まだGoogleマイビジネスアカウントを持っていない、Google Adwordsで検索連動型広告を配信していない方は、まずは両サービスのアカウントを開設することから始めましょう。

ちなみに住所表示オプションの設定方法については下記をご参照ください。
【Adwords】住所表示オプションを設定しよう

ローカル検索広告の課金方式について

ローカル検索広告の課金方式は、通常のリスティング広告と同じ「クリック課金方式」を採用しています。
広告が表示されただけでは課金されず、広告がクリックされた時に初めて課金されます。
自社店舗に興味を持ったユーザーだけに予算を使うことができるので、費用対効果の高い課金方式となっております。

課金されるクリックの種類

課金されるクリックの種類としては下記の3種類です。

「場所の詳細を取得」のクリック

表示されている広告見出しをクリックすると、店舗の住所や電話番号、写真、レビューなどの詳細情報が展開されます。これを、「場所の詳細を取得」と呼び、広告見出しがクリックされたタイミングで課金が発生します。

「ルート検索のクリック」

ローカル検索結果画面の「ルート」をクリックして目的地までのナビゲート画面を呼び出すか、上記広告見出し展開後のルート表示ボタン(車のマーク)をクリックすると課金が発生します。これらのクリックを「ルート検索のクリック」と呼びます。

「モバイルのclick-to-callのクリック」

ローカル検索結果画面の通話ボタンをクリックするか、広告展開後の通話ボタンをクリックすると課金が発生します。これを、「モバイルのclick-to-callのクリック」と呼びます。

 

これを見ると、「じゃあ広告展開した後にルート検索して、その後にclick-to-callで電話かけたら3回分の課金が発生するの?」と思うかもしれませんが、ローカル検索広告の1回の広告表示あたりで課金が発生するのは2回までのようです。

つまり上記の流れでいくと、

広告展開(場所の詳細を取得)←課金発生
↓ ↓
車ボタンクリック(ルート検索のクリック)←課金発生
↓ ↓
電話(モバイルのclick-to-callのクリック)←課金は発生せず

ということです。

まとめ

ローカル検索広告は、店舗来店型のサービスを提供している企業様にとっては手っ取り早くローカル検索結果画面上部に表示できる、速攻性のある広告配信手法です。

モバイルファースト、マルチデバイスが叫ばれる時代ですし、街中でスマホから地図検索をして最寄りのお店に入ることも珍しいことではありません。そんな時に、ローカル検索結果の上位に自店舗を表示できることは大きなアドバンテージになりますよね。

広告主側も、一般ユーザー側も、賢くGoogleマップを使っていきたいですね。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック