リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

キーワードを上手く使い分けてパフォーマンスを最大化しよう!《リスティング広告》


Yahoo!プロモーション広告やGoogle AdWordsに広告を出稿する場合にやはり、キーワード選びは重要です。
今回はキーワードを上手く使い分けて、運用パフォーマンスの最大化について考察してみました。

キーワードの種類

キーワードは検索数などによって、「ビッグワード」「ミドルワード」「スモールワード」に分類することができます。

  • 「ビッグキーワード」は検索数が多い反面、CPAも高くなります。
  • 「スモールワード」は検索数は少ないですが、CPAは低く抑えやすい傾向にあります。
  • 「ミドルワード」はその中間だと思って下さい。

これらのキーワードを上手く使い分けて最適な運用を心がけましょう。

 

検索数とユーザーの目的の関係

また、これらのキーワードで検索してくるユーザーの目的もしっかり考えましょう。

 

運用の最適化

リスティング広告を出稿した初期は特にビッグキーワード、ミドルキーワードを中心に検索数(クリック数)を集めましょう。幅広いユーザーにクリックしてもらい CVにつながりやすいキーワードを探しましょう。 最初からCPAを意識し過ぎてスモールワード中心の運用にしてしまうとクリックが集まらず、結果、成果につながらないことも多いので気をつけましょう。

クリック数が集まりCVが取れてきたら、検索クエリを調べてみましょう。 実際にCVに至ったキーワードをミドルワード、スモールワールドとして追加登録していきます。

こうやってCVを獲得しやすいキーワードをどんどん登録していきましょう。

そして徐々にビッグワード(ミドルワード)中心の運用から、ビッグワードを含めつつCVの取れるミドルワード、スモールワードを含めた運用に切り替えていくと CV数が伸び、CPAも抑えて運用ができます。

ぜひ、運用の参考にしてください!



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック