リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

2020/10/19

【営業マン都市伝説】指輪と時計とスーツ


みなさんこんにちは。この夏は外出が少なかったので今も夏服で耐えている営業マン北野です。
今回は営業マンの身だしなみにまつわる都市伝説について考察してみます。

営業マンは結婚指輪で受注率アップ!という都市伝説

社内の営業マン年代層が30~50代に集中している企業内であればけっこう有名なネタですね。弊社記事読者層は20代が多いかと思いますので知らない方向けに解説します。
一部のコミュニティ内においては、営業マンにとっての結婚指輪は以下のようなメリットがあると言われています。

  • 結婚している→一人前、立派な人間だと判断されて信頼される
  • 子供が居る→一人前、立派な人間だと判断されて信頼される
  • お互いに結婚指輪しているとアイスブレイク的話題となりラポール形成に有利

  • 受注率が上がる
  • 収入が上がる

というロジックです。
人によってはこのメリットを享受するために独身の営業マンでも結婚指輪を付けている人が居るとか居ないとか…

結婚や子供は本来個々人の価値観ですので偉い、偉くない、一人前、などの優劣はないハズです。が、一定の世代、一定のエリアや文化(県民性、文化、人口)のコミュニティにおいては、今の時代でも上司から「指輪は有利、指輪しろ(結婚しろ)数字(売上)のために」と指導されているようです。

結婚指輪:考察

数々の営業マン達とのその成績を見てきた個人的統計としては、このお話は半分本当、もう半分都市伝説だと認定しています。これまで指輪無しトップセールスの人々を数多く見てきましたので、多少の効力はあってもクリティカルな要素ではない事は身をもって実感してきた経緯もあります。

同時に、以下のような限定的条件においては今でも指輪の効力があるのでは、と考えています。

  • 訪販のようなB to C
  • 商品力に決定的な強みがない(俗に言う納得商品ではなく説得商品)
  • その他、お客様が「これは詐欺では?」と心配しやすい販売手法や商品

怪しいけど魅力的な商品で、最後は営業マンの人柄だけで判断するしかないシチュエーションの場合、確かに指輪があったり子供の写真のスマホ待ち受け画面を見せられたりすると、顧客側からの印象ではポジティブ要素として効果があるかもしれません。(指輪もスマホ画面も簡単に用意出来ちゃいますのである意味危険…)

指輪:総括

まとめると、商品ジャンルや地域性によってはそれなりの効果が期待出来るがクリティカルな要素ではないという結論になります。
条件に当てはまっていそうな企業で営業マンを多数抱える経営者様は、従業員向けに結婚指輪を支給してみてはいかがでしょうか?(ただし効果については一切の責任を負えません)

高級時計(靴も含む)で受注率アップ!という都市伝説

高級時計についても結婚指輪に次いで様々な神話を若き日から各種先輩から学んできました。アドバイスも先輩それぞれバラバラとなっており、

  • その年齢ならこれを買え!
  • その年齢でこれは生意気だと思われるから買ったらダメ!
  • セルフブランディングで〇レックスをして「コイツやるな!」と思われろ!
  • 高級時計で営業マンとしての実績(売上)の証明を!

などなど。
そういった英才教育を施された私が現在身に着けている時計は、Miスマートバンド5(4,490円2020年9月発売)です。23gという驚異的な軽さと、1度充電すると2週間充電不要というパワフルなバッテリー、スマホの通知も心拍数も日々の歩行数計測など完備した、パーフェクトな神スマートウォッチです。お話が脱線しそうなので、スマートウォッチについてはまた機会があればご紹介します。

高級時計(靴も含む):考察

まず、セルフブランディングや実績証明という価値ですが、これは…どうなんでしょう。
ユーザーはそんなことより購入検討商品のベネフィットが最も気になる事だと思われます。そして実績の証明は営業マンじゃなくて会社の業績推移の方が純粋な商品価値が判断しやすいといえます。

ただし以下のような限定的条件においては高級時計の効力が高い可能性があります。

◇自社の商品購入層と高級時計購入層に類似性が認められる場合

例えば高級マンション、高級車の営業マンをやっているとしましょう。商談相手はけっこうな富裕層です。高級時計に関するリテラシーや興味関心は高いと想定されるため、顧客からその営業マンが「同種の人間だ」と思われる事は商談にポジティブな影響を与える要素となり、受注率への影響がある程度あるのかも、と想定されます。

◇その時計を装着する事で自己肯定感が高まる場合

営業の世界もスポーツの世界と似ていて気のもちよう、メンタルが結果に大きく影響します。自分に自信を持った営業マンは商談相手からの信頼を獲得しやすくなりますので、これも商談にポジティブな影響を与えると想定されます。

高級時計(靴も含む):総括

まとめると、商品ジャンルや営業マンのメンタルによってはそれなりの効果が期待出来るがクリティカルな要素ではないという結論になります。
条件に当てはまっていそうな企業で営業マンを多数抱える経営者様は、従業員向けにロレックスを支給してみてはいかがでしょうか?(ただし効果については一切の責任を負えません)

高級スーツで受注率アップ!という都市伝説

スーツについて考察をまとめていたところ、時計考察との類似点が多すぎたため、以下同文ということで半分は割愛します。総括としても時計とほぼ同じとなっており、ある条件下では高級なスーツの方が有利かも、という事になります。

ただし、指輪&時計と比較してスーツ(ジャケパン含む)というのは営業マンにとって必要or不要以前にマストなアイテムであるという点は時計とは全く異なっています。
さらにスーツには高級・非高級よりも大切な事があります。

それは、

  1. 清潔感
  2. 身体に合ったサイズ感(見た目)

です。
理由については見た目が相手からの信頼に与える影響を考えると解説不要かと思いますが、いわゆる大阪弁でいう「しゅっとした」恰好であることにはメリットしかありません。
それでは早速対策を、となるわけですが、①についてはしっかりと定期的クリーニング、ホコリ、シワのケアをしようという事で解決です。が、②については人によっては難しいといえます。
というのも、標準体型であれば量販店製品で問題ありませんが、筋肉を付けすぎてしまったり、太りすぎたり痩せすぎたり、生まれた時から手が長すぎたり短すぎたり、胴が長すぎたり短すぎたりすると市販品が合わなくなります。
そういった方々の選択肢としてはもうオーダースーツしか選択肢がなく、結果的に高価なモノが必須じゃないか!俺たちは高級なスーツを買わなきゃ営業マンとして生き延びられないのか?と、不安になりますよね。

しかし!ご安心下さいお客様。
1つだけ、コスパの良い解決策がございます。それは…

ユニクロのセミオーダースーツ

それは、ユニクロのオーダーメイド感覚で選ぶ、 ビジネスジャケットです。

オーダーメイド感覚で選ぶ、ジャストサイズ。
※画像は上記より引用

サイト上では「オーダーメイドスーツ」「オーダーメイドスーツ」という表記を一度も使用していないという点が、広告業界の人間としては面白みを感じますね!

特徴としては、

  • 超軽量
  • 超伸縮
  • 超速乾

※「感動シリーズ」の場合

なおかつ、

  • ボディサイズ指定
  • 着丈指定
  • 袖丈指定

を行ってWEBで注文すれば、そのサイズ通りの調整した商品をお届けしてくれるというサービスです。正に神サービス!

採寸は事前に対応店舗で試着用を使って測ってもらえるため、一度対応しているユニクロ店舗へ行きましょう。計測した数値は紙の折りたたみカードに記入して渡されます。それを受け取り、帰りの電車の中などでWEBから数値を入力して注文すれば発注完了です!
ちなみに、ワイシャツでも同様のサービスがあるので店舗に計測に行った際には「サイズをオーダーできるワイシャツとスーツの計測をおねがいします」とスタッフさんに伝えましょう。所要時間としては30分程度でした。1度ランチを我慢すればお昼休み中に用を済ませる事ができるかも?

(ただし弱点も有り、まだまだ種類とカラーが非常に少ないです。今後に期待!)

まとめ

いかがでしたでしょうか。指輪に時計(靴)にスーツと、都市伝説的なものを考察してみました。
一部条件に当てはまる環境にいらっしゃる方には一定の効果があるかと思いますので該当している方は積極的&戦略的に導入してみましょう。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ