リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

アカウント内容の不備を簡単にチェックするExcelの小技《Yahoo!リスティング広告》


Yahoo!リスティング広告のインポート機能を使って比較的大きなアカウントを構築していると、キーワードや広告が登録されていない「空の」広告グループが出来てしまうことがたまにあります。

このような場合に、Yahoo!の管理画面上では、どの広告グループに不備があるのかをピンポイントでアラートしてくれないため、大量にある広告グループを一つずつしらみ潰しに調べる必要があり、非常に大変です。(Google AdWordsの場合は、AdWordsエディタで簡単に見つけられます。)

そこで、このようなアカウントの不備(空の広告グループが無いか)を簡単にチェックするためのテクニックをご紹介します。

アカウントデータCSVをExcelで操作してチェック!

まずは、Yahoo!の管理画面から「全キャンペーンのダウンロードファイル」を作成し、CSV形式でダウンロードしてください。

このダウンロードしたCSVを、アカウントデータCSVと呼ぶことにします。

では、アカウントデータCSVをExcelで開いてみましょう。

例えばこのような内容のアカウントだったとします。

これをチェックするために、まずC列の後ろに列を2つ挿入してください。

挿入されたD列・E列に、今回は分かりやすいように「キーワードがない」「広告がない」という見出しを付けてみました。

次に、このD列・E列にExcelの数式を打ち込んでいきます。

まず、D2セルに次のような数式を入力してください

=IF(AND(C2="広告グループ",C3<>"キーワード"),"キーワードがない","")

さらに、E2セルに次のような数式を入力してください

=IF(AND(C2="キーワード",C3<>"キーワード",C3<>"広告"),"広告がない","")

あとはこのD2セル・E2セルをコピーしてD3以降・E3以降のセルに貼り付ければ完成です。

このように、「キーワードがない広告グループ」「広告がない広告グループ」を簡単に見つけ出すことが出来ます。

何をやっているのか?

からくりを説明しましょう。

Yahoo!のアカウントデータCSVは、「コンポーネントの種類」が

  1. キャンペーン
  2. 広告グループ
  3. キーワード
  4. 広告

の順番に並んだ状態で出力されます。これを利用して、

  • 「広告グループ」の次が「広告」だったら、「キーワードがない」
  • 「キーワード」の次が「キーワード」でも「広告」でもなかったら、「広告がない」

という判定をしているわけです。

=IF(AND(C2="広告グループ",C3<>"キーワード"),"キーワードがない","")
=IF(AND(C2="キーワード",C3<>"キーワード",C3<>"広告"),"広告がない","")

先ほどのこの数式は、この条件判定をしていたわけですね。

まとめ

このように、リスティング広告の運用ではCSVデータを上手に扱うことで作業効率を上げられることが多々あります。ぜひ、Excelを使いこなして効率的な作業を目指しましょう。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック