リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

Googleマップの表示が遅くなった!を解決する方法

unnamed

どこかに出かける時、地図を調べることって多いと思います。Googleマップにはかなりの方がお世話になっているのではないでしょうか。(PCでの話です)

ルートや乗換案内も出たり特に営業マンにとっては必須だったりしますよね?

個人的には大変重宝しているのですが、2014年にGoogleマップがバージョンアップされてから動作がものすごい重くなってストレスを相当感じておりました。

ですが、簡単に軽くする方法を見つけたのでご紹介いたします。

実はモードが2つある

Googleマップには

  • Googleマップ 完全版
  • Googleマップ ライトモード

の2種類があります。

簡単に言うと、完全版の方には3Dの機能がついていて、ライトモードにはついてないという違いのようです。

で、これをライトモードにすると環境にもよりますが、動作がかなり早くなります。

現在のモードの確認

デフォルトですと完全版になっていることが多いかと思います。見分け方はGoogleマップを開いた時の右下の小さな文字の中にライトモードという記載があるかどうか、が確実かと思います。

1

2

余談ですが、ストリートビュー移行時に完全版の場合は3Dの映像が出てくるのに対し、ライトモードは暗転してストリートビューに移行するという違いもあります。

モードの変更

モードの変更は下記のリンクより可能です。

ライトモードへの切り替え

https://www.google.com/maps/@?force=lite&dg=oo

こちらでアクセスすると、ライトモードと右下に記載が出るはずです。3Dのデータを読み込まない分早くなるとのことです。

一度切り替えると、ブラウザを閉じたり、長時間放置したりしないかぎりはモードは切り替わりません。(一度切り替えれば、ライトモードのまま使える)

個人的には相当早くなった印象ですが、環境によるところかと思います。

まとめ

自分自身これを知らず、数ヶ月イライラしていたので本当にこれを見つけて助かりました。

知らないだけで損することは世の中にたくさんあるので、こういう小ネタの積み重ねでどんどん生活を最適化していきましょう。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック