リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

LINE広告がはじめてのSNS広告でおすすめとなる3つの理由とは?

公開日:
更新日:

SNS広告はプラットフォームと利用ユーザーの特徴を理解したうえで出稿することが重要となってきますが、数ある媒体の中からどの広告を選んでいいか悩んでしまう方もいるはずです。

どのSNS広告がいいか悩んでいるのであれば、まずはLINE広告を利用してみることをおすすめします。

本記事はSNS広告を利用した経験がない方でも安心して出稿して頂けるように、LINE広告の大きな魅力を3つ紹介してまいります。

LINE広告の特徴が貴社のビジネス成長につながる参考材料となれば幸いです。

LINE広告についてまとめた記事はこちら!
【2022年最新版】LINE広告とは?LINE広告の特徴やメリットなどを徹底解説!

高いアクティブ率とターゲティング

LINEユーザーの年齢層は10代から60代と幅広く、2022年3月末時点で月間利用者数9,200万人、85%という高いアクティブ率を誇るアプリケーションとなっています。

圧倒的な支持者が多いLINEに広告配信ができるLINE広告は、配信機能や配信面も非常に多彩です。

2022年10月時点でLINEに広告配信可能な場所は、以下14箇所あります。

  • トークリスト
  • LINE NEWS
  • LINE VOOM
  • ウォレット
  • LINE BLOG
  • LINEポイントクラブ
  • LINEショッピング
  • LINEチラシ
  • LINEクーポン
  • LINEマイカード
  • ホーム
  • LINE Monary
  • LINEファミリーアプリ
  • LINE広告ネットワーク

各種配信場所には、LINE以外のSNSやインターネットを利用しないユーザー、インフルエンサー要素のあるユーザーも多くいるので、広告が多くの方の目につきやすく、拡散力も期待できるのが大きな魅力です。

精度の高いターゲティング

LINE広告はターゲティング機能が豊富なために、効率的な広告配信が可能です。

例えば、ある特定地域のターゲティング配信には、以下のようなことが設定できます。

  • 特定地域で働いている人
  • 特定地域に最近までいた人
  • 通勤・通学時に特定地域にいる人
  • 観光や買い物などでその地域に訪れた人
  • 購入経験のあるユーザーに類似した人

圧倒的なユーザーに効率的かつ効果的に配信できるのは、LINE広告ならではの最大のメリットといえるでしょう。

戦略に合わせた自動入札

LINE広告は、運用効率を最適化するために3つの自動入札を選択できます。

  • バランス型
  • 効率重視型
  • 予算消化重視型

3つのタイプの自動入札によって、予算のコントロール、効率配信、予算消化を戦略的におこなうことができ、適切なコンバージョンを見込めるのが最大の魅力です。

SNS広告で期待以上の成果を得られていない方は運用の見直しとして利用するのもよいでしょう。

まとめ

はじめてのSNS広告運用で、LINE広告をおすすめする理由を解説してまいりました。

LINE広告は幅広いユーザーに見合った精度の高いターゲティングと戦略性ある機能が充実しています。

広告配信の経験が少なくても大きな成果が期待できるLINE広告をこの機会に利用してみてはいかがでしょうか。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事