リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

10万円以下で可能!リスティング広告以外で中小企業が使うべきアナログ広告を教えます


世の中には現在、かなりいろいろな種類の広告手法があります。テレビやラジオのCM、雑誌広告やDMや展示会、リスティング広告やDSPやアフィリエイト、Facebook広告やtwitter広告、最近だとYouTuberを使った商品紹介なんていうプロモーションなんかもあります。

なんか色々ありすぎてどの広告を使うべきかよく分かんなくなっちゃいますよね。

ただ、中小企業が使うべき広告でどれが一番成果を出しやすいかと問われれば、ほとんどのケースでリスティング広告と個人的には回答します。特に検索連動型広告ですね。

とはいえ、リスティング広告以外でも中小企業が成果を出しやすい広告もあります。本日はリスティング広告などのデジタル広告以外で中小企業が実施を検討すべきアナログ広告をご紹介します。

そもそもアナログ広告ってデジタル広告より弱いの?

全然弱くないです!

リスティング広告はもちろん強いですが、だからといってアナログ広告が全て弱いわけではなく、アナログ広告でも強いものも存在しています。

アナログ広告ならインターネットを使わない層にもアプローチできますし、単純ですが紙などの物質として目の前に存在し続けるというのもアナログ広告ならではです。デジタル広告からの1impや1PVよりも、1枚の目の前のチラシのほうが広告効果を期待できることも多いですよね。

中小企業で長く業績の良い会社は、アナログ広告で自社に合った広告をきっちり見つけ、その勝ちパターンを繰り返しているというケースが非常に多いです。

中小企業の広告にとって最も大事なこと

中小企業の広告にとって最も大事なこと、それはダイレクトな費用対効果です。

いくらの広告がいくらの売上に変わるか、その一点です。

中小企業は広告費が限られた予算しかなく、その中でなんとか結果を出す必要があります。悠長にブランディングして、2-3年スパンで、などと考えている余裕はありません。

大手企業が相当な予算をかけてブランディングしている中、中小企業の予算で大手のブランディングに太刀打ちするのは出来ないとは言いませんが、相当に厳しいということはお分かりいただけると思います。

もしかしたらテレビCM一発打ったら当たるかも?という淡い幻想を捨てて、とにかくダイレクトな費用対効果を追求することが大事です。

じゃあ、どのアナログ広告が良いの?

それでは本題です。

中小企業の限られた予算でも実施できて、ダイレクトな費用対効果が高いアナログ広告を紹介します。とりあえず何も考えずに始めるなら、下記の広告の中から実施する広告を決めていただくのが個人的にはおすすめです。

FAXDM

メリット

FAXDMは低コストで業種ターゲティングもバッチリできる非常に優れた広告手法です。無作為に入れるチラシと違い、自分が狙いたい業種やエリアを選んでユーザーに対してリーチが可能です。

FAXDM業者は、配信をしてくれるなら企業リストを無料で使用させてくれるところもありますし、安い業者だと1通5円程度で配信可能です。

10000社に送って5万円ですよ。究極に安いですよね。

デメリット

  • 法人相手なら良いが、個人相手の商売には使いにくい
  • 大手の法人だと決裁者まで届くことはまず無い
  • たまに「送ってくるな!」というクレームが来る場合も

クレームに関しては防ぐことは不可能なので、一定確率で発生すると割り切るしかありません。

新聞折込&ポスティングチラシ

メリット

こちらは個人相手でも活用でき、エリアターゲティングなどもできますね。

チラシの印刷コスト自体はWebの印刷業者の登場で相当コストが下がっていますし、新聞折込やポスティングのコストとしても概ね1枚2.5円~4.5円程度です。印刷の枚数にもよりますが、印刷コストと折り込み費用込みで5円~10円程度にはできると思います。FAXDMに匹敵する安さですよね。

ポスティングの場合は、自分でやるという手段もあります。時間はかかりますが、コストはかかりません。自分の目で見てピンポイントでターゲットに配ることで、達人的に問合せ率を上昇させるというような方もいたりしますね笑。

デメリット

  • FAXDMほどではないですが、クレームがある場合も
  • 基本的に他の広告と混ざって届くので、その中で選んでもらう必要がある
  • 主婦が興味を持たないと、夫に届かず捨てられる可能性がある

地域密着のフリーペーパーへ広告掲載

メリット

通常の雑誌に比べて掲載費用が安いことが多く、地域にもよりますが小さい枠だと5万円~10万円程度です。地域密着のフリーペーパーだと発行部数も10万部前後であることが多く、仮に10万部で5万円だとすると、1部あたり0.5円と非常にコストとしては安いです。

さらに他の記事を読むために部屋に置かれる期間がある場合もあり、いらなかったらスグ捨てられるチラシにはない特徴です。

デメリット

  • メリットの反面、他社の広告や記事自体に埋もれる可能性あり
  • 配布エリアの拡大などが広告主の意思ではできない
  • 美容室やエステなど成果の出る業種が限られる

Eメールでの告知

デジタルと言えばデジタルなのですが、手法としてアナログなのでご紹介します。

メリット

Eメールでの告知はコストで言えばどの手法よりも安いと言えます。件数次第ですが、少なければメーラーから無料で送ることが出来ますし、メール配信システムを使っても安いものなら月数千円くらいなので全然大したコストはかかりません。

チラシなどのようにデザインをする必要もあまりないので、どなたでも導入しやすいと言えます。

しかも、あなたが一度名刺交換をした相手なら、多少でも関係性のある相手なのでメールを開封してくれる可能性が高く、ニーズさえあれば連絡をしてくれる可能性も高いでしょう。

デメリット

  • 配信先リストがないと配信できない
  • 逆にデザインを見せたい商品は文面だけだと難しい
  • 知り合いが多いリストだと、同じ内容を繰り返し送りづらい

まとめ

割りと当たり前のもののご紹介にはなりましたが、どれにも言えるのは、ターゲティングができて配信母数も確保できて、なおかつ配信コストが安いということです。デジタル広告に全然負けないコストですよね。

リスティング広告を日々ご提案する立場にありますが、お客様によってはアナログ広告をご紹介することも多々あります。(仕事としては受けません、あくまでご紹介だけです!)

インターネット広告費が伸びている現在ですが、アナログ広告も物によっては非常に有効的ですし、アナログ広告が圧倒的に強い業態もあります。今回ご紹介した広告は全てが10万円以下から取り組めるものですので、自分の業態を考えてチャレンジしてみてください。

ただアナログ広告の中には圧倒的に効果が悪いorここ数年で急激に効果が下がってきたものも多くありますので気をつけていただけると幸いです。



無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ