リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

最近よく聞くSDGsのトレンドと取り組み企業を調べてみた

目次

最近テレビCMや広告でSDGs。インパクトのある、少し大きめでカラフルなバッジを見かけませんか?私もオフィス付近でバッジをしている方を非常に多く見かけ、気になったので調べてみました。
既に取り組みされている企業も多く、これからのさらに上昇トレンドになりそうでしたので、今回記事にしました。

SDGsとは

SDGs(Sustainable Development Goals)の略で「持続可能な開発目標」という意味です。2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた2030年までの国際社会共通の目標となっているそうです。SDGsは「17の目標」と「169のターゲット(具体目標)」で以下構成されています。

  • 貧困をなくそう
  • 飢餓をゼロに
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任 つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
  • 平和と公正をすべての人に
  • パートナーシップで目標を達成しよう

要するに地球にも人間にも良いことをしましょうね。っていう世界共通の取り組みになっています。詳細は外務省の公式サイトを見ていただければと思います。こんなの無理じゃない?って思うかもしれませんが、これは個人でやるというよりは先ずは企業が取り組みそこから個人の行動(ゴミを捨てない、分別、無駄遣いしない、人に優しくなど)を環境にも人にも良いことをして良い生活ができるようにしていきましょうということです。

Googleトレンドで見るSDGsの推移

下図の様に2018年の11月ごろから急激に上昇しており、企業だけでなく一般ユーザーがSDGsのことを調べていることがわかります。最近になってようやくCMで良く耳にするようになってきたと思いますので、ここから更に一般ユーザーはSDGsとは何か調べると思いますので、認知度は更に加速していくと考えられます。

導入できる企業であればサイト内にSDGsの事例などを記載することでユーザーからの支持率が上がり、話題性にも繋がりそうですね。

SDGs取り組み企業

SDGs(Sustainable Development Goals)のサスティナブルは「持続可能な」という意味ですが、これからの時代、「人間・社会・地球環境の持続可能な発展」に対して企業が積極的に取り組みをしていく必要がありそうです。2015年に採択され、多くの企業が取り組んでいるので、身近な企業をご紹介します。

ユニクロのダウンリサイクル

クローゼットに眠るユニクロのダウン商品をお店に持ち込むとダウンとフェザーを100%リサイクルし、次の服へとリサイクルされます。更に持ち込んでいただいた方は500円割引クーポンがプレゼントされます。
https://www.uniqlo.com/re-uniqlo/product/

スターバックス国内店舗で紙ストローでの提供を開始

2020年1月より段階的にスタートし、同年3月に全店約1,500店舗に導入し年間約2億本分のプラスチックストロー削減へと開始しています。
https://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2020-3248.php

adidasが海洋プラスチック廃棄物を有益なものに変える取り組み

海洋のプラスチック廃棄物を回収し、リサイクルして作った糸や繊維でシューズ、Tシャツ、タイツなどを作り出しています。
https://shop.adidas.jp/sustainability/creativity_versus_plastic/

大豆などの植物を原料に使った代替肉商品

世界的な人口の増加により、供給不足の問題が懸念されていましたが、食肉を使わず大豆など植物性の原料を使った商品、細胞培養技術を用いて食肉を生産する「培養肉」が食肉加工品メーカー各社で取り組まれています。
https://nextmeats.co.jp/

コーヒー豆を削る際に出たカスを再利用し服を販売

コーヒー豆のかすを圧搾・圧縮して、リサイクルポリエステルと混合したものを製造し、地球環境を守るために服をつくられました。コーヒーかすは消臭剤として使用されることもあり、脱臭効果や速乾性も期待できるという事で、本来は捨てられていたモノの特性を活かす技術はすごいと思います。
https://www.wwdjapan.com/articles/1137190

他にも、貧困やエネルギー、森林などに対する取り組みを開始している企業も多くあります。意外と身近なところでこんなにもSDGsが実践されている会社があることに驚きます。

まとめ

日本ではまだまだ進んでいない企業も多いかもしれませんが、世界では銀行がお金を出してくれる条件の一つとしてサスティナブルなことを行っているかで決まる国もあるようです。2030年にどんな暮らしが待っているかが一人一人の行動で変わると思いますので、弊社としても今まで培ってきたリスティング広告の運用力でクライアント様の成果に繋げれるよう尽力できれば幸いです。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。



リスティング広告情報&新着 RSS


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ