リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

海外のLPも縦長なのかを調べてみました


先日海外に拠点のあるお客様とお話させていただく機会がありランディングページについてのお話をしていたところ、トレンドや傾向が随分違うような印象を受けました。そこで今回はアメリカのLPについて調べてみようと思います。
※ここではアクセス解析的なランディングページではなく、縦長の1枚LPについてお話します

とりあえず『landing pages』で検索してみた

まずは情報収集ということで、検索してみました。

landing pages

ほうほう。それでは『landing pages examples』を見てみましょう。

検索結果

結構広告も出てますね。ちなみにこれは国をアメリカにして検索しています。
ここで画像検索をしたほうが分かりやすそうなので画像検索に切替えます。

FireShot Capture 14 - landing pages design examples - Google Search_ - https___www.google.com_search
※実際の画像検索結果はこちら

どれもシンプルな印象ですね。我々がよく見る、数字がどーんと載っていたり、ものすごく驚いているお姉さんの写真等は見当たりません。全体的に写真よりは、アイコンやイラストで構成されている印象です。そして全体的に短い。でもまだ良くわからないので、デザインサンプル集的なページを探してみることにしました。

海外のLPのデザインサンプルサイト

英語に明るくないので、おそらく最近のデザインサンプル集であろうサイトをいくつかご紹介します。

◆Land Book
http://land-book.com/

◆Elements of Design
http://www.smileycat.com/design_elements/

◆ONE PAGE LOVE
https://onepagelove.com/gallery/landing-page

あちこち調べましたが、やはりトレンドとして

  • シンプル
  • ワンビューでおさまるような構成
  • 激安、限定感よりは、安心感や信頼感を重視するデザイン

があるようです。
LPとリスティング広告の使い方など、そもそものところで役割が違う印象を受けました。

まとめ

結論として、日本でよくあるユーザーに熟読させてそこで刈り取る、という縦長LPは見つけることができませんでした。今回はアメリカ中心に調べてみたので、アジア圏はまた違った傾向があるのなかな、とも思ったりしています。

ちなみに海外在住の友人にもその場で検索してもらいましたが、そもそも健康食品や化粧品等のいわゆる単品通販のサイト自体があまり無い、という回答でした。やはり様々な違いがあるようです。
海外旅行にいった際は、その土地の検索結果をいろいろ見てみるのも面白そうですね。

次回はまたアクセス解析ついての記事をご紹介する予定です。

 

 




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ