リスティング広告正規代理店|Yahoo!プロモーション広告・Google広告完全対応|東京・大阪・名古屋

【Google広告】実際に広告ってどこに出るの?確認方法と除外方法をご紹介


こんにちは、運用者の野田です。

あっという間に11月も後半。スノーボードの季節ですね。私のシーズンインはちょうど一ヶ月前でした。富士山のゲレンデに行きましたが、夜になると鹿やタヌキやイタチが出没しまくりました。無料の富士サファリパークありがとうございます。

さて、今回はGoogle検索広告・GDNの掲載先についてまとめました。実際に広告ってどこに出るものなの??といった疑問を少しでも解消できますと幸いです!管理画面での確認方法・除外方法もご紹介しますのでご参考ください。

検索広告:Google検索結果だけじゃない

Google検索広告の掲載先は以下の通りです。Googleの検索結果に目が行きがちですが、デフォルトで検索パートナーへも配信される仕様になっています。

  • Google検索結果
  • Google検索パートナー

検索パートナーとは?

検索パートナーとは、Googleのパートナーとして広告を掲載する検索ネットワークのサイトのことです。Google以外の数百ものウェブサイトもGoogle検索広告の掲載対象となるそうです。かなり多いですね!一例ですが、

などが挙げられます。検索パートナーでもGoogle検索結果と特に変わらず、検索結果の上や下に表示されます。(下図参照)

掲載結果の確認方法

それでは、どの程度検索パートナーに表示されているか見てみましょう。管理画面の「分割」→「ネットワーク(検索パートナーを含む)」を選択することで、Google検索と検索パートナーのデータ比較が出来ます。

検索パートナーへ配信されていることがCPA高騰の要因だったなんて気づきもあるかもしれないので、一度確認してみるといいと思います!個人的な体感値ですが、Google検索結果にほとんど配信されていて、検索パートナーは1割程度の配信ボリュームという場合が多いです。そのため、めちゃくちゃに検索パートナーが悪さをしていることは無いと思いますが、塵も積もれば山となる…上図のようにCPAが高いともったいないですよね。そんなときは除外してしまいましょう。

検索パートナーの除外設定

検索パートナーの除外設定は簡単に出来ます。ただ、キャンペーン単位でしか出来ない設定のため、除外する際はすべてのキャンペーンで忘れずに行ってください。

  1. キャンペーンを選択
  2. 設定
  3. ネットワーク
  4. チェックを外す

GDN:サイトだけじゃない

GDNの掲載先は本当に多岐にわたり、200万以上のウェブサイトや動画、アプリに配信できるようです。基本的にウェブサイト・アプリ・YouTubeはデフォルトで掲載対象になっています。そのため、バナーやテキスト広告しか入稿してないけどYouTubeにも配信されてる・TrueView広告(動画広告)だけどウェブやアプリに配信されてるといった現象が起こります。それぞれの掲載先がどのような影響を与えているのか、一度確認してみてはいかがでしょうか。

掲載結果の確認方法

アプリの掲載結果

アプリのプレースメントには「App」が含まれますので、その部分をフィルタすることでアプリだけの実績が確認出来ます。アプリはCPCが安く、入札単価を低くすればするほど配信ボリュームが増える印象です。

  1. キャンペーン(広告グループ)を選択
  2. プレースメント
  3. 広告が表示された場所
  4. プレースメントのフィルタ
  5. 「App」を入力

 

YouTubeの掲載結果

YouTubeもアプリと見る画面は同じですが、フィルタのかけ方を変えて確認します。

  1. キャンペーン(広告グループ)を選択
  2. プレースメント
  3. 広告が表示された場所
  4. ネットワークのフィルタ
  5. 「YouTube」を選択

除外設定方法

掲載結果をみて特定のサイトやアプリ、YouTubeを除外することも出来ますが、アプリ・YouTubeはそれぞれまるっと配信しないことも可能です。もともと配信したくないよ!掲載結果悪いから配信止めたい!という方は下記除外設定を行いましょう。アカウント単位では出来ない設定のため、除外したいキャンペーン(または広告グループ)すべてに忘れずに設定してください。

アプリの除外設定

アプリはモバイルアプリカテゴリ除外で「All Apps」を選択すれば除外出来ます。詳しい設定方法は弊社過去記事をご参照ください。

YouTubeの除外設定

先程のプレースメント画面から「除外設定」画面に移り、「youtube.com」を追加するとYouTubeへの配信を除外出来ます。

ちなみに:YouTubeでの表示方法は?

TrueView広告でもないのにYouTubeに表示されるの?と少し意外に思われる方もいるかと思います。私は思いました!YouTube上でどのように表示されているかは下記の通りです。

  • テキスト広告:「テキストオーバーレイ」として再生画面の下部20%に表示
  • イメージ広告:「オーバーレイ」として再生画面の下部20%に表示
  • レスポンシブ広告:テキスト広告またはイメージ広告として表示

オーバーレイとは、下図のように動画再生中の下の方に出てくる広告のことです。イメージ広告の場合は、468×60と728×90を入稿していると配信されるようです。

 

また、課金方法はキャンペーン設定に則りますので、キャンペーン設定がクリック課金であればYouTubeにもクリック課金として配信されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
検索広告とGDNの掲載先は何があるのか、また掲載結果の確認方法と除外設定についてお話しました。気付かぬ内に配信されていたところがずっとパフォーマンスの足かせになっていたなんてことの無いよう、さまざまなところに目を光らして広告業界というサファリを生き抜いていきたいです。

以上、野田でした。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ