リスティング広告正規代理店|Yahoo!プロモーション広告・Google広告完全対応|東京・大阪・名古屋

2019/03/20

【SNS】流行りのSNSの現状と未来を独断と偏見で考えてみた


皆さんこんにちわ。
最近世界中の人とSNSを通じて知り合いになったりしてて、国によって流行ってるSNSも使い方も微妙に違うことに衝撃を受けた、岩佐です。

そんなわけで、今回は今の日本の若い人が何のSNSを、どんな使い方をしているのか、私的偏見独自リサーチにより調査、考察してみました。

SNSの利用率を比べてみた

総務省の調査報告「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」(2018年7月発表)によると、以下の通りとなっています。

全年代でLINEとYouTubeが圧倒的ですね!
発信型のメディアと考えるとLINEが随一ということになります。

対して、Facebookは20代~40代がコアユーザーですが、若い世代の利用率は30%以下に留まっています。

既にFacebookは高齢化が進んでいる!?

下記は年代別の各アプリの推移です。

注目すべきは一昨年からのLINEの伸びですね。50代、60代で驚異的な伸びを誇っています。
60代に至っては、平成29年に39.8%と3年前の3倍以上に伸びています。

一方でFacebookはというと、20代、30代が半数近くになっており、根強く人気があることがわかります。40代、50代が地味に伸びているのも印象的です。

が、肝心の20代はというと、直近で21.6%でむしろ利用率は下がってしまっています…。
Facebookは既に、高齢化に向かっている…なんて見方もできるかもしれません。

Instagramの台頭

一方でInstagramはというと、Facebookとは対象的に20代が爆発的に伸びています。
直近3年で24.5%から37.4%まで増加していますね。

利用シーンも始めは写真投稿が主流だったものが、投稿をきっかけとしてDMでやり取りする、なんて使い方も増えてきているようです。

特に10代になると、DMのみでの利用することもあるようで、LINEなどのメッセージアプリと併用する使い方に変わってきているようです。

LINEはメッセージアプリではなく、通話アプリ?

では、LINEはどうなっているのか、というと…メッセージではなくて、通話アプリとして使用しているらしい…です。
やりとりする人の数が増えすぎて、既読にするのが億劫になり、未読のままが常態化しているとか。

メッセージではなくて(無料)通話を目的として使っている、ということですね。

これからは位置情報共有のSNSアプリが主流に!?

メッセージはInstagram、LINEは通話、と利用シーンが変わってきているという話をしてきました。

となると次は、どんな機能にニーズが集まるんだろう?と気になりませんか?
気になりますよね?私は気になります。

ということで現場リサーチしてみました…が、位置情報共有がコミュニケーションに利用されるようになったみたいです。

Zenly ゼンリー : 大切な友達と位置情報をシェア

このアプリ、既に流行っているらしいです。
暇な時に近くにいる友人にコンタクトを取って、遊ぶ約束をする、なんて使い方ができます。

極端な話、GPSで位置情報が捕捉できるので、待ち合わせ場所を決めないでも友人と合流できたりします。

友人が旅行で遠出してることも分かるので、自分から発信しないでも、コミュニケーションが取ることができます。

実際に私もインストールしてみましたが、海外にいるときは通知発信ができたりとか、いろいろおもしろ怖い感じでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
完全に独断と偏見ですが、要は「コミュニケーションのあり方は変化する」ということです。
それに伴って、広告のあり方も変わるわけなので、SNSの動向はウォッチして、時代に取り残されないようにしたいですね。

参考

「平成29年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」(7月27日掲載)
http://www.soumu.go.jp/iicp/research/results/media_usage-time.html

10代~30代女性のInstagram利用頻度は「1日に数回以上」が7割【テスティー調べ】
https://webtan.impress.co.jp/n/2018/07/20/29976

エキサイト運営のかわいくなりたい女子を応援する情報メディア「ローリエプレス」 第3回「10代、20代女子に聞くInstagramに関する実態調査」実施
http://corp.excite.co.jp/press/laurier-press_20180626_1/

「LINE未読200件」高校生がLINE離れしてインスタに向かう理由
https://www.businessinsider.jp/post-107511

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ