リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【PHP】composer で依存ライブラリを管理


composerを使って外部ライブラリを簡単に使う

すっかり有名になった「composer」を今更ながらご紹介。

composer が登場するまでは、namespace の代わりにアンダースコアで結合した、とても長いクラス名を使っていたり、require_once() を至る所で呼び出したりと何かと大変でしたが、その必要はなくなりました。

使い方

使い方は至って簡単です。

まずは composer 自身を準備します。
プロジェクトのルートディレクトリ等で下記のコマンドを実行するだけでOKです。

[bash]
curl -s https://getcomposer.org/installer | php
[/bash]

次に依存するライブラリとバージョンを「composer.json」に記述します。
下図の場合は、「monolog」のバージョン1.0.0~1.9.9…の中で最新のものを使用します、という意味です。

直接ファイルを作成する以外にも、下記のコマンドから生成する事も可能です。

[bash]
php composer.phar init
[/bash]

「composer.json」作成後、下記のコマンドを実行するとライブラリのダウンロードが開始されます。

[bash]
php composer.phar install
[/bash]

composer で依存ライブラリをダウンロードした際にオートローダーも生成されるので、
オートローダーを読込みさえすれば、ライブラリが使用可能になります!

packagist.org が composer のメインリポジトリとなっているので、登録されているライブラリであれば名前だけでインストール可能です。

チームで開発する際も、ライブラリの準備等必要なくなるため大変便利です。ぜひ導入ご検討ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック