リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

ホワイトハットとブラックハット? SEOについて少しだけ考えてみる


こんにちは。WEB集客を考えると、サイトに人を集めることは非常に重要ですよね。そこで今日は、WEB集客を考える上で避けられないSEOについて、少しだけ考えてみようと思います。細かな仕組みではなく、イメージしやすいようにざっくりとした表現の部分もあるので、まずはなんとなく理解してみてください。

SEOってそもそも何?

WEB集客を考えていらっしゃる方なら、『SEO』という言葉は聞いたことがありますよね。ではそもそもSEOとは何でしょうか?

SEO(Search Engine Optimization)

サーチエンジン最適化。検索エンジンの検索結果の表示順位で、できるだけ上位に表示されるように工夫すること。

つまり、検索エンジン(GoogleやYahoo!)が好む形でサイト構築やコンテンツの作成を行い、順位が上がったらいいね、という対策のことです。ざっくりわけると内部施策(サイト内容などの施策)と外部施策(主に被リンクなど)に分けられますが、今回この部分の詳細は割愛します。

要は、検索エンジンが気にいるページにして、出来るだけ上位表示をさせて、結果アクセスがいっぱい増えたらいいね、というための対策ですね。

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOとは

それでは今回の記事タイトルである、ホワイトハットSEOとブラックハットSEOについてご説明しましょう。イメージでなんとなくホワイトが良い方でブラックが良くない方と予想できた方は正解です。

ホワイトハットSEO

検索エンジンが推奨する方法でSEO対策を行うこと。要はスパム扱いを受けてペナルティを受けることは無い方法でのSEO対策となります。
だいぶ前ですがGoogleが公開した、Google検索エンジン最適化スターターガイドの内容に沿って行うSEOのことです。

良質なコンテンツやサイトの利便性、親切なリンクなど、ユーザーのためになることが前提の施策です。

ブラックハットSEO

検索結果の上位表示だけを目的に行われる対策のこと。過度な被リンクや隠しテキスト、悪質なリダイレクトなどが含まれます。数年前まではこれらの施策が検索順位に大きく影響を与えていた気がしますが、最近はペンギンアップデートなどにより、ペナルティの対象となっているものもあります。

まとめ

今回ご紹介したように、ユーザーの利便性向上のためのSEO対策はGoogleも推奨しています。(下記画像はGoogle検索エンジン最適化スターターガイドより)

SEO対策目次

要はどれだけユーザーのための施策かどうかがポイントになってくるので、みなさんのサイトのターゲットユーザーやそのユーザーが求めているものをよく考えて対策をしてみてはいかがでしょうか。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック