リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

データ通信量の大幅節約!?「Twitter Lite」とは


こんにちは。営業部の手呂内です。
毎月月末になると気にし始める通信制限。見たい動画やゲームがあるのに通信制限に怯えて楽しめないという方は少なくないかと思います。
今回は、そんなお悩みを少し解消するかもしれないTwitterの軽量版「Twitter Lite」をご紹介したいと思います。

「Twitter Lite」とは

「Twitter Lite」は4月6日に提供が始まった、従来のTwitterの軽量版です。Twitterの機能を最小限のデータ容量で利用でき、スマートフォンとタブレットのブラウザ上で利用可能です。タイムラインやツイート、ダイレクトメッセージ、通知などTwitterアプリに搭載されているほとんどの機能を利用することができます。

「Twitter Lite」の特長

Twitter Liteの主な特徴として、以下の4点が挙げられます。
  • デバイス上の容量は1MB 以下
  • 起動時や利用時の読み込み速度が最大30%高速化
  • 最大70%のデータ量を軽減可能
  • Androidの利用者はプッシュ通知やオフラインでの利用が可能

また、Twitter Liteはアプリではないですが、デバイスのホームスクリーンに追加することで、1タップでTwitterを起動することができます。

上記4点の中でも特に「最大70%のデータ量を軽減可能」というのは、Twitterユーザーにとってかなりの朗報ですよね。その背景には「データ節減モード」というモードが存在します。本家のアプリでは、画像や動画は自動でロードされていましたが、データ節減モードに設定すると、ロードしたい画像や動画を選択することができる仕様になっています。タイムライン上で表示されるのは、モザイクがかったプレビューのみで、選択するとデータのロードが始まります。

下図の左が通常モードで、右がデータ節減モードです。

  

実際に使ってみた

実際にTwitter Liteを利用してみました。個人的には、本家のアプリよりも軽く快適だという印象です。主要機能は利用できるので、特に扱いにくさは感じません。しいて言えば、動画の投稿はできないので注意が必要ということです。また、本家アプリに度々表示される「友達のいいね」や「ハイライト」も表示されません。私のようにタイムラインを遡れるだけでいいという人には、そういった投稿が表示されないので、逆に利便性が向上するように感じます。

先日までは、プロモツイートも表示されなかったようですが、現在は本家アプリと同じようにプロモツイートが表示されるようになりました。ただ広告が表示される頻度はTwitter Liteのほうが少ない印象を受けます。

通信制限下ではまだ利用したことはないですが、どうやら通信制限がかかってもスムーズに読み込めるようです。私含め、毎月通信制限に怯えがちという方にはかなり嬉しい情報ですね。

まとめ

理想的でない通信環境でもTwitterをできるだけ快適に利用できるように、とのことで提供が始まったTwitter Lite。ユーザービリティの向上を目指す姿勢は、個人的にありがたいなと思っています。通信制限になってしまったけどTwitterを快適に使いたい、そんな方は一度試してみる価値はあるのではないでしょうか。


無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ