【Facebook広告:初心者向け】入稿したテキスト、どんな風に表示されるのか?まとめ


Facebook広告では、設定した配信面によってテキストの表示のされ方が大きく変わります。USPとして強調したい文言などがある場合などは、どこに強調したい文言を持ってこようか…と迷ってしまいますよね。ユーザーの目を惹き付けられる広告に、より近づけるためにも、運用者としてはテキストがどこに表示されるのか把握しておきたいところ。今回は、入稿されたテキストがどのように表示されるのか、主な配信面となるFacebook/Instagramを取り上げて見ていきます。

入稿したテキストは、広告の形式や配信面によって表示が異なる

そもそもで、配信面って何?FacebookやInstagramのどこに表示されるの?という方は、前回記事(コチラ)をご覧ください。

まず広告の形式については、1件の画像または動画・カルーセル・コレクションのいずれかが選べます。今回は、主に使用する1件の画像または動画・カルーセルをピックアップします。配置を「自動配置(推奨)」に設定している場合、設定できるテキストは以下の通りです。

1件の画像または動画

  • メインテキスト/複数テキストオプションの追加可能
  • 見出し(任意)/複数テキストオプションの追加可能
  • 説明(任意)/複数テキストオプションの追加可能
  • (WEBサイトのURL)

カルーセル

  • メインテキスト/複数テキストオプションの追加可能
  • 見出し(任意)/カードごとに変更可能
  • 詳細(任意)/カードごとに変更可能
  • (WEBサイトのURL/カードごとに変更可能)

ここで注意したいのは設定する広告の「配置」方法によって、表示される・されないに関わらずテキストが入稿できてしまうという点です。配置を「自動配置(推奨)」すなわち、全ての配置面を設定している場合、全ての配置面に適用できるようテキストが入稿できてしまうという訳ですね。よく分からないけど、見出しって名前だから目立たせておけば良いでしょ!USP盛り込もう!と思っていると、配置によっては表示されていなかったりもするので、要注意です。

じゃあ何処に、どのテキストを盛り込もう?と悩まれる方は、下記表をご参考ください。

こちらを見ていただければ分かりますが、Facebookについては必ず出るという固定のテキスト枠があるわけではないので少々複雑ですね…。とは言え、主な配置面となるニュースフィードについてはメインテキスト・見出し・説明いずれも表示されるので安心です。

Instagramについては広告の形式によって表示されるテキストは異なるものの、配置ごとで表示されるテキストが異なるわけではないので、とてもシンプルです。メインテキストを軸にテキストは考え、複数画像を用意する際には画像ごとのテキストを見出しとして沿えるのが良いでしょう。

それぞれのプレビューは、下図の通りです。テキストが何処に、どのように表示されているのか確認したいときの参考にしてください。

配置:Facebook

配置:Instagram

まとめ

如何でしたでしょうか?Facebook広告を初めたばかりの方も、そうでない方も、混乱してしまいがちなテキスト部分をまとめてみました。個人的には、「見出し」が表示されるか、されないかが大きな違いかなと感じています。特にFacebook/Instagram双方に配信する場合、この「見出し」の有無がテキストを考案する上で迷うポイントにもなるため、メインとなる文言をちゃんと目立つようにしたい方は、配置をFacebook/Instagramでそれぞれ分けた広告セットを作成した方が、テキストの管理がしやすいかもしれません。

お客様によっては、テキストの見え方を気にされる方もいらっしゃるかと思います。とは言え、配置も膨大で自分で一個ずつ見ていくのはシンドい…そんなときの参考にしていただければ幸いです。以上、古田でした。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ