リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【SmartNews広告】カルーセル広告の配信事例のご紹介


こんにちは、営業部の小幡です。

今回は8月にリリースされたSmartNews広告の新しい広告フォーマット「カルーセル広告」について配信事例をご紹介いたします。現在、SmartNews広告を配信中の方、配信を検討している方の参考になれば幸いです。

はじめにカルーセル広告の紹介

SmartNews広告についての基本情報は過去記事を参照してください。

Standard Adsでのみカルーセル形式で配信可能な広告フォーマットです。静止画を3枚~10枚までセットでき複数の商品やストーリー性をもたせた訴求時の活用がおすすめです。動画素材は使えず、静止画のみになります。ターゲティングもこれまで通りになりますのでご確認ください。個人的は広告の表示面積が通常の静止画バナーや動画よりも大きのが魅力の1つだと思います。

上記が広告配信イメージになります。入稿規定などは弊社過去記事をご参照ください。

配信事例

カルーセル広告フォーマットで配信した事例のご紹介です。

クライアント様概要は下記です。

  • 業種:カーディーラー
  • 目的:試乗予約の獲得
  • CVポイント:試乗予約完了(必須記入が15項目程度のフォーム入力完了)
  • エリア:愛知県+近隣の市区町村

SmartNews広告は初めて配信することになり、テストマーケティングかねて約半月の短い期間で短期集中で配信しました。同期間に「カルーセル」「単体の静止画バナー」「動画」素材で配信した結果が下記になります。クリエイティブのサイズは異なるものの、訴求内容に差はありません。カルーセル3パターン、静止画バナー3パターン、動画はテレビCMを転用し1パターンで配信しました。

※配信結果から途中で「カルーセル」に予算を寄せて配信しました。

CTRはそこまで大きくわかりませんが、vCTRは大きく差がでる結果になりました。やはり表示面積の大きさによる結果なのかなと推測しました。SmartNews広告の運用において、「vCTR」が重要な指標になります。1%を超えれば優良広告と判断され品質が向上しCPCが安価になりやすい傾向があります。複数のクリエイティブ、広告文パターンをvCTRが高いものに厳選しながら適宜調整して配信しました。おしくも1%は超えませんでしたが、静止画バナー、動画と比べるとカルーセルフォーマットは高クリック率で配信できると思いますので是非、試してみて下さい。

次回は、新規ユーザーだけでなくリマーケティング配信予定です。オーディエンスリストを「フォーム遷移」や「動画100%視聴ユーザー」などのリストを作成して広告効果をご紹介できればと思います。

まとめ

いかがでしょうか。

クリック率も高く、コンバージョンまで獲得できているため配信を検討してみてはいかがでしょうか。個人的には今回の結果をふまえカルーセル広告フォーマットが一番おすすめです。クリエイティブの種類が豊富にある場合は、ABテストを行いながらvCTRの高い広告のみ配信に絞り込んで高品質のみで配信しましょう!成果獲得が難しいと諦めていた広告媒体も媒体社のアップデートや運用調整を試行錯誤することで「獲得」までつなげていきたいですね。以上です。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ