リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【新入社員向け】リスティング広告 はじめの一歩


今日は、リスティング広告用語の基礎の基礎を、誰にでも分かる言葉でまとめてみました。

新入社員の方や、新しくリスティングを始める方などは、ここだけはまずおさえておくと良いと思います。

最初に覚える5つの用語はこれ!

  • 表示回数
  • クリック数
  • コンバージョン数
  • クリック率
  • コンバージョン率

ここでは例として、『りんごの通販』をしている、『カルテット』という広告主(リスティング広告を出したい人)がいたと仮定します。

表示回数

【ユーザーの行動】
 ①「りんご 通販」でYahoo!検索

知っ得素材

この様に、インターネットを使っているユーザーが、「りんご 通販」と検索して、カルテットの広告が画面上に表示された回数が、表示回数です。

※注意※

検索回数=表示回数ではありません。なぜでしょうか?
…それは、「りんご 通販」と検索した人が1000人いたとしても、『広告費用の不足』や『地域限定配信』などの理由で、1000人全員に広告が表示されるとは限らないからです。

クリック数

【ユーザーの行動】
 ①「りんご 通販」でYahoo!検索
 ②カルテットの広告をクリック

知っ得素材2

この様に、「りんご 通販」と検索して、カルテットの広告を見たユーザーが広告をクリックした回数が、クリック数です。

ちなみに、リスティング広告は「クリック課金制」です。ですので、クリック数に「1クリックにかかる費用」を掛け合わせることで、リスティング広告にかかる費用が決まります。

クリック数 × 1クリックにかかる費用 = リスティング広告にかかる費用

コンバージョン数

【ユーザーの行動】
 ①「りんご 通販」でYahoo!検索
 ②カルテットの広告をクリック
 ③サイトを見て、カルテットでりんごを購入

知っ得素材3

この様に、カルテットの広告をクリックし、サイトに来たユーザーが、りんごを買った回数がコンバージョン数です。
コンバージョン数=サイトの目的 or ゴールを達成した回数、というイメージですね。

クリック率

表示された広告のうち何%がクリックされたかが、クリック率です。

【計算式】クリック率=クリック数/表示回数(%)

知っ得素材4

コンバージョン率

広告をクリックしたユーザーのうち、何%がコンバージョンしたかが、コンバージョン率です。

【計算式】コンバージョン率=コンバージョン数/クリック数(%)

知っ得素材5

まとめ

ここで挙げたのは、本当に基本的なリスティング用語5つです。 まずは、この5つをおさえて、毎日ここのブログを読んで頂ければ、あなたもすぐにリスティングマスターになれる…でしょう!



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック